「フランス」のまとめ

超簡単!アルザス地方の郷土料理タルトフランベ

前回のコラムでご紹介させて頂いたアルザス地方に続き、今日はアルザス地方の郷土料理「タルトフランベ」の簡単レシピをご紹介させて頂きます。オーソドックスなスタイルは、薄いパン生地にタマネギ、ベーコン、フロマージュブランを乗せ、オーブンでパリパリに焼き上げたものです。フランベとは炎のことで、薪釜の炎で焼いたことから、炎のタルト=タルトフランベと呼ばれる様になったそうです。

フランスのバレンタインデーはワインで乾杯!

1ヶ月後はバレンタイン。日本のバレンタインと言えば好きな異性にチョコレートを贈ったり、義理チョコや友チョコといったチョコレート交換のイベントとして広まっていますが、実はフランスでは恋人と過ごす特別な1日として定着しているのです。

簡単ワイン講座!フランスワインのラベルの読み方

ワインが他のアルコールと比べて難しいのは、ラベルの読み方です。 特にフランスワインはショップやレストランでよく見かけるのに、ラベルが複雑で難解で手こずるものです。 今回は、その読み方についてワンポイントレッスンを行います。

和の食材で合わせたいシャンパーニュ

皆さんは最初の一杯って何を選びますか?ビール、赤ワイン、白ワイン、人それぞれかと思いますが、ワイン好きの方であれば、1杯目にスパークリングワインを選ぶ方が多いのではありませんか?思われませんか?私もご多分にもれず、1杯目はスパークリングワイン…出来ればシャンパーニュを飲みたい人間です。

秋冬を感じるセパージュ「シラー」

人によっていろいろあるとは思いますが、赤でも白でも泡でもスッキリしたものよりは、ある程度コクがあるものとか、フレッシュな感じよりは熟成感を感じるものと言った感じになるのではないでしょうか?

フレッシュ&フルーティーな爽やか白ワイン

みなさん、こんにちは。暑い盛りの真っ只中に赤ワインを2回連続で紹介しましたが、やっぱり白ワインを飲みたいと言う方も多いのではないかと少々反省?しております。という事で、今回はこちらの白ワインをご紹介!

暑い夏に冷やして飲みたい赤ワイン

みなさん、こんにちは。毎日毎日暑くてムシムシして、もう何をしていても汗が止まりません。 こんな時はビール!でもそればかりじゃつまらないからスパークリングワイン! しかし、前回もスパークリングワインをご紹介したので、今回は敢えて赤ワインをご紹介します。

初めて白ワインを美味しいと感じた思い出のワイン「アンジュー」

みなさん、こんにちは。5月も半ばを過ぎますが、気持ちいい陽気が続きますね。例年だとすでに暑いような気もしますがワインを飲むにはこんな感じがちょうどいい!ってな訳で今回ご紹介するワインは2012 Anjou Sec “Les Graviers” /Domaine des Quarres2012 アンジュー・セック“レ・グラヴィエール”/ドメーヌ・デ・カールです。

プロヴァンスの味「茄子のラタトゥユロール」をつくってみた。

前菜にしてもよし、バゲットに乗せてもよし、あれば何かと重宝するラタトゥユ。ラタトゥユはフランスのプロヴァンス地方出身...冷めても温めても美味しくて、白ワインとの相性が抜群なんです。これから旬になってくる夏野菜を使って作るので、カロリー控えめで健康にもいいんです。酒飲み女子にはぴったりですわ♪

ワインの格付けは難しくない【フランス編】

ワインの格付け...これがワインを難しくている壁の1つです。この格付けがなければ、もしかすると、ワイン入門のハードルはもう少し低かったのかもしれません。という事で、今回は代表的なフランスの格付けについてご紹介します。