マリアージュの不思議。お料理とワインの合わせ方の基本を3つご紹介!

はじめに


フランスでは、ワインと食事の組み合わせで相性の良いことを「マリアージュ(結婚の意味)」と言います。しかし、どのワインがどの料理に合うのか?ちょっと難しいですよね?そこで、今回はマリアージュの基本3つをご紹介します。

重さのバランスを合わせてみる


なぜすっきりした料理に、飲み口の軽いワインをあわせるのか?ワインと料理を合わせる際に、気をつけていただきたいことのうちのひとつに「料理とワインの重量感を合わせる」ということがあります。すなわち軽い料理には、軽やかなワインを、重い料理には、重いワインをということです。

例えば、アルコールが高く飲みごたえがあるワインを、和食のような繊細な食事に合わせたとしましょう。その場合はせっかくの和食のデリケートさがワインの力強さによって台無しになってしまいます。もちろんその逆もあります、ワインが軽やかなのに、油をふんだんに使ったヘビーなお肉料理を合わせると、今度はワインがお料理に負けてしまうのです。

互いを高め合うことがワインと料理の組み合わせの理想ですから、どちらか一方が勝ってしまうことがないよう、バランスに気をつけましょう。

色をあわせてみよう


2つ目はお料理とワインの色を合わせるということです。白ワインに白身魚、豚や鶏のような白身肉、赤ワインに牛や子羊の赤身肉、ロゼワインに桜えび、生ハム、サーモンといった具合です。

このことは理屈では理解することはできず、あくまでも経験としてしか語ることができませんが、なぜか不思議なことにしっくりくるのです。

ワインと料理の組み合わせを考える際は、ぜひ色にも注目してみてください!

産地を合わせる


特にチーズなどで言われますが、その土地の郷土料理なども相性がピッタリです。ワインも料理も、その土地の風土に適したものが作られるため、産地が同じだったり、近いもの同士の組み合わせは相性が良いものが多いです。

もちろん、全く異なる国のワインと料理やチーズでも相性の良いものはありますが、ハズレが少ないという点においては、マリアージュの基本と言っても良いでしょう。

おわりに


いかがでしたか?

もちろん、細かいルールにとらわれることなく、ワインと料理も自由に楽しむのが一番なんですが、ワインは料理と一緒に楽しむことで、お互いの良さを引き立て合います。たまに相性の良くないものもあるんですが…。

それもワインと料理の楽しみの1つ。ぜひ、様々なワインと料理のマリアージュを試してみて下さい。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.