適温で味が変わる!ワインの飲み頃の温度を知っていますか?

意外とスルーしてしまいがちなワインの適正温度。しかし、この適正温度で飲むことで、ワインの味が全く変わってくるんです。

これは高価なワインであっても、安価なワインであっても同じです。飲み頃を知らずに、適切な温度ではない温度で飲んでしまいますと、せっかくのおいしさが半減してしまいます。そこで、今回はワインの適正温度についてご紹介します。

赤ワインの適正温度

赤ワインといっても、様々な種類があるため全てが当てはまるわけではありませんが、赤ワインは温度が低すぎるとタンニンの渋みを強く感じてしまいます。だからと言って、温度があまりにも高いとフルーティーさが失われてしまいます。

そこで、飲み口の軽いライトボディの赤ワインで14~16度が適温で、重めな赤ワインは16~18度が適温と言われています。また、早飲みの若いフレッシュな赤ワインは10~14度くらいが適温とされています。冷やして飲む赤ワインといえば、ボジョレー・ヌーボーが良い例ですね。

また、「赤ワインは常温で」とよく言われますが、常温という言葉は不適切です。実際に16~18度でも少しひんやりとしているので、これは実際に温度計などで計って、体で覚えた方が良いと思います。

「ワンポイントレッスン」でも、ワインの温度の計り方を解説しているので見てみてはいかがでしょうか?

白ワインの適正温度

白ワインはあまり冷やしすぎると、ワインが持つ本来の味や香りが感じられなくなるので、冷やしすぎには注意が必要です。

コクのある白ワインですと、10~12度、酸味が強い白ワインですと8~10度が適温と言われています。また、甘口か辛口かでも変わってきますが、甘口の場合は温度は低い方がおいしく感じられます。基本的に白ワインは冷やした方が酸味が引き締まって、フレッシュな味わいになるので、冷やして飲むことをお勧めします。

白ワインの適正温度はボトルを手で触ると「冷たい」と感じるレベルなので、セラーがない場合は冷蔵庫で冷やしましょう。

終わりに

適温の状態でコルクを開けても、テーブルの上に置きっぱなしにしておくと、温度を保つことができません。ワインを適温に保つにはワインクーラーがベストです。

以前、「ボトルの温度をキープするル・クルーゼのアイスクーラースリーブ」で紹介したような、スリーブタイプのワインクーラーであれば、ラベルを濡らすことなく、数時間温度をキープすることができるのでオススメです。

ワインは温度に気を遣うだけで、その魅力が最大限に発揮され、何倍も美味しさが変わります。ワインと温度の関係は非常に重要なので、たまには温度も気にしてワインを飲んでみてください。

貝印
貝印 ワイン 専用 温度計 ( 非接触 タイプ) Kai House Select DH-7254
Amazonで見る
ジャパン・インターナショナル・コマース
vacuvin スナップサーモメーター
Amazonで見る
LE CREUSET (ルクルーゼ)
ルクルーゼ アイスクーラースリーブ WA126 ワインクーラー チェリーレッド 59142-01-06
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.