スパークリングワイン(シャンパン)のコルクをスマートに抜く3つのポイント

はじめに


気温の高まりとともにスパークリングワインの美味しい季節になるので、これからはスパークリングワインを飲む機会が増えてきますね。

皆さんはスパークリングワインの正しい開け方を知っていますか?

意外と間違っている方が多いので、今回はスパークリングワインの正しい開け方についてご紹介します。

スパークリングワインの正しい開け方


スパークリングワインのコルクを抜きときの基本は、音を立てずに泡も出さないことです。ポン!と音をたてるのではなく、ガスを抜くかのように「スーッ」と抜栓します。

ただし、セレモニーや誕生日のようなイベントの場合、ポン!と音を立てたり、溢れ出る泡に歓声を上げるのが目的という場合もあると思いますが、このような場合も基本的に泡を噴き出させるのはダメと言われているので気をつけましょう。

それでは、スパークリングワインの正しい開け方で注意する3点をお教えします。

【1】ボトルを冷やす。


必ずボトルを冷やして下さい。よく冷やすことによってガスを落ちつかせ、ワインからガスが湧きでるのを抑える効果があるので、抜栓後に泡が湧き出てしまうのを防ぎやすくなります。

【2】ボトルを覆うフォイルだけを剥がす


スパークリングワインのコルクはストッパー(金具)で覆われていますが、ストッパーを緩める時、必ずコルクを押さえてからストッパーを緩めて下さい。ストッパーを緩めた途端にコルクが飛んでしまわないようにコルクヘッドを押さえておきましょう。

【3】コルクは回さずボトルを回す


コルクを回して開ける方が多いと思いますが、梃子の原理で開けるため、ボトル側をゆっくりと回していきます。ボトルを回すとボトル内のガス圧によってコルクが少しずつ上がってくるので、コルクのヘッド部を親指でしっかりと押さえて、ワインの中のガスを抜きながら徐々にボトルを回し続けてコルクを抜きます。

以上のような流れでコルクを抜くと非常にスマートに開けることができます。

一連の流れは2013年12月のワンポイントレッスンで紫貴先生が解説しているので、こちらをご覧になって下さい。

おわりに


いかがでしたか?

これからの季節、スパークリングワインを飲む機会があれば、ぜひ実践してみてください。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.