お届けするワイン

一度のお申し込みで、毎月届くワイン定期購入サービス

スパイストレイル ロゼ
スパイストレイル ロゼ

首都ブタペストより北東80km、マートラ山脈南部の日当たりのよい斜面に位置するワイナリーで、700年以上のワイン醸造の歴史を持ちながらも最新の技術を駆使していることから近年ブダペストのワイン賞で“The Best Winery in Hungary”として評価されています。

ピノ・ノワールは味わいにフレッシュなラズベリーや野イチゴのフレーバー、綺麗な酸を与え、ケークフランコシュは完熟した果実、森の香りを与えます。

豊かかつフレッシュな赤い果実の香りがワイン全体の繊細なベリー系アロマと調和され、最後にほんの少し甘みを感じます。

ロゼワイン(辛口・ライトボディ)
産地:ハンガリー、北ハンガリー地方
品種:ピノ・ノワール80%、ケークフランコシュ20%
年度:2012年
飲み頃温度:8度
相性料理:ベトナム風生春巻き、エビチリ

紫貴あきのテイスティングコメント

ワインエデュケーター「紫貴あき」

ロゼワインの醍醐味はその美しい外観にあります。ほんのり柔らかいピンク色には無条件で気分を高揚させる効果があります。今回はハンガリーで造られた珍しいワインで「ピノ・ノワール」を主体として、「ケークフランコシュ」という同国で古くから親しまれている土着ブドウ品種をブレンドして造られたものです。 淡いチェリーピンク。野いちごの香りを中心とし、レッドペッパーなどのスパイスの香りがフワリと立ちあがります。辛口で、比較的ロゼにしてはしっかりとした飲み口です。通常ワインは香りが強すぎるものに合わせにくいと言われていますが、ワイン名「Spice Trail」が示唆しているように、香辛料やガーリックがしっかり利いたお料理にも合わせることができるワインです。父の日のスペシャルメニューにスタミナ満点のガーリックが効いた料理を作って、ワインと一緒にもてなしてみては!?
テイスティング動画を見る

月刊「女のワイン飯」

「白身魚のみょうがカルパッチョ」 「白身魚のみょうがカルパッチョ」 今回レシピを提案いただいたのはフレンチワイン居酒屋「BOOZE」さん。星付きフレンチレストランで修行したオーナーが、手軽にワインを楽しんでもらうコンセプトではじめたお店です。
ワインを気楽に楽しみたい!でも、料理は美味しいところがいい!そして、安いところがいい!という人には本当におすすめのお店です。
スペシャルレシピはこちら

チャペル・ヒル ソーヴィニヨン・ブラン
チャペル・ヒル ソーヴィニヨン・ブラン

産地であるチャペルヒルは、中央ヨーロッパ最大の湖バラトン湖の南に広がるバラトンボグラー地区を統率するワイナリー、バラトンボグラーワイナリーが生産するブランドのひとつです。チャペルヒルの名前は、トルコ支配の終わりを記念して19世紀に町の小さな丘に建てられた、青色と赤色に彩られた2つのチャペルに由来しています。

バラトンボグラーワイナリーでは、国際的なノウハウを畑やワイナリーに取り入れながらハンガリーの伝統と併せて最高のワイン造りを営んでいます。

フレッシュな柑橘系の果実に、白桃を思わせるアロマがあり、全体にフルーティーで、すっきりした仕上がりで、この季節にピッタリのワインです。

白ワイン(辛口、ライトボディ)
産地:ハンガリー、ノーザン・トランスダニュービア地方
品種:ソーヴィ二ヨン・ブラン 100%
年度:2011年
飲み頃温度:8度
相性料理:オクラのポン酢和え、サヤインゲンの炒め物、カリフォルニアロール

紫貴あきのテイスティングコメント

ワインエデュケーター「紫貴あき」

「ハンガリーでワイン?」。驚かれた方も多いでしょう。この地のワイン造りの歴史は案外長くローマ時代までに遡ることが出来ます。ワイン名の「Chapel Hill(礼拝堂の建つ丘)」はヨーロッパ最大のバラトン湖の湖畔にそびえ立つ礼拝堂に由来しています。 外観は淡い黄緑色。搾りたてのライムやスダチ、若草を思わせる清々しい香りです。辛口で口の中が洗い流されるような爽やかな酸味。初夏のガーデンパーティで新緑を愛でながら食前酒として飲みたいワインです。食中に楽しむならカリフォルニアロールや、オクラやサヤインゲンなどを食材に使ったさっぱりした食事と合わるのもオススメです。
テイスティング動画を見る

月刊「男のワイン飯」

ホタテとミニトマトのミ・キュイ 「ホタテとミニトマトのミ・キュイ」 今回レシピを提案いただいたのは「Le Bonheur」さんは、地域に愛されている温かいフレンチレストラン。お任せでお願いできるコースは季節感を存分に楽しめ、シェフの気持ちが込められた料理一品一品にこのお店の味を堪能できます。
スペシャルレシピはこちら

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。