約180銘柄のワインが試飲できる!甲州市勝沼ぶどうの丘

山梨県甲州市勝沼町には沢山のワイナリーがあり、以前にもいくつか見学させていただいた事があるんですが、今回は「大日影トンネル遊歩道」と「ぶどうの丘」へ行ってきたので、ご紹介させていただきます。まずは「大日影トンネル」から....大日影トンネルは勝沼ぶどう郷駅から歩くこと5分のところにあります。

初心者でも分かる!ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

ワインとチーズは食の楽しみに欠かせない組み合わせですが、チーズには大きく分けて、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類がある事をご存知ですか? 今回は、ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いについて紹介していきます。ナチュラルチーズと言えば「柔らかいチーズ」と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、ナチュラルチーズとは、乳を固めて発酵熟成させたチーズです。まさにナチュラルというべく、自然のままに乳酸菌も生きているチーズです。もちろん、そのまま置いておくと熟成します。

日本酒が好きな方にオススメのワインは?

日本酒とワインは酒類の分類として同じ「醸造酒」ということはご存じでしょうか。醸造酒は、原料の果実や穀物を酵母の力で発酵させて造られたお酒のことをいいます。日本酒は原料がお米で、ワインはぶどうが主に原料となります。

女性必見!冷えた体をあたためてくれる赤ワインの効果

赤ワインが冷えた体に良い事を知ってましたか?女性にとって血液の流れを良しくて体をあたためることは、アンチエイジングにとっても大切なことです。体をあたためると血管が広がり、血液の流れがよくなります。新陳代謝も活発になり、ターンオーバーがきちんと行われるので、美肌にもつながるのです。

ワイン初心者にオススメのワイン入門書3選!

おいしいワインは飲んでいるだけでも楽しいものですが、もうちょっと深く知りたい、自分でワインを選びたいと思ったとき、わかりやすい解説で、体系的に学べるワイン本があると心強いですよね。今回はそんなワイン初心者にオススメしたい、ワイン入門本を3冊ご紹介します。

ソムリエ試験でも必須!パニエでの抜栓方法

雰囲気のあるレストランでは、ソムリエさんがワインを籠に入れた状態で抜栓してくれることがあります。このことを「パニエ抜栓」と呼びます。一見、難易度が高そうに見えますが、基本は「立てたままの抜栓」と同じです。ポイントを知っていれば、すぐにコツをつかめます。日本ソムリエ協会の2次試験でも、パニエ抜栓は行われていますので、受験予定の方も一緒に勉強しましょう。

気軽に挑戦できる!低価格ワインの選び方と美味しく飲むコツ

ワイン売り場に行くと豊富な種類のワインがずらりと並んでいて見分け方も非常に難しいですよね。ワインを普段から飲まれない、値段に差があり過ぎて迷ってしまうという方は、まずは価格重視でスタートしてみるのもいいでしょう。という事で、今回はワイン未体験の方が「どんなワインから飲めば良いのか?」を簡単にご紹介します。

ボトルの温度をキープするル・クルーゼのアイスクーラースリーブ

家でワインを飲む際に、ワイングラス、ソムリエナイフ以外にワイングッズを使用していますか?ワイングラスでワインの味が変わるというのは、以前お伝えしたと思いますが、その他にもワインライフをさらに豊かにしてくれるアイテムがたくさんあるんです。ということで、今回は、家飲みやパーティー、そしてアウトドアであると便利なアイテム「ル・クルーゼ社のアイスクーラースリーブ」をご紹介します。

これさえ知れば太りにくい?ワインのカロリーと合わせる料理のポイント

近年健康ブームが続いていることもあって、日本国内でもワインの消費量が増加傾向にありますが、やはり気になるのはワインのカロリーです。ワインはシーンを選ばずにどこでも飲めること、また時間を忘れて楽しめることからプライベートの息抜きとしても注目を集めていますが、健康にどれほどいいと言われていてもアルコールである以上、女性にとってカロリーは気になるところ。

グラスコンペ1位のZalto(ザルト)は、価格以上の価値あるワイングラスでした

ワインのために考えられたグラスは気になるけど、値段を考えるとなかなか購入には踏み切ることができないと思います。今回紹介するワイングラスは、少し上級者向けのワイングラス「Zalto(ザルト)」から、ボルドーとユニバーサルをご紹介します。今回、なぜZalto(ザルト)を紹介しようと思ったかと言えば、ドイツのワインマガジン「STERN」誌が主催したブラインドテイスティングコンペティションで、香り・グラスの口当たり、味わいの全ての部門で1位を獲得したグラスだからです。

アリアニコの魅力に迫る!多彩な表現を持つ葡萄品種から造られたワイン

ご紹介するワインは、前回に引き続きアリアニコを使ったワインです。「イタリアで代表的な黒ぶどう「アリアニコ」の知らない顔」で紹介した「カステルフレモンド/ラ・グァルディエンセ」は、試飲会で最も気に入ったと書きましたが、今回紹介するワインも同じくらい気に入っているワインです。