コスパ抜群の白ワイン!セブンイレブンで買える美味しいソアヴェ

はじめに


どこにでもあるコンビニでおいしいワインが手に入ったら嬉しいですよね。コンビニやスーパーのワインって敬遠しがちですが、最近はレベルがどんどん上がってきています。

ということで、今回はセブンイレブンで入手可能なリーズナブルなワインの紹介です。

*2013 Poggio Al Sale Soave / Piccini
ポッジオ・アル・ザーレ ソアヴェ / ピッチーニ
生産地域:イタリア/ヴェネト州
ブドウ品種:ガルガネーガ90%、トレッビアーノ・ディ・ソアヴェ10%

飲みやすい500ml


色合いはペールグリーン。

青リンゴや洋梨、白桃、ハーブなどの香りがして、とても低価格とは思えないほど豊かな香りが広がります。味わいはグレープフルーツのようなフレッシュさがあり、酸味は穏やか。

心地よい苦味とほんのりとした甘みのバランスがちょうどよく、まだまだ暑いこの季節にもぴったりな味わいです。

このソアヴェは自宅で一人飲みが多い方にも飲みやすいサイズの500mlで約700円ととってもお買い得。最近はセブンイレブンでもチーズやハムも売っていますし、清涼感があるのでサラダなどにもよく合いそうです。

ソアヴェとは?


ソアヴェという名前を聞いたことがある方も多いと思いますが、イタリアのヴェネト州で生産されているさわやかな白ワインです。

ヴェネト州は有名な水の都ヴェネツィアやロミオとジュリエットの町として有名なヴェローナなどがあります。特産物には白アスパラガスや生ハムやプロシュートがあります。

ソアヴェは日本で最も有名な白ワインの一つで、そしてまたアメリカなどでもイタリアワインの代表とも言える白ワインです。イタリアンレストランでは必ずと言っていいほど置いてあるでしょう。

さわやかで飲み心地の良い味わいや価格、そして、三文字で発音しやすく覚えやすいこの名前は日本やアメリカで有名になった理由の一つでもあります。

まとめ


いかがでしたか?

イタリアを代表する白ワインとして、ソアヴェはとても有名なので、ぜひ名前を覚えて、他の白ワインと飲み比べてみてはいかがでしょうか?

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.