2015年8月のワインテイスティング


  1. 白ワインテイスティング
    PERE VENTURA CAVA PRIMER BRUT RESERVA
    ペレ・ベントゥーラ カバ・プリメール・ブリュット・レセルバ

  2. 赤ワインテイスティング
    TRAVERSA NOBLE ALIANZA RESERVA
    トラヴェルサ ノーブル・アリアンサ・レゼルバ

スパークリングワインの製法のいろいろ


炭酸ガスを含んだワインのことをスパークリングワインと言いますが、その製法も様々です。直接ガス注入法、田舎方式、シャルマ方式…ソムリエ試験を準備されている方なら、一度は耳にしたことがあるでしょう。

中でも、カバなどに採用されている製法のことを「伝統方式」と呼びます。この方式は、格の高いスパークリングワインが産出されており、シャンパーニュも同手法で生産されていることはご存知の通りです。この方法でスパークリングワインを造ると、泡が細かく、持続性もあり、なんといっても焼いたパンのような芳しい香り(一般的に「イースト香」や「シャンパン香」といいます)を楽しむことができます。

シャンパーニュ以外には、イタリアのフランチャコルタ、フランスのクレマンが挙げられます。

ウルグアイってどんな場所?


アルゼンチンとブラジルの中間に位置し、南アメリカ大陸の中で2番目に面積が小さい国です。もともと国土が広くなく、生産量が少ないことに加え、造られたワインの大部分が、国内及び南米内の消費に割り当てられるので、日本で飲むことが出来るのは貴重な体験と言えるでしょう。

ウルグアイの気候は、大西洋の影響を強く受け、温暖で湿った「海洋性気候」に分類されています。フランス南西地方からの移民が多かった影響もあり、彼の地で有名な「Tannat(タナ)」が主流の品種となっています。

紫貴あき JSA認定シニアワインアドバイザー/アカデミー・デュ・ヴァン講師。 大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。 記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。