コンビニで発見!「シャトー・ムートン・ロートシルト」の生産者が造るデイリーワイン

今回はファミリーマートで見つけた面白いワインをご紹介します。

2014 アニョー・ルージュ(375ml)

産地:フランス、ボルドー

タイプ:赤ワイン・辛口

生産者:バロン・フィリップ・ド・ロートシルト

ブドウ品種:メルロー65%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、カベルネ・フラン10%

どこか見慣れたデザインのラベルだなと手に取ってみると、造り手はなんとボルドー五大シャトーの1つ、「シャトー・ムートン・ロートシルト」で有名なバロン・フィリップ・ド・ロートシルト氏でした。

ムートン(親羊)にかけてアニョー(仔羊)と言うネーミングもいいですね。

やっぱり安心のボルドー

バロン・フィリップ・ド・ロートシルトは超高級品のムートンから、リーズナブルなアニョーのような物まで様々なレンジのワインを手掛ける大生産者です。もちろん安価なワインでもそのクオリティは確かで、安価なワインでも「BORDEAUX」「BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILD」と入っているわけです。

このような偉大な生産者のワインがコンビニで買えるのは嬉しい限りです。

色は明るめのガーネット、粘性もしっかりあります。香りは杉やカシスなどの落ち着いた印象。味わいは渋味と酸味のバランスのよい飲み口のいいものです。やはりボルドーはカチッとまとまっていて、安心して飲むことができます。

お肉系を合わせて

名前がアニョーなのでぜひ仔羊と合わせて!と言いたいところですが、家庭で仔羊の料理はなかなか作らないと思います。しかし、ご安心ください。ハムやサラミなどのお肉系のものにはとても好相性。手軽に合わせられてしっかり満足出来る一押しの組み合わせです。

そして、今回ご紹介したワインは、1人でも気軽に開けられるハーフボトルにスクリューキャップ。この手の物はチリワインの独壇場かと思っておりましたがボルドーからも侮れないワインが出て来ました。こういうワインがもっとコンビニに増えると楽しいですね。

エノテカ
バロン・フィリップ アニョー・ルージュ 750ml [フランス/赤ワイン/辛口/ライトボディ/1本]
Amazonで見る
エノテカ 株式会社
《ハーフワイン》アニョー ルージュ / バロン フィリップ スクリューキャップ 375ML 1本
Amazonで見る

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.