「カベルネ・ソーヴィニヨン」のまとめ

1回で自分好みのワインが解る?!赤・白それぞれ品種で5本飲み比べてみよう!

ワインは種類が豊富なので、「どのワインを選んでいいか分からなかった」という経験はありませんか? まずは自分が好きな味を見つけることが大事ですが、自分好みのワインを探すために一番簡単な方法は、「異なる品種のワインを数種類、飲み比べること」です。 今回は、ワイン選びで悩んでいる方にピッタリの飲み比べ方法と、飲み比べに最適なブドウ品種を、赤ワインと白ワインをそれぞれ5種。そして、品種ごとにおすすめのワインも一緒に紹介します!

日本ワインブランド「サントネージュ」から特撰シリーズが7月19日より数量限定販売

アサヒビール株式会社は、日本ワインブランド「サントネージュ」の上級バージョンとして特撰シリーズの6アイテムを2017年7月19日(水)より全国で数量限定新発売します。 サントネージュ 山梨県に位置するワイナリー、サントネージュワイン(株)で製造した日本ワインブランドサントネージュは2017年4月より、ぶどう産地や製法別にシリーズ化した「産地シリーズ」、「アッサンブラージュシリーズ」、「スパークリングシリーズ」を発売開始しました。今回は、山形県と山梨県で、特に優良なぶどうを産出する限定畑のぶどうを100%使用したワンランク上の「特撰シリーズ」として6アイテムを発売します。 日本ワインは、品質の向上と共に人気が高まり、2016年は国内製造ワインのうち約2割弱を占めています。甲州、マスカット・ベーリーAなどの日本固有の品種に加え、シャルドネ、メルローといったワイン専用品種を使った多様なワインがつくられ、日本の伝統的な料理と同じく繊細さが強みです。アサヒビール(株)は、新ブランド「サントネージュ」を、国産ワインのフラッグシップブランドと位置づけ、本格的で高品質な日本ワインとして拡販していきます。

【赤ワイン編】ソムリエが飲み比べ!人気の動物ラベル3種のお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、赤ワイン3種類を飲み比べてみました!いずれもチリ産で、カベルネ・ソーヴィニヨンが使われており、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

チリ名門ワイナリーの「サンライズ スパークリング スペシャルパック」を数量限定で発売!

メルシャン株式会社は、チリの名門ワイナリー、コンチャ・イ・トロ社が造る「サンライズ スパークリング」からワインクーラーとしても使えるオリジナルバックに入った「サンライズ スパークリング スペシャルパック」(白・ロゼ 各750ml)を全国で数量限定で6月27日(火)より発売開始します。 太陽がデザインされた明るいパッケージの「サンライズ スパークリング」を、野外でもぴったりの涼しげなデザインのオリジナルのアイスバックに入れて発売することで、冷やしたスパークリングワインの飲用を提案し、夏のワイン市場を活性化します。 「サンライズ スパークリング スペシャルパック」について 「サンライズ スパークリング」「同・ロゼ」をプレゼント用のバッグとしても、パーティなどで氷を入れてワインクーラーとしても使用できるオリジナルワインバックに入れました。

「ワールドセレクション」 発売から2ヵ月にして累計販売数量3万箱(40万本)を突破!

メルシャン株式会社が製造・販売する、産地(原産国)、品種(セパージュ)、品質(メルシャンの知見を生かした技術力)、分かりやすいパッケージデザインにこだわった輸入デイリーセパージュワインシリーズ「ワールドセレクション」(2種)の累計販売数量が2か月にして年間販売予定数の3割(年間目標10万箱)を達成しました。2月14日(火)の発売から2ヵ月となる4月中旬に3万箱(40万本)を突破したことになります。

「ニュートン」よりシングル ヴィンヤードワイン3種のカベルネ ソーヴィニヨンを発売開始!

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社は、取り扱いの「NEWTON(ニュートン)」より、3つの単一畑(シングルヴィンヤード)から造られた3種類のカベルネ ソーヴィニヨン「スプリング マウンテン」、「ヨーントヴィル」、「マウント ヴィーダー」を2017年4月6日より順次、全国主要百貨店等にて販売開始します。 カリフォルニアのアンフィルタードワインの第一人者であるニュートンは、ナパ ヴァレーにどこよりも早く定着したワイナリーです。1977年の創設以来、ニュートンが掲げるワイン造りの哲学は、自然と調和した「サステイナブル(環境保全型)農法」です。当初はブレンドされるために作られていたワインでしたが2014年、新しい醸造責任者により各土地ごとのワインに個性とポテンシャルを見出し、3つの畑それぞれでできたカベルネ ソーヴィニヨンを世に送り出してきました。

夏はキリッと冷やそう!ロックで飲める美味しいワイン「カルロロッシ」

最近、コストパフォーマンスが高いということでチリワインが人気ですが、実はアメリカも日本国内へのワイン輸入量が上位に入るほど人気のワイン大国で、コストパフォーマンスが高いワインが多く生産されています。 アメリカの約9割のワインがつくられているカリフォルニア州の中心的な銘醸地「ノース・コースト」は、マヤカマス山脈を始めとする山々に囲まれていて寒暖差が激しく、果実味豊かで高品質なブドウが育ちます。また、ワイン造りの土壌に恵まれただけでなく「歴史のフランス、研究のアメリカ」と言われるように美味しいワインを造るために多くの研究を重ね、カリフォルニアの豊かな特色をワインに取り入れることでワイン大国へと発展しました。

地元フランスで大人気!デイリーにおすすめのボルドーワイン「バロン ド レスタック」

皆さんはボルドーワインに対して、どのようなイメージをお持ちですか?やはり「高級なワイン」とイメージされる方が多いのではないでしょうか? ボルドー地方は、フランスの南西、大西洋岸に位置するワインの銘醸地として名高いワイン生産地で、その深い味わいから「ワインの女王」とも称されます。また、「グランクリュ」と呼ばれる格付けによって等級付けられ、五大シャトーのような高級ワインがあります。 しかし、高級なワインばかりではなく、実は気軽に楽しめるリーズナブルなものまで、幅広く生産されています。

5大シャトーの知識と技術が注がれたチリワイン「ロス・ヴァスコス」

低価格にも関わらず上品さも兼ね備えていて、ファミリーマートでは手頃な500mlサイズが売られているチリワイン「ロス・ヴァスコス」をご紹介します。「安くて美味しいワイン」と言えばチリワイン!というイメージは既に定着しています。コストパフォーマンスに優れていて、コンビニやスーパーで気軽に買えるのも魅力の1つです。 チリにはワイン造りに適した土地があります。まず、フンボルト海流が海岸に沿って南極側から北半球へ向かって流れ込み、それによって適度な果実味、適度な酸や熟成に必要な要素がしっかりと取れるブドウが出来上がります。

ボルドーワインと合わせて欲しい!「うまい棒 めんたい味」

キングオブ駄菓子!うまい棒。濃い味ですが、特に明太子の味はしませんね(笑)まぁしないほうがワインには合わせやすいですけどね。 何を合わせようか少し悩んだのですが、味の方向を揃えて濃いめのワインを。あえてのボルドーを合わせてみたら、意外にケンカしないので驚き! フランスのワイン2大産地であるボルドーとブルゴーニュですが、ブルゴーニュワインが単一品種のみで造られるのに対し、ボルドーワインは複数品種をブレンドして造られ、そしてそのほとんどがカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローを主体とした赤ワインです。