「パスタ」のまとめ

シチリアを味わい尽くそう!ツナとオリーブの冷製レモンパスタ

暑くなってくると、サッパリしたものが食べたくなりますよね。今回はイタリア、シチリアの白ワインに合わせて作れる、簡単でさわやかな冷製パスタをご紹介します。 シチリアはイタリア最南端の地中海に浮かぶ一番大きな州で、 グランブルー、ゴットファーザー、ニューシネマパラダイス等の映画のロケ地としても有名な場所です。 海にかこまれ、陽射しがたっぷり降り注ぐシチリアは、いわしやカジキマグロなどの新鮮な海の幸、トマトやオリーブ、レモンやオレンジの柑橘など、とにかく美味しい食材の宝庫です! ワインに関しても、フレッシュな白から長期熟成の赤ワインまであり、ワイン産地としても注目されています。ワインにアルコールを加えた酒精強化ワインの「マルサラ酒」や、レモンのリキュールの「レモンチェッロ」もシチリアの特産品です。 シチリアのお料理は茄子やトマト、セロリ等をワインビネガーで甘酸っぱく仕上げた煮込み料理や、いわしのパスタ、いわしに松の実やレーズンを詰めて揚げ焼きしたべッカフィーコが有名です。 シチリアにはレモンパスタもあるようです。 バターやチーズを入れてクリーミーなパスタにレモンを絞ったり、イタリアのマンマの手づくりパスタは各家庭で加える素材や味が異なるようです。 今回は、イタリアのマンマの手づくりパスタをアレンジ!オリーブオイルと塩、レモン味のパスタにツナとオリーブを混ぜた3ステップの簡単な冷製パスタにしてみました。 暑い日に食べたいさわやかな味わいです。

ソースはレンジ、パスタは茹でず!手軽に作れる本格ラザニア

クリスマスや年末が近くなり、ホームパーティーの機会も多くなるこの時期。大きな器で焼き上げられたラザニアは豪華に見え、ゲストに喜ばれるためオススメのパーティー料理です。しかし、ラザニアは手間がかかるイメージがありませんか? そこで今回は、ホワイトソースとミートソースは電子レンジ、パスタは茹でずに乾燥のままソースと重ねるだけ!お手軽に作れる本格ラザニアのレシピをご紹介します。

ワインを楽しむときは「盛田 トリュフソース」でお料理をワンランクアップ!

フランス料理やイタリア料理の香りづけに使われる、三大珍味「トリュフ」。家庭で使うのはちょっとハードルが高いのですが、最近ではトリュフオイルやトリュフ塩など、トリュフの香りを手軽に取り入れられる商品が続々と開発されています。 いずれにしても「洋」のイメージでしたが、日本の食卓にグッと近づける「しょうゆテイスト」のソースが登場したのでご紹介します。

もちもち生麺は家でも作れる!ポリ袋で作る手打ちパスタ

和素材とのコラボやオリジナルソースも浸透し、すっかり国民食の一つとなったスパゲティ。お料理初心者さんでも男性でも、トライしたことのあるお料理No.1かもしれません。慣れ親しんだお料理だけど、ちょっとだけステップアップして「手打ちパスタ」に挑戦してみませんか? そこで今回は、可能な限り引き算したお手軽レシピをご紹介しましょう。 材料を全てポリ袋に入れ、シャカシャカ振って作る手打ちパスタ。捏ねる作業も最小限に、パスタマシンも特別な材料も使いません。とっても簡単。

甘さと塩気が美味しい!メロンと生ハムのひとくちパスタ

赤い果肉の夕張メロン・タカミレッド・クインシーメロン、緑色の果肉のアンデスメロン・アムスメロン、実の固さや甘さも様々で、色々な種類のメロンが店頭に並んでます。 メロンに生ハム、今となっては誰もが知る定番的な組み合わせですが、もともとはイタリアやスペインの前菜的なメニューで、塩がきつい生ハムが食べにくいのでメロンと合わせて食べやすくとか、青臭いメロンを生ハムでカバーするために考えられた食べ方でした。

ワインにも合わせられる!カツオのたたきとルッコラの冷製パスタ

初夏の美味しい旬のものが店頭に色々並ぶようになりました。 カツオも美味しい時期です。お刺身、たたきを生姜やニンニクの薬味で醤油やポン酢で食べるのも美味しいですが、旬のカツオをワインとも一緒に楽しみたいです。 甲州のような和のワインに、お刺身やたたきはそのままでも合いますが、オリーブオイルを使って調理すると合わせるワインの幅も広がってきます。簡単にできるカツオのたたきの冷製パスタをご紹介します。

卵1個で抜群に美味しい!クリーミーカルボナーラ

コンビニでも買える少ない材料で、レシピを見なくても感覚で作れるパスタ料理。 そんな中においては珍しく、人気はあるのに作るのは敬遠されがちな「カルボナーラ」。生クリームとかバターとか、普段は使わない調味料をいろいろ混ぜるんでしょ?卵は卵黄だけ大量に使うんでしょ?ダマになったりして難しいでしょ?主な理由はこんなところでしょうか。

春の香りが満載!菜の花のペペロンチーノ

まだ少し寒いですが、旬の春素材、たくさん店頭にでてきましたね。 鯛、はまぐり、筍、ふきのとうや、たらの芽、うど、ふき...香りの良いものが多いです。旬のものはその時期が一番いい状態で育っているので、栄養価も高く味も良いので、身体によいと言われ、日本ならではの四季も感じられます。 菜の花も春の食材、茹でて和え物にすることも多いと思いますが、パスタにしても美味しいです。ワインにも合うシンプルな菜の花のパスタをご紹介します。

抗酸化物質たっぷりのミートソースと赤ワインで花粉症も解決?

まだまだ寒い日が続きますが、日中の日差しに春を感じる方も多いのではないでしょうか。温かくなってくるのは嬉しいけれど、花粉症や紫外線などのお悩みが出てくる時期でもありますね。 それぞれマスクやUVケア化粧品など外側から対策することも大切なのですが、身体の内側、つまり食事からも対策ができることをご存じですか? しかもおいしい食事とワインで対策できるのです!

究極のペペロンチーノを求めて!土屋敦 著「男のパスタ道」

パスタを作るとき、「塩はどれくらい入れればいいのか?」、「水から茹でてもいいのだろうか?」など、気になる事があると思います。 しかし、その疑問が解決すれば、パスタ作りはもっと楽しくなるはずです。 そこで、今回はパスタに関する疑問をひとつひとつ追求しながら「最高においしいペペロンチーノ」にたどり着くまでを紹介した『男のパスタ道』という本をご紹介します。

おうちパスタを綺麗に!パスタを盛り付ける3つのコツ

市販のパスタソースをかけただけのパスタでも、盛り付けがレストラン風ならテーブルを華やかに演出してくれます。はみ出したりもつれたり…長いパスタをキレイに盛り付けるのは難しそうですが、コツを押さえれば簡単です。 今回は、おうちパスタをワンランクアップさせる盛り付け方と、その3つのポイントをご紹介します。

簡単おつまみ!揚げなくてもカリッカリッ!パルメザンマカロニ

普段はあまり料理をしない私ですが...今回は自宅にあるもので簡単おつまみに挑戦してみました。見た目がちょっとアレな感じで申し訳ございません。 最初はパスタフリットを作るつもりでしたが、いちいち揚げるの面倒だなぁと思ったので、炒めちゃいました。しかも、サラダ用のマカロニで。。。 見た目をもっと可愛くするんであれば、フリッジ(クルクルのヤツ)やペンネ、コンキッリェを使うと見た目も可愛く見えるんじゃないでしょうか。

ランチにおすすめ!そら豆とペコリーノのスパゲッティ

春野菜がたくさん出回るようになりましたね。みずみずしくて柔らかく、色もとても綺麗で、いい季節だなぁと毎年感じてしまいます。さて、先日、色がとても綺麗で粒の大きな「そら豆」が手に入ったので、イタリア産の羊のチーズ「ペコリーノ」と合わせてみました。 ワインのおつまみとして、塩茹でのそら豆とペコリーノチーズを一緒にいただくのは定番ですよね。

代謝をあげるビタミンB2が豊富!鴨肉で作るラグーパスタ

お肉の中でも鉄分豊富・ビタミンB1・B2の含有量が多い、鴨肉を使ったラグーパスタを作りました。ビタミンB1は糖質の燃焼に必須。不足すると疲れやすくなります。また、ビタミンB2はビタミンB1とともにエネルギー代謝に働き、脂質代謝に必須のビタミンです。疲労回復・ダイエット効果に抜群の鴨肉!

贅沢をプラス!ショートパスタ マスカルポーネ添え

ワインのお供になる主食と言えばやっぱりパスタですよね。でもパスタはサッと食べないと美味しさが半減します。ワインをゆっくりと楽しむ際にオススメのパスタはショートパスタです。 ロングパスタに比べ、時間が経っても食感の変化も少なく、お気に入りの音楽を聴きながら、TVを見ながら、のんびりと食べても大丈夫。また、パスタのソースを作っていては、簡単レシピとは言えません。かと言って、市販のソースだけだと「ご褒美」には程遠い...。 そこで、オススメするのが「マスカルポーネ」です。