スタートワインのワインテイスティング


  1. 白ワインテイスティング
    Amandier mclaren vale chardonnay
    アマンディエ・マクラーレン・ヴェイル・シャルドネ

  2. 赤ワインテイスティング
    Celeste Rouge
    セレスト・ルージュ

シャルドネってどんな品種?


シャルドネ種は、数ある白ブドウの中で「高貴二大品種」と称される品種です。本家本元はフランスのブルゴーニュ地方として知られますが、その人気は留まるところを知らず、今や世界中に植えられています(現在ではその栽培面積は白ブドウ品種の中で世界2位)。

このように人気を博している理由は、他のブドウ品種のように風味に強いクセがないこと、今回のように甘いヴァニラ香がすることが多く、その優しい香りが万人受けするからでしょう。普段ワインをほとんど飲まないという方にも安心してオススメできる品種です。

南西地方ってどんな産地?


南西地方のワインは、もともとはボルドーよりも名声が高く、イギリス人たちに「奥地のワイン」とも呼ばれ寵愛されてきました。

それは、昔は、今よりも気温がぐっと低く、海水が冷たかったので、大西洋に面するボルドーは、冷涼気味で、ブドウが完熟せず、今では想像できないくらいの薄いワインが造られていたのです。それに対して、南西地方は下の地図の通り、海から離れた内陸に位置しており、ボルドーよりも温暖で、ブドウがよく成熟するので、色が濃く、しっかりした味わいのワインだったのです。当時、フランスからイギリスに運ぶ、その旅路は長く、薄いボルドーワインよりも、濃い南西地方のものほうが、航海に耐えうるという理由から愛されたのでした。

今では、ボルドー地方のほうが知名度は高いですが、隣り合っている二つの産地には同じような品種・タイプのワインが造られており、ボルドー地方を飲みつくしている玄人の間では、密かなブームとなっているのです。

紫貴あき JSA認定シニアワインアドバイザー/アカデミー・デュ・ヴァン講師。 大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。 記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。