ワイングラスのお手入れは正しい持ち方で!ワイングラスを割らずに洗う方法

誰もが経験するワイングラスの破損。大半は洗っている時や吹き上げている時、余計な力が入ってグラスにねじれが生じて破損してしまいます。 ワイングラスは繊細で割れやすいので、お手入れの際は持ち方に注意が必要。ということで、今回は、グラス破損の原因になる「グラスの正しい持ち方」をご紹介します。ワイングラスの正しい持ち方を知って、グラスの破損ゼロを目指しましょう。

リーデルの「コカ・コーラ専用グラス」を試してみました。

先日、リーデルから「コカ・コーラ」専用のグラスが発売されたので、早速使ってみました。まず、なぜ、リーデルがなぜコカ・コーラグラスを造ることになったか?というところですが、昨年の2月にドイツで開催された展示会で「コカ·コーラの魅力を最大限に味わう為の究極のグラスを作って欲しい」という依頼を受けたそうです。

失敗しない!ペルチェ式ワインセラー選びのポイント

日本国内で販売されている数多くのセラーも「エンジン」の種類に別けると「ペルチェ方式」、「コンプレッサー方式」、「熱吸収式」の3タイプに分かれます。今回は、この中からペルチェ式ワインセラーについてご紹介します。

スタッフ実践!「Air Cork」編

昨年、ワインの保存グッズ「Air Cork」を購入して、実際に使った時に動画の撮影を行っていたんです。 Facebookでしか公開していなかったんですが、この度、youtubeにも公開したので、家ワインのコラムでもご紹介します。

ワイン最大の魅力である香りを十分に楽しむためのワイングラス

ワイングラスで味が変わる??普段からワインを飲まれている方であれば、もちろん知っていることですよね。リーデルは同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいの印象が変わるという事を研究し、ブドウ品種毎に異なる形状のグラスを作り、長くワインファンに愛されるグラスになりました。

試してみよう!「空気を抜く方法」以外でワインを保存する方法

ワインの酸化防止にはやはり「空気を抜く方法」が最もポピュラーは保存方法ですが、今回はその他の保存方法についてご紹介致します。ワインの酸化防止の基本は「空気に触れさせないこと」......この基本を元に、考えられた最も原始的かつ有効的な方法は、開栓後すぐに蓋のしっかり閉まる小さい容器へ移し替えること

空気を吸い出して保存するワインセーバーの原理

先週に引き続き、ワインの保存のお話しを....さて、ボトル内の空気をポンプで吸い出し真空にする事で、開けたての新鮮な風味を長持ち(酸化防止)させる、人気アイテムのひとつと言えば「ワインセーバー」ですね。

飲み残したワインを保存するアイテム

開けたてのワインが好きな方や、開けてから数時間、もっと時間を置いて翌日の味が好きな方など、様々な好みがあると思います。でも飲み残したワインボトルに、抜いたコルクを差し戻して翌日または数日後に飲んでみたら、開けたての新鮮な風味や果実味が失われて「がっかり」された方もいるのかな?