この価格にこの品質!「シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ」の魅力

出典:https://thechampagneaddict.com/

Charles Heidsieck Brut Reserve
シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ
生産地:フランス シャンパーニュ地方
品種:ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%


シャルル・エドシックとは


出典:http://www.nlwine.com/

シャルル・エドシックは1851年に創立されたシャンパーニュ地域で4番目に長い歴史があるシャンパーニュ・メゾンです。「エドシック」を名乗るシャンパーニュメゾンは他に2つありますが(エドシック・モノポールとピペ・エドシック)、「シャルル・エドシック」は数段格上の品質でとにかくリッチです。

シャルル・エドシックでは、2世紀にまで遡るクレイエール(採石場跡)を熟成倉庫として利用しています。クレイエールの迷路のような地下道と地下室の湿度がシャンパーニュの熟成に最適であると、創業者のシャルル=カミーユは見抜いて、気温10度に保たれたクレイエールで、シャルル・エドシックのシャンパーニュは長期間熟成されます。

醸造時に樽を全く使用していないのに、リッチな感じに仕上がるのはリザーブワインの使用比率が高いからでしょう。こういう古い原酒を持っているところが大手の強みなのかもしれませんね。

スタンダードでも高級シャンパンの香り


外観は柔らかな泡立ちと穏やかな黄金色です。香りは高級熟成シャンパーニュにしかないクレームブリュレやブリオッシュの香りがします。スタンダードレンジのシャンパンでこの香りにはなかなか出会うことができないのはないでしょうか。

味わいも外観や香りから感じるニュアンスと同じくしっとりした感じ。「Brut」の表記はありますが「極辛口」と言うよりはまろやかで甘やかなリッチな味わいです。

食前酒としてはパーフェクトですが、食中酒としても懐の深さを見せてくれます。旨味成分豊富なシャンパーニュは日本酒並みにいろいろな料理と合わせられます。普通ワインでは合わせづらいとされる生のお魚や貝などでも問題なくマリアージュします。

グラスはフルートグラスではなく、普通の卵型のワイングラスで香りを楽しみながら飲んでください。また、私は冷やさない方が美味しくいただけると感じました。この価格帯でこのクオリティのシャンパンはなかなか出会えないので、ぜひお試しください。


Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.