「ドイツ」のまとめ

厳しい寒さから生まれた「奇跡のワイン」アイスワインとは?

アイスワインって聞いたことありますか?アイスワインは甘口ワインの種類の一つです。聞いたことがあっても何か知らない人や、なぜ甘口なのか解らない人も多いと思います。ワインが飲めなくても、アイスワインを始めとする甘口ワインなら飲めるという人も多いので、この機会に覚えてみませんか? アイスワインとは 簡単に言うと氷結したブドウから造られるワインが、アイスワインです。ではなぜ凍ったブドウから造ると、甘いワインができるのでしょうか? アイスワイン用ブドウは、氷点下8度くらいまでブドウが凍るのを待ちます。ブドウが凍ると水分も一緒に凍ります。圧搾する時には糖分がまだ凍っていない部分へ行き、水分は凍ったまま残ります。果汁が凝縮されて濃度が高まった部分を圧搾するので、とても甘いジュースを搾りだすことができます。 国によって細かい決まりはあるものの、この方法で造られたワインがアイスワインです。最初にアイスワインが造られた国はドイツです。とても寒かった年に凍ったブドウでもワインを造れないかと考え、偶然できたのがアイスワインです。

フルーティで爽やかなフリザンテ!マリエンゴールド・リースリング・フリザンテ

本日は私も初めて見る珍しい?ドイツの微発泡ワインをご紹介します。 「フリザンテ」とはイタリア語で「微発泡ワイン」を指す言葉(フランス語ではペティアン)。なぜドイツのワインにイタリア語表記があるのでしょうか?その謎に惹かれて思わず買ってしまいました。もちろんそれだけではなく色がキレイだったのも購買理由の1つ。 アルコールは低めの10.5%。「Dry」とありますがやや甘口。外観は穏やかな泡立ちの淡い黄色。香りはリースリング特有の石油っぽい香り(ペトロール香)がしっかりしていい感じ!

イタリアの中のドイツ?トレンティーノ・アルト・アディジェ州のワインとは?

トレンティーノ・アルト・アディジェは、イタリア最北端の州で優良なワインを生産している地域です。スイス、オーストリアに接する北部アルト・アディジェ地区と州都トレンティーノがある南部トレンティーノ地区に分けることができます。 州の土地の約85%を山岳地帯が占め、世界中からトレッキングやスキーを目当てに多くの人が訪れるほど有名な地域で、州の中心をアディジェ川が流れ、その周りでワインが生産されています。