お届けするワイン

季節のワインセット【White】ファルツ ブラン・ド・ノワール Q.b.A ファインヘルプ 【Red】トゥー・クザン ラ・ヴリュ・エ・ル・パピヨン
ファルツ ブラン・ド・ノワール Q.b.A ファインヘルプ 2015
ファルツ ブラン・ド・ノワール Q.b.A ファインヘルプ 2015

「ヘレンベルク・ホーニッヒゼッケル共同醸造所」は1903年設立の歴史あるドイツで大きい規模の協同組合です。バートデュルクハイムにある単一畑「Herrenberg」と「Honigsackel」がこの醸造所の名前の由来になっています。以前は20以上の生産者が集まっていたのですが、組織を簡素化して品質向上を目指そうとの理由から、現在は11の生産者が集まり、合計200haを所有し、昔ながらのドイツで栽培されていたブドウや新しい海外品種を含め約40種類のブドウ品種を栽培しています。

ドイツで栄誉ある「Grosser Preis」(農産物大賞)の受賞をはじめ、国内外での受賞も数多く、 またイギリスを中心に海外への販売でも 成功を収めており、そのクオリティは国内外で高い評価を得ています。 ドイツでは小規模生産者が多いため協同組合のシステムが非常に発達し、多くの協同組合が高レベルのワインを生み出しています。

白ワイン(やや辛口、ライトボディ)
産地:ドイツ、ファルツ地方
品種:シュペートブルグンダー
年度:2015年
飲み頃温度:8度前後
相性料理:ソーセージ、プレッツェル

紫貴あきのテイスティングコメント

ワインエデュケーター「紫貴あき」

ドイツは北緯47~52度に位置する北限の産地です。その緯度の高さゆえ、夏でも冷涼でブドウ栽培においてしばし忍耐が要されることもあります。しかしその涼やかさを生かし、世界に追随させないエレガントで華奢なワインを産出しているのです。ラベルのフランス語「Blanc de Noir」は「黒の白」という意味で、その名の通り黒ブドウ品種から造られた白ワインです。一般的には白ワインは白ブドウから醸造されることを思うと、少し珍しいワインと言うことが出来ます。

濃い黄金色。蜜リンゴ、黄桃などの甘いフルーツに、かすかに赤系フルーツが香ります。スイカズラのような甘い花のニュアンスもゆらりと優雅にグラスから立ち上がります。ほんのりとわずかな残糖を感じますが、豊かな酸が背後にあるので、甘さがべとつかず良好なバランスです。フィニッシュにわずかに感じる心地よい苦みは、黒ブドウの果皮由来でしょう。甘味と塩味は最高の組み合わせとして知られています。ソーセージやプレッツェルと組み合わせれば、ドイツの雰囲気を満喫できそうです。

テイスティング動画を見る

今月の白ワインレシピ

たらことミモレットのスクランブルエッグ 「たらことミモレットのスクランブルエッグ」調理時間は10分も掛からないお手軽レシピです。ほんのりと僅かに残る甘みが塩気、そしてワインの酸味がよく調和するので、ぜひワインと合わせてみて下さい。
スペシャルレシピはこちら
トゥー・クザン ラ・ヴリュ・エ・ル・パピヨン 2014
トゥー・クザン ラ・ヴリュ・エ・ル・パピヨン 2014

自然派ワインの天国のような、北ローヌ、アルディッシュ地方を拠点とするシルヴァン・ボックの弟子メリル・クロワジエールが営むドメーヌです。メリル・クロワジエールの2人のお祖父さんは共にぶどう栽培家で、幼い時からワインは身近な存在でした。ある年いつもの様に収穫と醸造の手伝いをしていた時、突如として彼はワインの魅力に引き込まれ、以来、ワイン醸造士の国家資格を取得し、アルディッシュの大御所マゼルを始め、各地で経験を積み2012年にドメーヌを設立しました。

畑は全てビオロジック栽培、天然酵母での発酵で、濾過・清澄はせず、SO2も殆ど、或いは全く使用していません。熟したダークチェリーのフレッシュな果実味いっぱいの飲み口。味わい濃密でボリューム感があるものの、スルスルと喉を滑り落ちます。自然派理想郷で脈々と受け継がれ発展してきた、まさに旬の生産者が造った旬のワインです!

赤ワイン(辛口、ミディアムボディ)
産地:フランス、ローヌ地方
品種:シラー
年度:2014年
飲み頃温度:18度前後
相性料理:白レバーのパテ、サラミ

紫貴あきのテイスティングコメント

ワインエデュケーター「紫貴あき」

フランス北ローヌ地方は、ここのところ「ナチュラリストの楽園」とも言われ、チャレンジ精神旺盛な自然派生産者が続々と誕生しています。このパピヨンも若干30歳のメリル氏が手掛けるもので、ローヌの自然派ワインの大御所での修業を経て同ワイナリーを立ち上げました。天然酵母でのアルコール発酵、酸化を食い止める二酸化硫黄も殆ど使用しません。

やや濃いルビー。香りにはカシスなどの小粒のフルーツに牡丹の花。スパイスやなめし皮のようなワイルドな印象がチラリと見え隠れします。辛口で、穏やかな酸。なめらかな渋みでありながら、しっかりと芯があります。暑さがひと段落した休日に、大振りのグラスに注いで、ゆっくり香りが広がるのを楽しみたい1本です。パテやサラミなどと気軽に合わせてみませんか。

テイスティング動画を見る

今月の赤ワインレシピ

鶏レバーとキノコの黒胡椒風味 「鶏レバーとキノコの黒胡椒風味」ローリエ、タイムを加えて煮るので臭みもなく、ブラックペッパーでスパイシーな味付けにしたので、シラーとの相性もバッチリです。ご飯もすすむので、夜ごはんの絶品おかずにも最適です!
スペシャルレシピはこちら

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。