飲み残したワインはどうしていますか?実はワインは翌日の方が美味しい時もあるんです。

はじめに

「ワインは開けるとその日に飲みきらないといけないんですか?」、「ワインは開栓してどのくらい経っても飲めるんですか?」という相談を受けることがあります。

という事で、今回はワインビギナーの方々のために、飲み残してしまったワインの保存方法やワインの酸化についてご紹介します。

開けたワインは飲みきらないといけない?

ワインは開けるとその日のうちに飲みきらなければいけないと言われますが、そんな事はありません。むしろ、開栓2日目の方が美味しい時もあるんです。私の知人は、開栓1週間後が一番美味しかった...というワインに出会っています。

デイリーワインのような若いワインはまだ堅く、味わいがなかったり、香りが立ちにくいため、少し空気に触れさせた方が美味しくなります。

ワインは空気に触れると酸化して劣化すると思っている人が多いかもしれませんが、デイリーワインに関しては逆の場合もあって、空気に触れさせる事でワインの隠れた味が引き出され、味がまろやかになり美味しくなります。

ワインは1日で飲みきらず、味の変化を楽しみながら飲むのもまた楽しみの1つなんです。 ワインの保存については、栓さえしていれば数日の間は美味しく飲めます。もちろん、コルクを差し戻すだけで構いませんし、ボトルにラップをしても問題ありません。

ワインショップなどで見かけるバキュバン(空気抜き)を使用すると更に効果がありますが、自宅で出来る保存方法で意外と効果が高い保存方法は、ペットボトルに移し替える方法です。

残量が少ない場合はペットボトルに移し替えて冷蔵庫で保存すれば1週以上おいても美味しく飲めます。できればキャップギリギリまで入れれば、空気に触れることなく保存してください。350mlのペットボトルはサイズ的にちょうどいいかもしれませんね。

自宅のどこに保存すればいい?

開栓してしまったワインの保存場所は冷蔵庫で問題ありません。

「ワインセラーじゃなきゃいけない」と思っている方が多いかもしれませんが、ワインセラーは長期保存を目的とした場合に必要で、飲み残したワインの保存する場所は冷蔵庫でいいんです。

そもそも、ワインセラーというのは、ワイナリーにある地下カーヴを実現したものです。地下カーヴとは、ワイナリーにあるワインが保管されている場所のことです。カーヴでは、温度や湿度が一定で光が差し込まない冷暗所なので、ワインが眠る最高の寝床となっています。

おわりに

ワインについては、正直分からなくてもいいと思うんです。まずは、1本1000円未満のワインを3、4日かけて飲む…それでいいんじゃないでしょうか?今では、コンビニでワンコインのワインも売っていますし、ワインが気軽に楽しめる時代になりました。

なんとなく「ワインは高いワインじゃないと」とか、品種や銘柄を知らないといけないとか、最初からそんな必要はありません。ワインだからと言って、緊張することもないし構える必要もないので、お酒の一種として楽しんでみてはいかがですか?

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.