お届けするワイン

今月のワインセット【Red】パガーニ・デ・マルキ モンタレオ  【White】ロイヤル トカイワイン ドライミュスカ

一度のお申し込みで、毎月届くワイン定期購入サービス

パガーニ・デ・マルキ モンタレオ
パガーニ・デ・マルキ モンタレオ

2001年が初ヴィンテージの、イタリアにおいてはかなり新しいワイナリーです。 マレンマ近郊、カサルヴェッキオでは近年紀元前のネクロポリスが発掘されており、オーナーは古代エトルリアとの繋がりを非常に大切に感じ、多大なインスピレーションを受けたといいます。

色は濃い目のガーネット。熟したブラックベリーなどの香りに甘いニュアンスが漂います。 タンニンは柔らかで喉越しも良く、後味までフルーティで豊かな風味が広がる現代的なサンジョベーゼ・ブレンドです。

赤ワイン(辛口・ミディアム~フルボディ)
産地:イタリア トスカーナ州 DOCモンテスクダイオ(トスカーナ海沿い)
品種:サンジョヴェーゼ70%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、メルロ15%
年度:2010年
飲み頃温度:16~18度前後
相性の良い料理:ラザニア、トリッパの赤ワイン煮込み

紫貴あきのテイスティングコメント

ワインエデュケーター「紫貴あき」

イタリア、トスカーナ州はフィレンツェを中心に栄えた歴史の長い産地です。芸術、文学、食などのあらゆる方面で成功をおさめた華のある土地です。なかでも今回のブドウ品種サンジョヴェーゼからは「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」や「キアンティ・クラシッコ」に代表される有名ワインが造られてきました。 濃い紫がかった赤色。チェリーなどの種の大きなフルーツにブラックオリーブのような香りです。辛口でアルコール度数はやや高め。強めの渋みが歯茎に感じられますが、柔らかく心地の良い印象です。芳醇な果実味を感じられるワインなので、ラザニアやトリッパの赤ワイン煮込みなどしっかりとした味付けの料理に合わせるのがおすすめです。
テイスティング動画を見る

月刊「男のワイン飯」

「真夏のトマトそうめん」 「真夏のトマトそうめん」 今回レシピを提案いただいたのは「料理屋こだま」さん。素材の味をいかした創作和食は驚きと感動を感じられ、見た目、味、全てをもって芸術とも呼べる域にあり、ミシュランガイドで二つ星の評価を得る。落ち着きを感じられる店内に広がるオープンキッチンからは調理の全てが見られ、料理を口に運ぶまでの全てを楽しめます。
スペシャルレシピはこちら
ロイヤル トカイワイン ドライミュスカ
ロイヤル トカイワイン ドライミュスカ

1990年にハンガリーで設立されたロイヤルトカイは、トカイワイナリーの中でも代表的な存在になりました。ロンドンオリンピックのVIPオープニングセレモニーでは500本のロイヤルトカイワインがもてなされていたそうです。
ワインの評論家であり、ロイヤルトカイの共同設立者であるヒュージョンソン曰く”天使にさえ賞賛の歌を歌わせる”ワインであると評価しています。

芳醇なミネラルの風味と新鮮さが完璧に調和していて、この品種の個性とアロマを引き出しています。アペリティフとして、またオードブルや軽食と共に冷やしてお召し上がり下さい。

白ワイン(辛口、ミディアムボディ)
産地:ハンガリー トカイ
品種:ミュスカ100%
年度:2011年
飲み頃温度:7度
相性の良い料理:フルーツサラダ、焼きとうもころし

紫貴あきのテイスティングコメント

ワインエデュケーター「紫貴あき」

「ロイヤル・トカイ」はハンガリーを代表する造り手で、クリーンで洗練された味わいのワインを世界中に送り出しています。ロンドンオリンピックのVIP対象のオープンセレモニーでも同生産者のワインが500本以上振舞われました。 淡いレモングリーン。香りのボリュームが非常に豊かで、グラスに鼻を入れなくともその芳醇な香りを感じることができます。熟した夕張メロンやマスカットのようなフルーツ。また白いバラのブーケを手にした時のような芳しさです。口に含むと「甘口か?辛口か?」と迷ってしまう程のわずかな残糖を感じます。 冷やして飲むことによって、このワインの良さがさらに引き立てられます。暑さのひと段落した夏の夕方にバルコニーで涼みながら飲むのもロマンチックです。
テイスティング動画を見る

月刊「女のワイン飯」

白身魚の白ワインヴァプール 「白身魚の白ワインヴァプール」 今回レシピを提案いただいたのは「Omamori」さん。中目黒は目黒川沿いの好ロケーションにあるビストロ。桜の季節はもちろんのこと、四季を通して、季節を感じられ、季節に合わせたフレンチとワインを手軽に楽しめます。店内にはイラストが手描かれ、オシャレすぎないオシャレ感がちょうど良く、いるだけで楽しい雰囲気を味わえます。
スペシャルレシピはこちら

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。