フルーツや花を凍らせて作る豪華なワインクーラーの作り方

これからの季節はキンキンに冷えたスパークリングワインを飲む機会が多くなると思います。しかし、せっかく美味しいスパークリングワインも、ボトルのままテーブルに置くようでは、少しもったいないですよね。

そんな時に活躍するのがワインクーラー。

ワインクーラーにも様々な種類があります。一般的なものはステンレス製の氷を入れて使うタイプ。他には、テラコッタで作った氷のいらないタイプもあります。ボトルに被せるアイスレスクーラーもまた、夏には大活躍しますが、今回紹介するワインクーラーは氷で作るワインクーラーです。


この魅力的なワインクーラーは、花、果物、葉っぱなど、様々なものを使って自分で色々カスタマイズする事が出来ます。もちろん、果物や花などを使用しなくても構いません。

作り方


【1】大きさの異なるバケツを2つ用意してください。
【2】大きいバケツに3~5cmほど水を張り、小さいバケツを置きます。
※小さいバケツは容器が浮かないよう、中に石などを入れて重しにして下さい。
【3】バケツとバケツの隙間に水、フルーツ、葉や花を詰め込みます。
【4】一晩凍らせてたらバケツを取り外せば完成

とっても素敵なアイデアですよね。

バケツに水と果物、花を入れて凍らせるだけ!もちろん、水だけでも構いません!

しかし、使用する際はワインクーラーの下にタオルを敷いて使用して下さいね。数分で溶けはじめるので......。

機能面に関してはあまりお薦めできないかもしれませんが、テーブルが華やぐ魅力的なワインクーラーだけに、パーティー等でとっておきのワインを登場させる時は最高の演出をしてくれると思います!

参考:http://sugarandcharm.com/

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.