「おすすめワイン」のまとめ

イオンリカーで見つけた!世界中で絶賛を受ける自然派ワイン

今回はイオンリカーに行って美味しいワインを探してみました。まずは、イオンリカーの品揃えには驚かされました。リーズナブルなワインから高級品まで様々な種類が置いてありました。この品揃えだと、1日いても飽きませんね。 さて、今回はイオンリカーで見つけたワインをご紹介です。 エミリアーナ ナチューラは価格が安いところも魅力ですが、もう1つ素晴らしい点が…それは100%有機栽培のブドウを使用してワイン造りをしていること。しかもIMO(スイス有機栽培認証機関)認定ブドウ

値段も手軽でデイリーワインにぴったりのアルパカワイン

最近スーパーなどでよく見かけるアルパカのワインがあります。値段も価格が680円とかなりお買い得です。お店によってはもっと安くなっていますよね。 あまりの安さに少し疑いを持っていましたが、飲んでみたらおいしかったこのワインを今回はご紹介します。 色は淡いイエローで、グレープフルーツ、青リンゴなどのフレッシュで瑞々しく爽快な香りが広がります。フレッシュな酸味が広がり、グレープフルーツやライム、南国の柑橘系のような酸味がしっかりあるけれど甘みもある味わいが広がります。余韻はそこまで長くはないけれど、雑味や嫌な感じのしない明るいワインです。

ブルゴーニュのピノ・ノワールの真髄!とっておきの大切な日に飲みたい1本

今日は銘醸地ブルゴーニュにおいて、最高の評価を与えられている生産者のワインをご紹介いたします。高価なワインなので、とっておきの大切な日にお薦めの1本です。数多くの高級赤ワインを産するブルゴーニュはコート・ド・ニュイ地区モレ・サン・ドニ村に居を構える生産者ポンソはこの村の特級畑クロ・ド・ラ・ロシュとクロ・サン・ドニの最大所有者としても知られています。そのワイン造りは独特で、一番の特徴は新樽を全く使わないことです。

初心者にお薦め!ナチュラルローソンで見つけたワイルドな「ジンファンデル」

久しぶりに行ったナチュラルローソンのワインコーナーを見てビックリしました。 棚には数10種類以上のワインが並んでいて、置いている産地も様々...いつの間にここまで充実した品揃えになっていたのでしょうか?今では町の酒屋さんよりも、コンビニエンスストアの方が多くの種類があります。 そんな中、ひと際目をひくラベルのワインをご紹介します。

青リンゴのような爽やかさ!モーザック種の優しい泡「ランジュ・ルー・2013」

暑い日が続くので、今回も泡物で攻めさせていただきます!今回紹介するワインはこちらです。私が感じた今年の夏のNo. 1ワインです。ここだけの話ですが1ケース買ってすでに半分飲んでしまいました。果たして夏の終わりまで持つのやら…そのくらい?お気に入りのワインです。

ナチュラルローソンで見つけた南アフリカの新酒「ケープヌーヴォー」

ナチュラルローソンって意外にワインの品揃えが良くとても安くていいものが沢山ありますが、今回は最近ナチュラルローソンに行って見つけた南アフリカ産の新しいワインを紹介したいと思います。ヌーヴォーといえば新酒という意味で、ボジョレー・ヌーヴォーがもちろん有名ですが、他の地域や他の国でもヌーヴォーは造られています。ちなみにイタリアではノヴェッロといわれています。

リースリング100%の泡「ホームクリーク ワイパラ スパークリング・リースリング」

今回も前回に引き続き、暑い季節にぴったりのワインをご紹介します。最近の暑さから、スパークリングワインの紹介が続くかもしれません。さて、今回のワインは2013 ホームクリーク ワイパラ スパークリング・リースリング初めてご紹介するワインは、ニュージーランドのワインです。ニュージーランドは北島と南島に国土が分かれますが、今回紹介するワインの産地ワイパラは南島。ニュージーランドは南半球なので、南に行くほど涼しくなります。

富士山麓の湖、赤池より採取された幻の酵母で造った奇跡のワイン

近頃注目度が上昇中の日本ワインですが、その日本産のワインでキセキ、幻という名がつくロマン溢れるワインを見つけたのでご紹介します。 富士五湖の精進湖の南東に、数年に一度出現する湖があります。それは赤池という直径70mの小さい湖ですが、近年では2004年、2011年に出現しています。 山梨大ワイン科学研究センターの柳田教授は、この幻の湖・赤池からワイン酵母のサッカロマイセス・セレビシエと同種の酵母を発見し、培養に成功しました。教授は2004年には採取に失敗し、2011年の再挑戦でやっと成功したそうです。

価格以上のクオリティを体感!上質なイタリアワイン「ソアヴェ ボルゴレット」

なかなかワインに手が伸びづらい季節になってきましたが、ワインが好きな人間からすれば季節なんて関係ありません。私も皆さんに「知ってよかった」と思えるワインを紹介していきます。今回紹介するワインはこちらです。2013 Soave "Borgoletto" / Fasoli Gino 聞いたことがある方も多いかもしれませんが、今回紹介するワインは、イタリアを代表する辛口ワイン「ソアヴェ」です。実は私が初めて飲んだ辛口ワインはソアヴェでした。世界中に遍く知られている有名なワインと言っていいでしょう。

黒い乙女、白い乙女から造られるルーマニアワインを飲んだことありますか?

皆さんはルーマニアワインを飲んだことはありますか?ワインというとイタリア、フランスがヨーロッパでは思い起こされますが、ルーマニアもワイン生産国としてすばらしい国の一つなので、今回はルーマニアワインについてご紹介いたします。ルーマニアはブルガリア、ハンガリー、ウクライナ、モルドヴァ、黒海に囲まれた東欧の国の一つです。

冷涼でエレガント!例外的に素晴らしいスペインワイン「バホンディージョ」

今回は私にあまり馴染みのないスペインから驚くワインを発見したのでご紹介します。スペイン最大のワイン産地カスティージャ・ラ・マンチャ州の北端、首都マドリードの西南部にあるメンドリタ村…この地は長年共同組合による生産が主で高級ワインは殆ど作られていなかったと言うことなのですが、最近意欲的な若手生産者が出てきて、世界中のワイン関係者の関心が高まってきています。

ワイン好きの女性はビールの代わりにシードルでオシャレに乾杯!

夏になるとビアガーデンに行きたくなりますが、ワイン好きの方はシードルで暑気払いもおしゃれで素敵です。シードルといえばりんごのビールのことですが、やや甘めのものから辛口まであります。最近はどれも味わいがしっかりとしていておいしいものが多いです。そんな中で、最近一番おいしかったシードルはリュー・ド・ヴァンが造っているシードルです。

セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」をテイスティング!

前回の「セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート」をテイスティング!</a>」に続いて、今回もセブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート・コレクション」を小野沢さんにテイスティングしていただきました。それでは、小野沢さんにテイスティングを行っていただきます。

セブン&アイ限定ワイン「コッパーエステート」をテイスティング!

今、プライベートブランドのワインが注目を浴びているそうです。プライベートブランドのワインが市場に出回った事で、ワインを飲み慣れない層が気軽に飲むようになり、全体的なワイン需要が底上げされているそうです。また、イオン・トップバリュでは、リゴルエクセレンシア ブリュットが980円という価格にも関わらず、SAKURAワインアワードにて金賞を受賞...今や「プライベートブランド=美味しくない」というイメージは払拭した方が良いかもしれません。

白だけじゃない!赤も凄いぞ!ファミリーマートのワイン

今回は前回と同じくファミリーマートのボルドーワインを紹介させていただきます。2012 フォール・デュ・ミライユ名前は全く同じですがこちらは赤ワイン。ボルドーの赤ワインと言えばカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローと言った品種が有名ですね。もちろんこのワインもそれらの品種を使用して造られる正真正銘(?)のボルドーワインです。

春雨サラダ、パクチー添えと一緒に!パクチーに合うワイン

暑くなってきて、白ワインのおいしい季節になってきましたね。飲み物だけではなく、食事も軽いものや心地よく食べられるもの、冷たいものが食べたくなってきますね。 今回は家で簡単に作ることもできれば、コンビニやスーパーなどで売っている定番のお惣菜の「春雨サラダ」とそれに合わせたいワインの紹介です。

軽快にシュワッと爽快!緑のワイン「ヴィーニョ・ヴェルデ」

赤でもない、白でもないワインと言えば、ロゼワインが思いつきますが、ポルトガルでは、「ヴィーニョ・ヴェルデ」という緑のワインがあるのをご存知ですか?この「緑のワイン」は、ポルトガル北部の緑豊かな土地で造られる、若い微発泡ワイン。ワインのヴィーニョ・ヴェルデの意味は、ヴィーニョ=ワイン、ヴェルデ=緑、なんですが、ポルトガル語でヴェルデとは、「未成熟な、若々しい」という意味もあるので、「若々しいワイン」という意味も持ち合わせいます。