フルーツや花を凍らせて作る豪華なワインクーラーの作り方

これからの季節はキンキンに冷えたスパークリングワインを飲む機会が多くなると思います。しかし、せっかく美味しいスパークリングワインも、ボトルのままテーブルに置くようでは、少しもったいないですよね。

そんな時に活躍するのがワインクーラー。

ワインクーラーにも様々な種類があります。一般的なものはステンレス製の氷を入れて使うタイプ。他には、テラコッタで作った氷のいらないタイプもあります。ボトルに被せるアイスレスクーラーもまた、夏には大活躍しますが、今回紹介するワインクーラーは氷で作るワインクーラーです。 この魅力的なワインクーラーは、花、果物、葉っぱなど、様々なものを使って自分で色々カスタマイズする事が出来ます。もちろん、果物や花などを使用しなくても構いません。

作り方

【1】大きさの異なるバケツを2つ用意してください。

【2】大きいバケツに3~5cmほど水を張り、小さいバケツを置きます。

※小さいバケツは容器が浮かないよう、中に石などを入れて重しにして下さい。

【3】バケツとバケツの隙間に水、フルーツ、葉や花を詰め込みます。

【4】一晩凍らせてたらバケツを取り外せば完成

とっても素敵なアイデアですよね。 バケツに水と果物、花を入れて凍らせるだけ!もちろん、水だけでも構いません!

しかし、使用する際はワインクーラーの下にタオルを敷いて使用して下さいね。数分で溶けはじめるので......。

機能面に関してはあまりお薦めできないかもしれませんが、テーブルが華やぐ魅力的なワインクーラーだけに、パーティー等でとっておきのワインを登場させる時は最高の演出をしてくれると思います!

参考:http://sugarandcharm.com/

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.