すべての記事

サッと作れる簡単おつまみ。キノコの赤ワイン炒めのタルティーヌと柿の生ハム巻き

ボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月第三木曜日!今年は11月20日でした。 ショットバーでは11月20日の0時1分に飲む人もいるそうですね。 「ボジョレー・ヌーボー」は、フランス・ブルゴーニュ地方南端に位置するのボジョレー地区が生産地。ガメイ種を使用し熟成期間の短いフレッシュ&フルーティーなワインです。

ワインライフを華やかにしてくれるワインツール ボックス

さて、ボジョレーヌーボーはもう解禁!そのお味はいかがでしたか?これからワインを飲む機会も多くなっていくと思います。そこで、ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA DESIGN STOREで新登場した、ワインを楽しく、そして更に美味しく味わうためのワインツールをご紹介!

和の食材で合わせたいシャンパーニュ

皆さんは最初の一杯って何を選びますか?ビール、赤ワイン、白ワイン、人それぞれかと思いますが、ワイン好きの方であれば、1杯目にスパークリングワインを選ぶ方が多いのではありませんか?思われませんか?私もご多分にもれず、1杯目はスパークリングワイン…出来ればシャンパーニュを飲みたい人間です。

簡単!ボジョレー・ヌーボーにあわせる「3種の和かなっぺ」

11月第3木曜日の20日、今年もボジョレー・ヌーボーの季節がやってまいりました。 「ボジョレー・ヌーボー」とは、フランス・ブルゴーニュのボジョレーで、ガメイという品種から造られる新酒用のワイン。早くリリースできるブドウなので、先駆けてこの時期に出荷されます。今年のブドウの出来は...なんて難しい話は置いといて、「いよいよこの年のフランスのブドウがワインになったんだなぁ~」という喜びを持って抜栓をする、これはとても楽しいものです。

飲むだけでポカポカ!風邪予防になるホットワインの効能

ヨーロッパでは寒くなるとよく飲まれる「ホットワイン」です。<strong>温めたワインにレモンやオレンジなどの果物を入れて、シナモンやクローブなどの香辛料やはちみつを加えた、名前の通り、ワインを温めたお酒</strong>です。これからの季節で活躍してくれるので、作り方を覚えておきましょう!

時代と共に変化してきたBYOマナー

BYOという言葉をご存じでしょうか?たまに落ち着いたバーで出くわす「場違いな酔っ払いのオジサン」の略ではございません。「Bring Your Own」の略で、各自好きなお酒を持ち込んでください(Bring Your Own Bottle)という意味です。

秋冬を感じるセパージュ「シラー」

人によっていろいろあるとは思いますが、赤でも白でも泡でもスッキリしたものよりは、ある程度コクがあるものとか、フレッシュな感じよりは熟成感を感じるものと言った感じになるのではないでしょうか?

「メランジェ」さんに行ってきました~女のワイン飯vol.19~

今回で19回目を迎えた「女のワイン飯」。 ワインを楽しむために一番大事なことはまず健康であることだとよく思うのですが、ワインの楽しさは年をとるほどはまり込み、その逆に年をとればとるほど健康に気を使わなければいけないなんて、皮肉な話だなと最近ふと思ったりしていました。 ワインはやっぱり単体で飲むより、食事と一緒に味わう方が楽しいお酒ですからね。 ワインを飲めば飲むほど、食事も進むわけなのですが、これがまた下っ腹の増幅を助長させているわけですよ。これを続けていると飲めなくなっちゃいますからね、ワインが。 それはマズいということで、今月もいきますよ「女のワイン飯」。 身体に優しい食事をとりながら、ワインを楽しんで行きましょうということです。 今月はですね、ちょっと珍しいチリ産の白ワイン「CREACION  Sauvignon Blanc」を持って、五反田にある「ビストロメランジェ」さんに行ってきました。 さて、どんなレシピをゲットできるのか、楽しみであります!!!

「マル商アリク」さんに行ってきました~男のワイン飯vol.18~

最近はめっきり空の透明度もあがってきて、東京からも富士山が見える日がちらちらやってきました。 町もハロウィンが終わって、もうクリスマスの飾り付けなんかも始まり、暦的には秋なのに、もう気分は冬!にさせられている今日この頃です。 今回の「男のワイン飯」はこの時期から美味しくなる真牡蠣!を求めて、世田谷は松陰神社にある牡蠣の居酒屋「マル商アリク」さんにやってきました。 食材指定でレシピをお願いすることは今までのワイン飯シリーズでは初めてだと思います。 今回はですね、皆さんもご存知の通り、牡蠣と言えば白ワインをあわせることが王道ですけども、赤ワインに牡蠣をあわせれないかという疑問からですね、それであれば、牡蠣の専門店にお願いしてみようということになったわけです。 果たして、赤ワインにあわせて、牡蠣を楽しむことは出来るでしょうか? 11月にお届けする赤ワイン「CREACION  Cabernet Sauvignon」を持って、行ってきましたよ! 結果から言うと、バッチリあう料理を教えてもらっちゃいました。

オーストリア・ヴァッハウ/マッハヘルンドゥル訪問

今回はレシピでなく番外編です!先日オーストリアのワイナリ―を訪問してきたので、そのワイナリー訪問日記をお届けします。 訪問したワイナリーは、以前、ピエロの台所のレシピ「浅利の白ワイン蒸し×グリューナーヴェルトリーナー」で紹介した造り手・マッハヘルンドゥルさんです。...今回は彼のワイナリーを訪問しました。 訪れたのは、ヴァッハウ。ドナウ川沿いに急な段々畑が広がり、世界遺産にも指定されているとても美しい葡萄栽培地域です。

秋の旬果物を使ってアレンジ!柿モッツァレラ

今年の夏、ツイッターで話題になった「桃モッツアレラ」をご存じでしょうか。その名と通り、桃とモッツアレラをあわせて調味料をかけるカルパッチョのようなお料理。とっても簡単なのに、甘みとコクと酸味が絶妙と大人気になりました。