多くの赤ワイン用ブドウ品種に対応できる「リーデル・オー ビッグ・オー シラー」を試してみました。

1756年創業の老舗グラスメーカー、リーデル社は「同じワインでもグラスの形によって、香りと味わいの印象が変わるという点に着目し、世界で初めてブドウ品種ごとに理想的な形状を開発したオーストリアのグラスブランドです。

家ワインでもこれまで、セミナーの紹介やレポート、グラスエデュケーター庄司さんへのインタビュー等、リーデルに関する様々な記事を掲載してきましたが、今回は私たちでグラステイスティングセミナーに似たような事をしてみました。

リーデル社が実施しているグラステイスティングセミナーは一つのブドウ品種やグラスにスポットを当てて行われていますが、幅広い品種に適用するかどうか?をメインとして実施されたケースは少ないと思います。

そこで、リーデルグラスの中でも、ステム(脚)がないタンブラー型ワイングラス「リーデル・オーシリーズ」の中から、幅広い赤ワインに対応可能と言われているビッグオー・シラーが、本当に様々な赤ワインに対応しているのか?を、ソムリエ小野沢さんに協力していただき、その効果を検証してみます。

今回使用するワインはこちらです。試した品種は左から、シラー、カリニャン、カベルネ・ソーヴィニヨンです。今回はこの3種類のブドウ品種で検証してみました。ちなみに比較しているグラスは、一般的に使用されるテイスティンググラスです。この比較からビッグ・オーの大きさが分かります。

早速グラスに注いで、香りから確認…。

もうこれは言うまでもないと思います。ボウルの大きさからテイスティンググラスと比較すると圧倒的にビッグ・オー シラーの方が香りが立ちます。そして、テイスティンググラスでは引き出せない、独特なアロマを引き出してくれます。小野沢さんも「ここまで香るか…」とおっしゃってました。

香りに関しては全てのワインで同様の結果が生まれました。どの品種でも香りが際立ちます。

味はテイスティンググラスと比較すると、シラーに関しては、グラスの名前にもなっているので、多くを語る必要はありませんね。そしてカリニャン…しまったタンニンが柔らかくなって、いい意味で飲みやすくなっていました。

カベルネ・ソーヴィニヨンに関しては、少し薄くなった印象がありますが、それは香りが際立っているため、そう感じるのかもしれないと小野沢さんはおっしゃってました。確かにファーストコンタクトである香りが際立っているため、その期待値に対して味が薄く感じるという事なのかもしれません。

全ての品種で言える事は、味云々よりもとにかく香りですね。香りの際立ち方が全く違います。

小野沢さんは「このクラスのワイングラスになると、安価なテーブルワインではなく、それなりのワインと合わせると香りと味がマッチングして、よりグラスの効果を感じることができるのではないか?」とおっしゃってました。

リーデルのグラスはブドウ品種の個性が引き立つようにボウルの膨らみや形状が機能的につくられています。グラスを傾けた時に口の中にワインがどのように広がるのか、そして、どういう味覚が引き立つのかに着目されて設計されているので、ワイン本来の味を引き出してくれます。

リーデル・オーは、そのデザインから洋食器、和食器との相性が良いため、レストランや和食店で幅広く使われてきました。ワインとは切っても切れない料理…グラスまで拘ってこそ、ワインと料理の美味しい関係が築いていけるんでしょうね。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.