この価格にこの品質!「シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ」の魅力

出典:https://thechampagneaddict.com/

Charles Heidsieck Brut Reserve
シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ
生産地:フランス シャンパーニュ地方
品種:ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%


シャルル・エドシックとは


出典:http://www.nlwine.com/

シャルル・エドシックは1851年に創立されたシャンパーニュ地域で4番目に長い歴史があるシャンパーニュ・メゾンです。「エドシック」を名乗るシャンパーニュメゾンは他に2つありますが(エドシック・モノポールとピペ・エドシック)、「シャルル・エドシック」は数段格上の品質でとにかくリッチです。

シャルル・エドシックでは、2世紀にまで遡るクレイエール(採石場跡)を熟成倉庫として利用しています。クレイエールの迷路のような地下道と地下室の湿度がシャンパーニュの熟成に最適であると、創業者のシャルル=カミーユは見抜いて、気温10度に保たれたクレイエールで、シャルル・エドシックのシャンパーニュは長期間熟成されます。

醸造時に樽を全く使用していないのに、リッチな感じに仕上がるのはリザーブワインの使用比率が高いからでしょう。こういう古い原酒を持っているところが大手の強みなのかもしれませんね。

スタンダードでも高級シャンパンの香り


外観は柔らかな泡立ちと穏やかな黄金色です。香りは高級熟成シャンパーニュにしかないクレームブリュレやブリオッシュの香りがします。スタンダードレンジのシャンパンでこの香りにはなかなか出会うことができないのはないでしょうか。

味わいも外観や香りから感じるニュアンスと同じくしっとりした感じ。「Brut」の表記はありますが「極辛口」と言うよりはまろやかで甘やかなリッチな味わいです。

食前酒としてはパーフェクトですが、食中酒としても懐の深さを見せてくれます。旨味成分豊富なシャンパーニュは日本酒並みにいろいろな料理と合わせられます。普通ワインでは合わせづらいとされる生のお魚や貝などでも問題なくマリアージュします。

グラスはフルートグラスではなく、普通の卵型のワイングラスで香りを楽しみながら飲んでください。また、私は冷やさない方が美味しくいただけると感じました。この価格帯でこのクオリティのシャンパンはなかなか出会えないので、ぜひお試しください。


Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.