意外な出会いと意外な美味しさ!ワインと和食のマリアージュ

はじめに


ワインを洋食だけでなく、和食とともに楽しむ人が増えています。和食と合わせられるなら、普段のお食事にももっとワインを取り入れることができるはずです。

たとえば、肉ジャガ、蕎麦…どのご家庭でも定番のお食事には、一体どんなワインが合うのでしょう。今回は、毎日の食卓で楽しめる、和食の家庭料理にピッタリのワインをご紹介します。

肉ジャガにはミディアムボディの赤ワインを


肉ジャガにあえてワインを合わせることは少ないかもしれませんが、元々ジャガイモはワインにとても合う食材です。ジャガイモたっぷりのスペインオムレツはバルの定番メニューでもありますね。

茹でて塩胡椒をかけただけのジャガイモなら、軽めの赤ワインに合います。軽やかな芋の香りとねっとりした食感が、熟したベリー味を受け止め引き立てくれます。

これに肉や玉ねぎが加わり醤油やみりんで煮詰めて肉ジャガになると、やや重めの赤ワイン向きの味になります。それらが加わることで旨味が増し、ワインの濃い果実味と釣り合いが取れるようになるのです。

肉ジャガのような旨味の多い料理はワインの苦みや酸味を引き立ててしまうため、ブドウ品種は渋味・酸味が控えめなメルロ種を合わせるのがおすすめです。

軽い飲み口のピノ・ノワール種、スパイシーなシラー種もまた違ったマリアージュが楽しめます。

赤も白も合う蕎麦。二日酔い防止にも


家で食べる盛り蕎麦は、お手軽ながら和の上品さを演出できます。ワインを合わせるイメージはそれほどありませんが、意外にも赤白どちらにも合わせられる万能選手なのです。

粗挽きでボリューム感のある田舎蕎麦であれば赤ワインを。カベルネ・ソーヴィニヨン種のような少々渋味が強いものでも、蕎麦の弾力や粉の風味と釣り合いをとってくれます。

カベルネ・ソーヴィニヨンは赤ワインの中でも濃縮されたベリーやスモーキーな香りを持つ落ち着きのある味わいです。そのためか、海苔、蕎麦つゆとの相性は抜群です。

一方、更科蕎麦風の細麺は、麺の繊細さを壊さない白ワインがおすすめです。リースリング種、ソーヴィニヨン・ブラン種のものは、薬味のネギ、わさびの青っぽさとも調和します。

しかし、シャルドネ種、ゲヴュルツトラミネール種、ヴィオニエ種のように樽や花の香りが強いものは風味を邪魔してしまうので、避けた方が無難でしょう。

また、蕎麦や蕎麦湯に含まれるタンパク質やルチンなどの成分はアルコールの分解を促進してくれるとか。二日酔い防止の面でも蕎麦はワインのよきパートナーなのですね。

高野豆腐の含め煮には引き立て役の甘口白ワイン


薄口醬油と日本酒、昆布だしで味付けされた高野豆腐の含め煮には、ぜひリースリング種の甘口白ワインを合わせてみて下さい。

昆布出汁や日本酒に含まれる旨味や甘味がワインの甘味と見事に調和し、上品な果実の香りも引き立ちます。

小松菜のお浸しを添えれば青っぽさもプラスされ、さらに味の奥行きを楽しめます。

蕎麦同様、やはり樽や花の強い香りのものは合いません。リースリング種以外なら甲州種のように個性を主張せず、食材の味や食感を引き立てるものが適しているでしょう。

白ワインと合わせるコツは、濃口醤油ではなく薄口醤油を使うことです。醤油の風味が軽く、白ワインと調和させたい出汁の風味が引き立つからです。

高野豆腐から溢れ出る滋味と白ワインのハーモニーは、ぜひ一度試していただきたい最もおすすめのマリアージュです。

おわりに


毎日の食卓に1杯ワインがあると、1日の疲れも癒される気がします。
もしも合わない組み合わせをしてしまっても、食後にゆっくり味わえばよいだけですから、ぜひ様々なタイプのワインを試してみて下さい。

飲み口が重めのものや、香りに個性があるものも試しながら、少しずつ、自分好みの組み合わせを見つけてみて下さいね。

もっと、主体的にワインを選びたい…。私は常々そう思っていますし、多くの人が同じ思いを抱いているのではないでしょうか。家飲みライフがより楽しくなるようなコラムをお届けしたいと思っています。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.