スパークリングワイン(シャンパン)のコルクをスマートに抜く3つのポイント

はじめに

気温の高まりとともにスパークリングワインの美味しい季節になるので、これからはスパークリングワインを飲む機会が増えてきますね。 皆さんはスパークリングワインの正しい開け方を知っていますか? 意外と間違っている方が多いので、今回はスパークリングワインの正しい開け方についてご紹介します。

スパークリングワインの正しい開け方

スパークリングワインのコルクを抜きときの基本は、音を立てずに泡も出さないことです。ポン!と音をたてるのではなく、ガスを抜くかのように「スーッ」と抜栓します。 ただし、セレモニーや誕生日のようなイベントの場合、ポン!と音を立てたり、溢れ出る泡に歓声を上げるのが目的という場合もあると思いますが、このような場合も基本的に泡を噴き出させるのはダメと言われているので気をつけましょう。 それでは、スパークリングワインの正しい開け方で注意する3点をお教えします。

【1】ボトルを冷やす。

必ずボトルを冷やして下さい。よく冷やすことによってガスを落ちつかせ、ワインからガスが湧きでるのを抑える効果があるので、抜栓後に泡が湧き出てしまうのを防ぎやすくなります。

【2】ボトルを覆うフォイルだけを剥がす

スパークリングワインのコルクはストッパー(金具)で覆われていますが、ストッパーを緩める時、必ずコルクを押さえてからストッパーを緩めて下さい。ストッパーを緩めた途端にコルクが飛んでしまわないようにコルクヘッドを押さえておきましょう。

【3】コルクは回さずボトルを回す

コルクを回して開ける方が多いと思いますが、梃子の原理で開けるため、ボトル側をゆっくりと回していきます。ボトルを回すとボトル内のガス圧によってコルクが少しずつ上がってくるので、コルクのヘッド部を親指でしっかりと押さえて、ワインの中のガスを抜きながら徐々にボトルを回し続けてコルクを抜きます。 以上のような流れでコルクを抜くと非常にスマートに開けることができます。 一連の流れは2013年12月のワンポイントレッスンで紫貴先生が解説しているので、こちらをご覧になって下さい。

おわりに

いかがでしたか? これからの季節、スパークリングワインを飲む機会があれば、ぜひ実践してみてください。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.