すべての記事

正しく説明できる?シャンパンとスパークリングワインの違い

発泡性のあるワインを全てシャンパンと思っていませんか?シャンパンと言えば、「モエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)」や「ドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)」など高価なイメージがありますが、実はシャンパンはある条件を満たさなければシャンパンと名乗ることで出来ません。 そして、シャンパンが満たす条件を知れば、シャンパン級のスパークリングワインが1,000円台でも買えるので、「シャンパンとスパークリングワインの違い」は覚えておいた方が絶対におトクです。 意外と知らない「シャンパンとスパークリングワインの違い」について、ご紹介したいと思います

イタリアで代表的な黒ぶどう「アリアニコ」の知らない顔

みなさん、あけましておめでとうございます。年末年始はお金を使い過ぎて、なかなかワインを飲めない日々が続いたため、次のコラムに何を書こうか焦っていました。そんなところに試飲会のお誘いをいただき、イタリアの「アリアニコ」と言う品種を使ったワインオンリーの変わった試飲会で出会ったワインをご紹介です。

ワインをカジュアルに!ボルミオリ・ロッコのグラスと簡単にんじんマリネ

はじめまして!「家ワイン」新人編集部員の山本です。 もともとビール&日本酒党のわたくしですが、この度ワインの世界に飛び込んでまいりました。錚々たる執筆陣のなかコラムに参加するのはかなり勇気がいりますが、ワイン初心者の目線で、時々家ワイン舞台裏なども織り交ぜながら、楽しく更新していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

フランスのバレンタインデーはワインで乾杯!

1ヶ月後はバレンタイン。日本のバレンタインと言えば好きな異性にチョコレートを贈ったり、義理チョコや友チョコといったチョコレート交換のイベントとして広まっていますが、実はフランスでは恋人と過ごす特別な1日として定着しているのです。

スパイシーなワインにピッタリ!「スペアリブのトマト煮込み」

今回ご紹介するレシピはお鍋一つでできる簡単料理「スペアリブのトマト煮込み」です。スペアリブを焼いてトマトと煮込みます。バルサミコ酢を加えるのがポイント。味が引き締まりさっぱり仕上がりますよ。旬のかぶも一緒に煮て付け合わせに。ほろりと崩れるくらい柔らかく煮えたお肉は、意外な程脂は気になりません。

ニューヨーク州ワインの旅【ロングアイランド & シティ編】

ニューヨーク州ワイン、今回は、ロングアイランドとマンハッタンやブルックリンなど中心地のお話を...まず、マンハッタンから車で2時間。ロングアイランドから紹介しましょう。 ブティック・ワイナリーが60以上も連なるこのエリアは「アメリカのボルドー」とも言われ、ブドウ品種ではメルローに定評がありました。近年ではカベルネ・フランが注目されているほか、ソーヴィニヨン・ブランやアルバリーニョ、トレッビアーノ、さらにはスパークリング・ワインへの挑戦も盛んになっています。

余ったおせち料理をおいしく変身♪黒豆クリームのカナッペ

お正月用に用意したおせち、冷蔵庫にちょっとだけ余ってませんか?賞味期限が切れてしまう前に、美味しくリメイクしちゃいましょう!煮しめや海老の旨煮・柚庵焼きなど、おせちに一番多い甘辛い味つけの物は、シンプルに混ぜご飯にしたり、レタスにのせてマヨネーズをかけたり、ホワイトソースに加えてグラタンにしたり。蒲鉾やなるとは、おでんや鍋、野菜炒めに。なますや甘酢は、唐揚げや焼き鮭にのせれば南蛮漬け風に楽しめます。