一人でちょっと飲みたいときに!ノートン・ミニ エクストラ・ブリュット

東京、神奈川で展開されているスーパー「オオゼキ」にて、可愛いワインを見つけたのでご紹介します。また、ワインショップエノテカさんでも販売されています。

NORTON mini EXTRA BRUT / Bodegas NORTON

ノートン・ミニ エクストラ・ブリュット / ボデガ・ノートン

生産国:アルゼンチン

品種:シャルドネ、シュナン・ブラン

容量:187ml

容量を見て「あれ?」と思われた方も多いのではないでしょうか?

そう、このワインは「キャール」と呼ばれる通常のボトルの1/4サイズ(187ml)なんです。大体グラスで2杯分の量ですから、最初の一杯だけスパークリングワインを飲みたい時に大変重宝するサイズです。

このボデガ・ノートンと言うワイナリーはクリスタルガラスで有名なスワロフスキー社が所有・運営をしています。産地はアルゼンチン・メンドーサ州。この地は温暖で雨の少ない地中海性気候でブドウ栽培か盛んで、アルゼンチンのワインの7割はこの州で造られています。

味わいはフレッシュ&フルーティな気軽さで誰もが好きになる味です。優しいけど豊かな泡立ちと甘やかな香りですが辛口に仕立てられていていくらでも飲めそう!しかし187mlしかありませんので注意してくださいね。

気軽なサイズ、気軽な飲み口、でもしっかり満足!ここは料理は何を合わせる、とか考えずにまずはゴクッ!と行っちゃいましょう。 一杯飲めば気分上々、食欲も湧いてきていろいろな物が食べたくなってきます。

一昔前にこのサイズのシャンパーニュの瓶に直接ストローを入れて飲むのが流行りましたが、家ワイン愛読者の皆さんにはぜひグラスに注いで飲むことをお勧め(強要?)します。

もちろん通常のサイズのボトルもありますので。

2017年9月追記

現在はリニューアルして、ミニサイズの取扱はありません。

 ノートン・エクストラ・ブリュット new2

TAGS

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.