ナチュラルローソンで見つけた南アフリカの新酒「ケープヌーヴォー」

はじめに


ナチュラルローソンって意外にワインの品揃えが良くとても安くていいものが沢山ありますが、今回は最近ナチュラルローソンに行って見つけた新しいワインを紹介したいと思います。

南アフリカのヌーヴォー


ヌーヴォーといえば新酒という意味で、ボジョレー・ヌーヴォーがもちろん有名ですが、他の地域や他の国でもヌーヴォーは造られています。ちなみにイタリアではノヴェッロといわれていますが、今回紹介するのは、南アフリカのヌーヴォー(新酒)で、なんと価格は約1000円です。

南アフリカやニュージーランドのある南半球は、日本やフランスがある北半球とは四季が逆になるため、ブドウの収穫時期も半年変わります。つまり、2月~4月くらいに収穫ができて、早くて7月にはその年のワインのリリースが可能なわけです。

夏に飲みたい赤ワイン


2015 Cape Nouveau Rouge / KMV
生産地域:南アフリカ
品種:ピノタージュ
アルコール:13%

ブドウはピノタージュという南アフリカ特有のブドウを使用しています。

色は透き通った中程度の濃さの赤紫色。味わいはラズベリーやストロベリーなど赤系フルーツの香りがして、フレッシュな印象。酸味は中程度ですが口の中いっぱいにフルーティーな果実味とフレッシュさが広がります。タンニンは控えめでなめらかです。

余韻はそこまで長くありませんが、値段を考えると充分な果実味とまろやかな酸味でコストパフォーマンスはとても良いと思います。

口当たりが良くまろやか、タンニンも控えめで果実味もたっぷりですし、この時期は少し冷やして飲むのがおすすめです。スクリューキャップなので、バーベキューやアウトドアにも手軽に持って行けますし、夏の定番の鰻の蒲焼にもとてもよく合います。

おわりに


今年出産した友人の家に遊びに行く時に、手土産として持っていくのもいいかもしれません。もちろん飲むためではなく、子供の生まれた年のワイン....という意味です。このワインの白ワインもあるので赤白セットで持っていけます。

お祭りや初物好きの日本人、ボジョレー・ヌーヴォーより一足早く、今年のブドウの味わいを感じてみて下さい。

ナチュラルローソン

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.