スパークリングワイン(シャンパン)のコルクをスマートに抜く3つのポイント

はじめに


気温の高まりとともにスパークリングワインの美味しい季節になるので、これからはスパークリングワインを飲む機会が増えてきますね。

皆さんはスパークリングワインの正しい開け方を知っていますか?

意外と間違っている方が多いので、今回はスパークリングワインの正しい開け方についてご紹介します。

スパークリングワインの正しい開け方


スパークリングワインのコルクを抜きときの基本は、音を立てずに泡も出さないことです。ポン!と音をたてるのではなく、ガスを抜くかのように「スーッ」と抜栓します。

ただし、セレモニーや誕生日のようなイベントの場合、ポン!と音を立てたり、溢れ出る泡に歓声を上げるのが目的という場合もあると思いますが、このような場合も基本的に泡を噴き出させるのはダメと言われているので気をつけましょう。

それでは、スパークリングワインの正しい開け方で注意する3点をお教えします。

【1】ボトルを冷やす。


必ずボトルを冷やして下さい。よく冷やすことによってガスを落ちつかせ、ワインからガスが湧きでるのを抑える効果があるので、抜栓後に泡が湧き出てしまうのを防ぎやすくなります。

【2】ボトルを覆うフォイルだけを剥がす


スパークリングワインのコルクはストッパー(金具)で覆われていますが、ストッパーを緩める時、必ずコルクを押さえてからストッパーを緩めて下さい。ストッパーを緩めた途端にコルクが飛んでしまわないようにコルクヘッドを押さえておきましょう。

【3】コルクは回さずボトルを回す


コルクを回して開ける方が多いと思いますが、梃子の原理で開けるため、ボトル側をゆっくりと回していきます。ボトルを回すとボトル内のガス圧によってコルクが少しずつ上がってくるので、コルクのヘッド部を親指でしっかりと押さえて、ワインの中のガスを抜きながら徐々にボトルを回し続けてコルクを抜きます。

以上のような流れでコルクを抜くと非常にスマートに開けることができます。

一連の流れは2013年12月のワンポイントレッスンで紫貴先生が解説しているので、こちらをご覧になって下さい。

おわりに


いかがでしたか?

これからの季節、スパークリングワインを飲む機会があれば、ぜひ実践してみてください。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.