すべての記事

夏は冷やしたサングリアで!家庭でつくれるサングリアレシピ特集

赤ワインをオレンジジュースなどで割って、果物を入れて冷やして飲む「サングリア」。発祥の地はスペインですが、今ではさまざまな店で見かけますし、いたるところでレシピが紹介されています。 サングリアの作り方はとても簡単で、自宅でも簡単に作れてしまうんですよね。 レシピ紹介サイトでは、「サングリア」と検索すれば、大量のレシピが出てきて、どれを作っていいかわからない人もいると思います。という事で、家ワインがオススメするサングリアレシピを5つご紹介です! また、ワインのアルコール分は15度程度なので、それにフルーツを入れて漬けこむ事は酒税法で禁止されているため、飲む直前に、オレンジジュース等で割って程作って下さい。

失敗しない!ペルチェ式ワインセラー選びのポイント

日本国内で販売されている数多くのセラーも「エンジン」の種類に別けると「ペルチェ方式」、「コンプレッサー方式」、「熱吸収式」の3タイプに分かれます。今回は、この中からペルチェ式ワインセラーについてご紹介します。

夏こそ飲みたい!ワインを使った美味しいカクテルの作り方

ワインをジュースや炭酸水で割った「ワインのカクテル」を知っていますか? ワインが好きな方であれば、あまり飲む機会はないかもしれませんが、夏の暑い日、たまにはワインを何か割ってキリッと冷やして楽しむのもおすすめです。ワインをベースにしたカクテルは比較的飲みやすいので、ワインが苦手な人やワイン初心者にはおすすめの飲み方です。 色々なリキュールやジュースで割って、自分の好きなワインカクテルを探してみましょう。

意外と知らない!レストランでのテーブルマナー

高級レストランに行くと必ず必要とされるテーブルマナーですが、その作法を身につけておいて損はありません。 例えば仕事上での接待、恋人とのロマンチックなデート、どのようなシーンでも活用でき、尚且つあなたの好感度も上げられるとても素晴らしいコミュニケーションの一つですのでぜひ覚えてほしいと思います。

美味しすぎるのに超簡単!混ぜるだけで作れる「まぐろのタルタル」の作り方

帰宅途中のスーパーで買うお惣菜にはもう飽きちゃったという方、今回はお惣菜・お弁当コーナーは素通りし、お魚コーナーへ行ってみましょう。そこで「まぐろのたたき」を見つけたら今夜はこれで決定! 「まぐろのたたき」は、お刺身やお鮨よりずっとお手頃価格で手に入る上に、包丁も骨抜きも必要ないお手軽レシピの強い味方です。そして、この「まぐろのたたき」に、ひと手間加えると、グッとランクアップしてくれます。それが、オリーブオイルと黒コショウです。

大豆たっぷりイギリス風ビーフシチュー

今回は赤ワインにピッタリのビーフシチューを紹介します。ビーフシチューと聞くと面倒そう!って思う方も多いかもしれませんね。実は私もそうでした。でもイギリス風のビーフシチューは切って煮込むだけの簡単な家庭料理。フランス風のお洒落なビーフシチューとは随分雰囲気が違うんですよ~。

インフォグラフィック~家にそろえたい『ワイン三種の神器』~

ビールよりも、チューハイよりも、なんとなくロマンチックな雰囲気を演出してくれるワイン。 でも、いざワインを飲もう!となると、何を準備すれば良いか分からない。 そんなことはありませんか? そんなあなたのために、ワインを自宅で飲むなら覚えておきたいグッズをまとめました。 これからワイン家飲みを始められる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「Animofelice」に行ってきました~女のワイン飯vol.15~

いや~暑くなってきましたね。 2014年もいよいよ、夏に突入です。暑くなってくると飲みたいワインも変わってきますよね。 さて、今回は赤も白も南フランスのワインをお届けします。 夏ですからね、地中海沿岸の夏をワインで味わっちゃいましょう!ということです。 そんな太陽をバッチリと浴びた赤ワイン「Faugeres Mas Olivier Rouge 2010」を持ちまして、ワイン飯シリーズで何度もお世話になっているリストランテ「Animo felice」さんにやってきました。 いつもちょっとした一手間で、レストラン級のワイン飯を教えていただける「Animo felice」さん。 今回はどんな料理を教えてもらえるんでしょう。 ワインのことも良く知ってらっしゃるので、このワインをテイスティングしていただくのも、かなり楽しみです!!!

三宿「kong tong」に行ってきました。~男のワイン飯vol.14~

「男のワイン飯」も今回で第14回目です。 今回は知る人ぞ知る町、世田谷は三宿にやってきました。東急田園都市線の池尻大橋駅と三軒茶屋駅の間に位置する三宿。 三宿交差点から世田谷公園にかけて、フレンチ、イタリアン、和食、バーと飲食店はもちろん、インテリアショップ、アロマショップなどもあり、大人がゆっくりと楽しめる店が多い町ですね。 その中でも、このお店は外せないでしょう。 カフェレストラン「kong tong」さんです。 看板も出ていない雑居ビルの5F、数年前に始めた伺った時には扉を開けるのにドキドキした覚えがあります。 7月にお届けする白ワイン「Faugeres Mas Olivier Blanc 2011」を持って、いざレシピをゲットです!