2015年11月のワインテイスティング


  1. 白ワインテイスティング
    Jidvei Grigorescu Gewurtztraminer
    ジドヴェイ グリゴレスク ゲヴュルツトラミネール

  2. 赤ワインテイスティング
    Domane de Subremont
    ドメーヌ・ド・シュブルモン

ゲヴュルツトラミネールってどんなブドウ品種?


北部イタリアにルーツを持つブドウ品種です。しかし、実際、ワインショップやレストランでは、フランスのアルザス地方のものを見かけることが多いでしょう。

この品種は、とにかく分かりやすい強烈な香りが有名で、具体的には白バラやライチが香ります。Gewurtzはドイツ語で「スパイシー」の意味で、わずかにナツメグなどのスパイスの香りを感じることもあるでしょう。(ドイツ語が品種の名前につけられているのは、出身地の北部イタリアはかつてオーストリアの支配下にあり、今でもドイツ語をしゃべっているからです)。

味わいには、若干の残糖があることが特徴です。本場フランス、アルザスで地方ではフォグラに合わせるのが定番です。

ボディって何?


ショップやレストランでワインを選んでいると、その表記に「ボディ」という言葉をみかけます。この「ボディ」とは、いったい何を指しているのでしょう。

簡単にいうと、ワインの「重量感」のことを指しています。これまでワインを飲んでいるときに、「軽い」「重たい」と感じたことはないでしょうか。おおざっぱに言ってしまうと、白ワインは軽く感じるものが多いですし、赤ワインは重たく感じるものが多いようです。この時、軽く感じれば「ライトボディ」、重たく感じれば「フルボディ」と表現します。

またこの「ボディ」は、すべてのお酒で観察することができ、アルコール度数に比例しています。アルコール度数が低ければ、ライトボディ。高ければ、フルボディです。ビールを飲むとライトボディに感じるのは、たいてい5%前後しかアルコールが含まれていないからです。一方、ウィスキーやブランデーを飲むとフルボディに感じるのは、それらの酒は、アルコール度数が40%もあるからです。

紫貴あき JSA認定シニアワインアドバイザー/アカデミー・デュ・ヴァン講師。 大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。 記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。