cocoti主催のリーデル コラボレーションイベント「グラステイスティングセミナー」に潜入!

1756年創業のグラスメーカー「リーデル」と、豊かなライフスタイルの発信を行う複合施設「cocoti」のコラボレーションイベントとして、昨年発売された新シリーズ「ヴェリタス」を使用したグラステイスティングセミナーが開催されたので参加してきました。

会場は前回と同じく、「cocoti」内にあるレストラン「GREEN GRILL」さんです。

Riedel社のイベントで無料でグラスをプレゼントするイベントは殆どなく、cocoti主催のテイスティングセミナーは異例のイベントだそうです。過去にシャンパングラス、クラフトビールグラスに続いて、今回で3回目...世界を見渡しても例を見ないテイスティングセミナーという事で、今回も非常に多くの応募があったそうです。

さて、Riedelさんのテイスティングセミナーと言えば、グラスとワインの関係を感じていただくためのグラステイスティング...ワインはグラスの形で味や香りが変わるといいます。赤・白はもちろん、ブドウの品種によっても適したグラスがあり、奥が深いグラスと飲み物の関係を学ぶことができます。昨年はコカ・コーラグラスまで登場して話題になりましたね。

今回使用するグラスは「ヴェリタス ピノ・ノワール(オールドワールド)」のグラスを使ってのテイスティングです。

「ヴェリタス」にはオールドワールド、ニューワールドと、産地によって分けられているグラスもあります。これは、ピノ・ノワールやシラー等の品種は、オールドワールドとニューワールドで品種の特徴が違うからです。

ただし、近年は技術の向上によりニューワールドでも、欧州に近い品種を作っている地域もあり、その場合はオールドワールドのグラスを使用した方がよく、産地というよりも、品種の特徴によって使いわけた方が良いそうです。

今回、使用した「ヴェリタス ピノ・ノワール(オールドワールド)」グラスは、ボジョレーヌーヴォーにも相性の良いグラスとの事です。

私は前回のシャンパンセミナーに参加していないため、ヴェリタスシリーズに触れる事が初めてでしたが、触れた瞬間に、良いワイングラスという事が分かりました。ヴィノムシリーズと比較しても、軽さ、繊細さ、全てにおいて素晴らしく、マシンメイドにも関わらず、ボウルとステムのつなぎ目に溶けたクリスタルを使用してシームレス、限りなくハンドメインドに近い仕上がりになっています。

さっそくテイスティングへ…

まずは香りを楽しみました。

グラスエデュケーターの庄司さん曰く、香りを楽しむ上で重要なのは、注ぐ量との事でした。今回使用したピノ・ノワールグラスですと、グラスの一番太いところから、1cmほど下あたりが最も良い位置だそうです。

そして、香りを楽しむ上で大事なことがスワリングですね。軽くスワリングすることで、ワインの膜がグラスの内側に残り、素晴らしい香りを生んでくれます。

プラカップとの比較は、笑いが起こる程、ワインの香りが全くしません。これはプラカップは口が開いていること、そして、ワインの膜が出来ないという事で、香りを楽しむ事が出来ないそうです。

続いてボルドーグラスとの比較...同じリーデル社のワイングラスでも、ブドウ品種によってここまで違いがあるんですね。

これはブドウ品種に合わせて作られたグラスは、精巧に調整されたボウル部分、すなわち3つの変数(形状、サイズ、口径)によって、ブドウ品種の個性を引き出しているからです。

詳しくは「なぜワインを美味しく感じられるのか?」に書かれています。

テイスティング後は、フィンガーフードも振る舞われ、さらにワインとグラスの関係への知識を深める楽しい時間を過ごすことができました。

セミナーの最後には、「グラスのお手入れ方法」ついての説明がありました。取扱いのポイントとしては、「水で洗ったら、必ず水滴をふき取ること」。これは、そのまま水滴を残してしまうとミネラル分が白い斑点となってグラスについてしまい、非常に落ちにくくなるからです。

拭き上げができない時はそのままにしておいて、拭き上げができる日にグラスを洗う方が良いそうです。詳しくはリーデルの公式サイトの「お手入れ方法」にて記載されているので、こちらを参考にしてみてください。

私自身、今回のセミナーを受けてヴェリタスシリーズを揃えたくなりました。

リーデル社が誇るワイングラス作りの知識、経験、最新テクノロジーを結集した、リーデル史上最軽量のクリスタル製マシンメイドグラス...この美しさとあれば、見ていて惚れ惚れしてしまいます。

ちなみに販売価格は2個セットで8,640円、きっとプレゼントにしても喜ばれるでしょうね。

オールドワールド・ピノ・ノワール

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.