ワインの格付けは難しくない【フランス編】

ワインの格付け...これがワインを難しくている壁の1つです。この格付けがなければ、もしかすると、ワイン入門のハードルはもう少し低かったのかもしれません。という事で、今回は代表的なフランスの格付けについてご紹介します。

ワイングラスが逆さまに?

ん?ワイングラスが逆さまになっているのに、グラスの中身は... 一瞬「え?」と思わせるデザインですが、実はこれ、オイル&ワインビネガー入れなんです。ワイングラスを逆さまにしたデザインの容器にオイル&ワインビネガー。

初心者にお薦め!ダブルアクションで失敗しないソムリエナイフ「プルタップス」

初心者向けのソムリエナイフはありませんか?と、よく聞かれるんですが、私が必ず答えているのは、ダブルアクションの機能が付いているプルテックス社のソムリエナイフです。 今回はヨーロッパ諸国でも、陽気なラテン系の国、スペインはプルテックス社のソムリエナイフについてご説明を致します。

ワイン初心者必見!ワインの色(濃淡)を見てみよう。

今日のワンポイントレッスンは赤ワインの色の味方 PART1です。せっかくのワイン、ゴクゴクと飲んでしまってもいいのですがすこし観察する方法を知っているとワインの楽しみも増えます。今回はレストランやホームパーティでちょっとかっこよく振る舞える色の見方をご紹介します。

桜と一緒に楽しむ赤ワインとラム肉 ~男のワイン飯vol.11~

春うらら。いよいよ、桜も咲き初めまして、ポカポカ陽気の今日このごろ。早いもので、今年も4月がやってきました。陽気につられて、ついついお昼間から飲み始めてしまう一日は何て最高なんでしょうか。酔いつぶれても、そのまま寝てしまえば良いのが家飲みのいいところ。そんな幸せな休日を送るために今回も男のワイン飯をゲットしてきました。4月にお届けする赤ワイン「サンタ・マリア・デ・アパルタ・カベルネソーヴィニヨン・トラディション」はチリからやってきた、カベルネ•ソーヴィニヨン100%の飲み応えある一本。以前にもレシピをお願いした東京新宿ワイン事務所Forst6丁目さんにお伺いして、この赤ワインとマリアージュをしてくれるワイン飯をゲットしてきました。さて、今回はどんな料理に出会えるでしょう?

ロゼで祝いましょ!LOVEムール貝! ~女のワイン飯vol.12~

卒業、入学、入社に引っ越し、、、 それに加えて、お花見と、イベント目白押しの4月。 そんな時にはやはり泡ものでしょ!ということで、 先月に続き、春っぽいスプマンテを4月にお届けします。桜色したロゼのスプマンテは2013年にスパークリングワイン唯一の世界コンクールでシャンパーニュなどと並んで、金賞を受賞した「ルネッタ・スプマンテ・ロゼ」です。 友達の家のホームパーティーでも、スパークリングは喜ばれるんで、誘われた時に持っていくのもありですね。さて、このロゼをどんな料理と合わせたら楽しめるか、、、今回の女のワイン飯、素敵なお店にお願いをしにきましたよ。下北沢と三軒茶屋の間、住宅街にひっそりあるフレンチビストロ「IVROGNE(イブローニュ)」さん。極上のフランス郷土料理をお手軽の値段で味わいたかったら、間違いなくこのお店でしょう。どんなレシピをいただけるか、楽しみです!

これがあれば安心!パーティーや女子会で役立つワイングッズをご紹介

レストランでソムリエから教わるワインの知識、そして料理とのマリアージュ…ワイン好きにとって、この上ない環境とは、ソムリエのいるレストランかもしれませんが、実は、ワイン好きな人がそれと同じくらい楽しみなのが家で気軽に飲むワイン…それはパーティーだったりします。

これでチーズ選びも安心!シェーブル&青カビタイプのチーズ選びのポイント

シェーブルとは、フランス語で「ヤギ」という意味で、文字通りヤギの乳から作られるチーズのことです。実は牛乳から作られるチーズよりも、古い歴史を持っていると言われています。 味は特有のクセのある風味をもっており、熟成が進んでない時はさわやかな酸味があり、熟成すすんでくると、コクが出てきます。 また、販売されているものは、黒い炭が付いたものだったり、そのまま熟成させたもの、そして白いカビが付いたものが存在します。それぞれタイプは異なりますが、白いカビが付いたものは、熟成のスピードが速いものが多くみられます。また、乾燥したものが多く、パサパサした食感で、やみつきになるチーズファンも多いようです。

旨みの余韻に浸れる赤ワイン「コート・ド・ボーヌ ラ・グラン・シャトラン ピノ・ノワール」

今回ご紹介するワインは、ここ2年以上継続して飲んでいるにも関わらず、私、個人の赤ワインランキングの上位に長い間ランクインしているワインです。 私自身、ソムリエという仕事をしているため、ワインを注文されるお客様に「どのようなものがよろしいでしょうか?」とかお聞きするわけですが、赤ワインで悩んでいる方は「シッカリしたものを」とか「重ためのものを」と答える方がほとんどです。

割れにくいワイングラス「トリタン」とは?

今回は次世代グラスとも呼ばれている「トリタン」グラスについてご紹介します。 この「トリタン」はドイツのバイエルン森林地帯にあるツヴィーゼル・クリスタルAG社とエアランゲン大学が共同で開発した「割れにくく、しなやかで、より透明度のある」グラスで、グラス原料にチタニウム(金属)とジルコニウムを使用しています。

失敗しない!プレゼントでワインを贈る時に気をつけること

プレゼントとして「贈る」場合のワイン選び、皆さんはどのような点に気をつけていますか?送る相手が普段どんなワインを飲んでいるのか?好きなブドウの品種はなんなのか?...プレゼントを贈る相手と共にワインを飲み明かす関係であれば、好みのワインを選んであげる事が出来ると思いますが、そうでない相手にワインを「贈る」場合は難しいものです。

これでチーズ選びも安心!白カビ&ウオッシュタイプのチーズ選びのポイント

知識がなければ難しいチーズ選び。フレッシュタイプに次いで、今回は「白カビ」タイプと「ウオッシュ」タイプの選び方をご紹介します。 白カビタイプの代表と言えば「カマンベールチーズ」。名前、そして見た目からも分かるように、白カビタイプのチーズは、真っ白なカビに覆われています。 特徴としては、非常にクリーミーでクセのないものが多いので、チーズの入門としては最も適しているチーズと言えます。また、とても短い期間で熟成させたものが多く、熟成が進んでいくにしたがって中身がドンドン柔らかくなります。 白カビは熟成がすすむほど褐色化してくるのも特徴の1つです。 表面の白カビをよく見て、赤や黒のカビが混じっている場合はその部分を切り取ってから出来るだけ早めに食べた方がいいでしょうね。