ナチュラルローソンで見つけた南アフリカの新酒「ケープヌーヴォー」

はじめに


ナチュラルローソンって意外にワインの品揃えが良くとても安くていいものが沢山ありますが、今回は最近ナチュラルローソンに行って見つけた新しいワインを紹介したいと思います。

南アフリカのヌーヴォー


ヌーヴォーといえば新酒という意味で、ボジョレー・ヌーヴォーがもちろん有名ですが、他の地域や他の国でもヌーヴォーは造られています。ちなみにイタリアではノヴェッロといわれていますが、今回紹介するのは、南アフリカのヌーヴォー(新酒)で、なんと価格は約1000円です。

南アフリカやニュージーランドのある南半球は、日本やフランスがある北半球とは四季が逆になるため、ブドウの収穫時期も半年変わります。つまり、2月~4月くらいに収穫ができて、早くて7月にはその年のワインのリリースが可能なわけです。

夏に飲みたい赤ワイン


2015 Cape Nouveau Rouge / KMV
生産地域:南アフリカ
品種:ピノタージュ
アルコール:13%

ブドウはピノタージュという南アフリカ特有のブドウを使用しています。

色は透き通った中程度の濃さの赤紫色。味わいはラズベリーやストロベリーなど赤系フルーツの香りがして、フレッシュな印象。酸味は中程度ですが口の中いっぱいにフルーティーな果実味とフレッシュさが広がります。タンニンは控えめでなめらかです。

余韻はそこまで長くありませんが、値段を考えると充分な果実味とまろやかな酸味でコストパフォーマンスはとても良いと思います。

口当たりが良くまろやか、タンニンも控えめで果実味もたっぷりですし、この時期は少し冷やして飲むのがおすすめです。スクリューキャップなので、バーベキューやアウトドアにも手軽に持って行けますし、夏の定番の鰻の蒲焼にもとてもよく合います。

おわりに


今年出産した友人の家に遊びに行く時に、手土産として持っていくのもいいかもしれません。もちろん飲むためではなく、子供の生まれた年のワイン....という意味です。このワインの白ワインもあるので赤白セットで持っていけます。

お祭りや初物好きの日本人、ボジョレー・ヌーヴォーより一足早く、今年のブドウの味わいを感じてみて下さい。

ナチュラルローソン

TAGS

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.