軽快にシュワッと爽快!緑のワイン「ヴィーニョ・ヴェルデ」

赤でもない、白でもないワインと言えば、ロゼワインが思いつきますが、ポルトガルでは、「ヴィーニョ・ヴェルデ」という緑のワインがあるのをご存知ですか?この「緑のワイン」は、ポルトガル北部の緑豊かな土地で造られる、若い微発泡ワイン。ワインのヴィーニョ・ヴェルデの意味は、ヴィーニョ=ワイン、ヴェルデ=緑、なんですが、ポルトガル語でヴェルデとは、「未成熟な、若々しい」という意味もあるので、「若々しいワイン」という意味も持ち合わせいます。

唐揚げと一緒にワイワイ楽しみたい!毎年人気のルイジュリアン

春からこの時期にかけてリリースされ、ワイン好き、特に自然派ワイン好きの間に熱狂的なファンを持つワインがあるのをご存じですか?ヌーヴォーの時期はまだまだですが、ワイン業界ではこのワインも「季節もの」です。そんなワインと季節関係なくいつでも日本人に食べられている唐揚げを一緒に合わせて食べるととってもおいしいのです。

もはやコンビニワインではない!これがワイン文化成熟の証!

既に家ワインのコラムでも紹介されていると思いますが、テイスティングのお手伝いをさせて頂いた際に、あまりにも驚いたので私のコラムでも紹介させていただきます。2013 Fort du Mirailフランスはボルドー産の白ワインです。もう説明の必要はないと思いますが、ボルドーは世界で最も名の通った、世界でも3本の指には入るワイン産地です。少しでもワインに興味のある方であれば、ボルドーという名を知らない人はいないでしょう。

ファミリーマートのワイン「フォール・デュ・ミライユ」をテイスティング!

4月にファミリーマートのプライベートブランド「FamilyMart Collection」のプラチナラインよりAOP認証を受けたボルドーワイン「フォール・デュ・ミライユ」が発売されたので、家ワインコラムも執筆していただいているソムリエの小野沢さんにテイスティングしていただきました。

豊富なミネラルと果実味のバランスが絶妙なオーストラリア産白ワイン

夜になるとまだまだ肌寒さもありますが、日中の日差しは夏を感じるようになりました。白ワインが美味しい季節到来です。そこで今回ご紹介するワインはこちらです。2012 Soumah "Skye Blox" Chardonnay鮮やかなブルーのエチケットが印象的なこのワインは、オーストラリアはヴィクトリア州、ヤラ・ヴァレー産の白ワインです。

日本初上陸!カナダのメープルシロップからできたメープルワインとは?

メープルワインとは、カナダケベック州のメープルの樹から採れる樹液(メープルウォーター)100%を原料とし、メープルシロップに酵母を加え、綿密な温度コントロールのもとに発酵させ、つくりだされたのがメープルワインです。ワインと言っても、葡萄を一切使用していないので、正式にはハチミツ酒になるんですが…。

赤ワインが苦手な人でも飲める!親しみある赤ワイン

4月になり、春の暖かさが訪れたかと思えば、先週は真冬の寒さに戻ったりと、なかなか春爛漫とはいかないですね。という事で、今回は本格的に暖かくなる前に楽しめるワインをご紹介します。「2012 プティセラー カベルネ・ソーヴィニヨン」カリフォルニア産のカベルネ・ソーヴィニヨンです。

2日後に急成長!アルザスの名門が作ったアウトドアで楽しめるワイン

4月、5月と行楽シーズンに突入ですね。外でワインを飲む機会が増えると思うので、今回はアウトドアでも、自宅でも楽しめるワインをご紹介します。「2012 ポール・ブランク / ブラン・ド・ブランク」フランス、アルザス地方の人気生産者ポール・ブランクの気軽に楽しめるワインです。ポール・ブランクはアルザス地方で、特級畑の認定を最初に受けた生産者としても知られており、このクラスのワインでも見事な出来です。アルザスはフランス北東部、ドイツとの国境に接する生産地で、ドイツと共通する品種が多数栽培されています。

春のワインの楽しみ方はロゼワインにあり!

ワイン通にとって、ロゼワインはどのような立場にあるんでしょうか?ワイン初心者の人からすれば、ロゼワインは薄い赤ワインと思っていた!という声も聞いてみたり…。ロゼワインには、いくつかの作り方があるのをご存知ですか?さて、今回はこの季節にピッタリのロゼワインをご紹介したいと思います。

日本酒が好きな方にオススメのワインは?

日本酒とワインは酒類の分類として同じ「醸造酒」ということはご存じでしょうか。醸造酒は、原料の果実や穀物を酵母の力で発酵させて造られたお酒のことをいいます。日本酒は原料がお米で、ワインはぶどうが主に原料となります。

アリアニコの魅力に迫る!多彩な表現を持つ葡萄品種から造られたワイン

ご紹介するワインは、前回に引き続きアリアニコを使ったワインです。「イタリアで代表的な黒ぶどう「アリアニコ」の知らない顔」で紹介した「カステルフレモンド/ラ・グァルディエンセ」は、試飲会で最も気に入ったと書きましたが、今回紹介するワインも同じくらい気に入っているワインです。

イタリアで代表的な黒ぶどう「アリアニコ」の知らない顔

みなさん、あけましておめでとうございます。年末年始はお金を使い過ぎて、なかなかワインを飲めない日々が続いたため、次のコラムに何を書こうか焦っていました。そんなところに試飲会のお誘いをいただき、イタリアの「アリアニコ」と言う品種を使ったワインオンリーの変わった試飲会で出会ったワインをご紹介です。

シャンパンの最高峰「ドン・ペリニョン」の魅力

今回ご紹介するワインは、誰もが知っているシャンパン「ドン・ペリニョン」について詳しくご紹介します。もはや説明不要とも言うべき「ドン・ペリニョン」は、大人であれば、知らない人はいないのではないでしょうか?その姿は酒屋さん、デパ地下、レストラン、ホストクラブにキャバクラと、至る所で見かけます。