最先端にしてワインのルーツ!最近のトレンドワインであるオレンジワインを知っていますか?

出典:broadsheet.com.au

オレンジワインって聞いたことありますか? 最近ワインショップなどでたまに見かける「オレンジワイン」というフレーズ...少しずつ人気になっているとか。という事で、今回は最先端にしてワインのルーツであるオレンジワインについて説明していきます。

オレンジワインとは

オレンジワインは名前の通り見た目がオレンジ色のような色調のワインのことで、分類的には白ワインになります。色がとても濃くてオレンジ色っぽい白ワインです。

なぜそんな色になるのかと言うと、通常の白ワインの造り方では果皮や種をすぐに分けてしまいますが、オレンジワインでは果皮や種と果汁と一緒に醸す、スキンコンタクトと呼ばれる手法で果皮の色を抽出させています。

このスキンコンタクトの期間は通常だと数時間から数日ですが、オレンジワインを造る時は数週間と長くとることで、皮や種の色がついてオレンジ色になるのです。

ジョージア(グルジア)が発祥の地?

出典:phileaswineclub.com

ワイン発祥の地ジョージア(旧称グルジア)では、約5000年ほど前から「クヴェヴリ」と呼ばれる素焼きの粘土製のカメを土の中に埋めて、その中に収穫さした葡萄を破砕後、果汁、果皮、果肉、種、果梗すべてをいれて自然発酵させて造るワインの造り方がありました。それがオレンジワインの原点とも言われています。

そしてその、伝統的なクヴェヴリ製法は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され、ジョージアには、現在もこの方法で造られているワインがあります。

まとめ

いかがでしたか?難しいようですが、実は簡単で、白ブドウの果皮や種を長く漬け込んだワインということです。

ちなみに、ヴァン・グリと呼ばれる灰色ブドウから造られた灰色ワインや、フランスのジュラ地方にはヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)や、カオールの色のとても濃い赤ワインを黒ワインと読んでいたり、赤、白、ロゼ以外にもワインの分類はあります。

最近はグルジア以外でもオレンジワインを生産し始めて、その味わいに感動する人が増えてきたので世界遺産効果も相まって人気になってきています。

味わいも一言で言うのは難しいですが、皮を長時間漬け込んでいるので白ワインにしてはタンニンを感じます。体験してみるのが一番だと思うので、是非見かけたら手にしてみてください。

ベシーニ社【Besini】
ベシーニ クヴェブリ スペシャルリザーブ【Besini Qvevri SpecialReserve】【グルジア(ジョージア)産・辛口・白(オレンジ)ワイン・750ml】
Amazonで見る
MUKADO
癖になるオレンジ色の白ワイン SHIO Rkatsiteli Mtsvane Traditional2014 750ml×1(ジョージア)
Amazonで見る
チョティアシュヴィリ【Tchotiashvili】
チョティアシュヴィリ ヒフヴィ《Tchotiashvili Khikhvi》【ジョージア(グルジア)/カヘチ地方(東部) ・オレンジワイン(辛口)】
Amazonで見る

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.