テーブルマナーの基本!レストランでのナプキンの使い方

はじめに

レストランで出てくるナプキンですが、緊張していたり挨拶をしたりしていると、お料理が運ばれてきてもそのままで、サービスの方に「どうぞナプキンをお取り下さい」と言われてしまったことありませんか?

ホテルなどでバラの花の形などに折ってあるとなんとなく崩したらいけないような気がしてきますが、ナプキンは使うために置いてあります。使い方は、ほとんどが当たり前のことなので、是非覚えておいて下さい。

ナプキンの使用目的

ナプキンの使用目的は大きく分けて2つあります。 食事中に膝の上に置き、食べ物をフォークやナイフから膝元に落としてしまった場合に衣服を汚すのを防ぐためと、口元の汚れや指先の汚れを拭くためです。

ハンカチはお手洗いで使うもので、食事中にハンカチを使用すると「ナプキンが汚くて使えない」という意味にもなってしまいます。指を拭くときも、膝元にあれば、さりげなく拭くことができます。

また、ワイン好きの方には是非知っておいてほしいことは、ワインを飲む前に口元をナプキンで押さえた後に飲めば、唇の油分がワイングラスに移るのを防ぐことができ、ワイングラスがベトベトになることを防ぎます。

これはいないと思いますが、絶対にやってはいけないことは、夏に冷えたおしぼりでやるように、額の汗をゴシゴシ拭いたり、鼻をかんだりする事です。

ナプキンの広げ方と畳み方

ナプキンを膝の上に乗せるタイミングは食事が来る前、全員が着席した後です。主席または女性が広げてから広げます。デートなどでは女性の方は覚えておいて、自分から広げて下さい。

サービスの方が料理を持ってきた時にまだナプキンがテーブルの上にある、ということはないようにしてください。 ナプキンの広げ方は、三角に折ったり広げたりしても良いですが、少しずらして二つ折りにするか、折り目を自分のほうに向けて膝の上に置くのが一般的です。

実際に、ナプキンの折り目が自分のほうに向いてた方が、口を拭く時などに便利です。食事の途中に中座する場合は、椅子の座っていた部分にナプキンの真ん中を持ち、三角形にして置けば「まだ食事が続いています」という合図になります。

食事が終了した際には、ナプキンを膝から外し、デザート皿が下げられていても、位置的にはデザート皿の右上に置きます。

また、ナプキンをきれいに畳むと、「料理が美味しくなかった」という意味になってしまいます。ナプキンを畳むのを忘れるくらい料理がおいしかった、という意味で適当に置くか、適当なのが気になる場合は畳んだ時の端と端を少しずらしたり、三角形にして置いても大丈夫です。

おわりに

食事が終了した時にくしゃっと置いたほうが良い、というのは実はあまり知られていないことだと思います。今の日本ではそこまで気にすることもないと思いますが、最後に端と端をずらす、くらいはしてみて下さい。

また、ナプキンだけで表現することもないので、おいしかった場合はお店の方に一言「おいしかった」と伝えてあげて下さい。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.