「ブルゴーニュ」のまとめ

今、注目されている「全房発酵」とは?複雑な味わいを生み出す魅惑の技法を解明!

近年、ブルゴーニュ地方を中心に「全房発酵」に注目が集まっています。ピノ・ノワールの持つ、繊細な香味に複雑なニュアンスを与えるということで、かのアンリ・ジャイエが強く推奨した「除梗」によるストラクチュアを形づくるワインづくりとは、真逆のアプローチです。 ピノ・ノワールの名手といわれる全世界のワインメーカーたちも、この「全房発酵」を取り入れた醸造を行っており、ワインファンとしては「知らない」ではすまされない段階にまできています。 今回、ここでは今一度「全房発酵」とはなにか、について検証していましょう。

試飲会で心を奪われた魅惑のブルゴーニュ!「アクセル・マシャール」のワイン

今日ご紹介するのは、最近試飲会でビビビッ!と来たブルゴーニュです。造り手もワインの名前も長くて覚えづらいですが、ブルゴーニュ好きの方は要チェックです。 お父さんのベルトランさんと娘のアクセルさんの2人が取り仕切るこのドメーヌ(以下アクセル・マシャールと略します)。「マシャール・ド・グラモン」と言う名は、昔からのブルゴーニュ好きの方にはおなじみの名前だとは思いますが、そこの家系ではあるものの持っている畑や出来上がるワインは大分異なるようです。 「マシャール・ド・グラモン」のワインは伝統的な古き良きブルゴーニュ、と言ったスタイルですが、こちらの「アクセル・マシャール」のワインはかなりモダンで「今」を感じさせるワインです。久しぶりにブルゴーニュで新たな「生産者」に出会えたと思っています。 「マシャール・ド・グラモン」は、昨今では主流?となりつつある「自然派」の流れを汲んでいると言って良いと思います。 多くの自然派生産者は「ナチュラルな醸造を心がけ…」と言っていますが、「自然派=美味しい」というわけではありません。また、逆に”自然派”と大きくうたっているような生産者こそ、不快な香りを伴っていたり、味わいに深みや旨みがかけていたり、健全ではない「ヴァン・ナチュール」を見かけます。 しかし、今回ご紹介するアクセル・マーシャルのワインには、健全さや正しさを感じます。香りを嗅いだ瞬間に「オッ!」と唸ってしまいました。昨今の自然派の生産者、いや最近のブルゴーニュでは中々お目にかかれない「セクシーさ」を感じたほどです。

世界中のファンを魅了!ブルゴーニュワインってどんなワイン?

「ワイン好き」であれば知っておきたい産地が、ボルドーと並んでフランス二大銘醸地の一つでもあるブルゴーニュです。ブルゴーニュのワインは少々値段が張るため、なかなか手の届かないワインかもしれませんが、ワイン愛好家の人が好むのがブルゴーニュのワインなのです。それはなぜでしょうか?ということで、今回はワイン初心者の方のために、ブルゴーニュについて簡単にご紹介します。

映画「ブルゴーニュで会いましょう」オリジナルワインバッグプレゼント

映画「ブルゴーニュで会いましょう」から、オリジナルワインバッグ(1本用)のプレゼントがあります。ワインバッグに描かれているワインは、劇中の最後に出来あがるワインです。こちらのワインバッグをアンケートにお答えいただいた方の中から4名の方にプレゼントとさせていただきます。

コクあるワインに合わせたい!鶏肉・りんご・マッシュルームのバタークリーム煮

今回は「鶏肉、りんご、マッシュルームのバタークリーム煮」の作り方をご紹介します。 りんごには「紅玉リンゴ」を使っています。秋は様々なりんごが出回り、品種も多くて選ぶのも楽しいですよね。今回使用した紅玉はアメリカ原産で明治時代より日本で栽培されている品種です。 イキイキとした酸味があり、果肉がしっかりとして煮崩れしにくいため、アップルパイや焼きリンゴなど、製菓用に使うことが多いりんごです。もちろん、違うリンゴでも構いません。

11月公開の映画「ブルゴーニュで会いましょう」の試写会に行ってきました!

フランス・ブルゴーニュ地方を舞台に、ワイナリーを営む家族の再生の物語を描いた『ブルゴーニュで会いましょう』が、11月19日(土)より公開されます。 先日、この映画の特別試写会に行ってきました。今回、配給会社でもあるクロックワークス様にも許可をいただいたので、映画の内容を家ワインで少しだけご紹介します。

DRCで手が届きそうな白ワイン「ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ」

ワインが好きな人は当然のことながら、ワインにそれほどまでに興味がない人でもその名前を知っている<strong>ロマネ・コンティ</strong>。ロマネ・コンティは、DRCがリリースしている非常に高価なワインで、1本が100万円以上もします。 今回ご紹介するワインは、ロマネ・コンティのような高価なワインを造っているDRCがリリースしている、手が届きそうな白ワインです。

ヴォルネイを語る上で欠かす事が出来ない生産者プス・ドールが造った1本

今回は少し豪華なワインをご紹介します。ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区の銘醸地ヴォルネイを代表する生産者「プス・ドール」の一級畑のワインです。しかも、近年最高の当たり年とも言われている2010年....。絶対に外れることのない要素満載のワインなんです。 このプス・ドールという造り手は、かつてロマネ・コンティの所有者であったデュヴォー・ブロシェが所有していたドメーヌ。近年、所有者は別の人になっておりますが、クオリティが落ちたと言うことはなく、むしろ柔軟性を増して、以前よりも更に美味しくなっている印象を受けます。

イースターに食べるブルゴーニュ地方の郷土料理「ジャンボン・ペルシエ」

今日はブルゴーニュ地方の郷土料理「ジャンボン・ペルシエ」をご紹介させて頂きます。 フランス語でジャンボンはハム、ペルシエとはパセリ状という意味で「ジャンボン・ペルシエ」とはハムとパセリのゼリー寄せです。 ブルゴーニュ地方ではレストランの定番前菜メニューとなっていますが、本来ブルゴーニュ地方のマスタードの産地として有名なディジョンで、復活祭に食べるお料理として発祥しフランス全土に広まった名物料理と言われています。

フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理「ブッフ・ブルギニョン」

今日はフランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理『ブッフ・ブルギニョン』をご紹介させて頂きます。 ブッフとは牛肉、ブルギニョンとはブルゴーニュ風という意味で赤ワインをたっぷり使い牛肉を煮込んだお料理で、日本でいうビーフシチューの原型にあたるものとも言われています。 ブッフ・ブルギニョンとブルゴーニュワインは至福の時を楽しむ事が出来る最高のマリアージュです。 特別な日の一皿にいかがでしょうか。

山梨県が世界のワイン名産地とワインを通じた交流をしている!?

近年、日本ワインの品質向上が目覚ましく、世界で戦うことができる素晴らしいワインが、多数生みだされ続けています。北は北海道から南は九州地方までと、日本各地で高品質ワイン造りが本格化してきているのは、何事にも変えれない喜びです。 さて、そんな日本ワインの代表的存在といえば、やっぱり甲州ワイン。甲州種で生み出されるワインは、試行錯誤の末、世界の有名ワインとも対等に戦える力を身に付け、世界中のワインジャーナリストをはじめ、ワイン愛好家たちを驚かせています。そんな甲州ワインの殆どを生産するのが、日本きってのワイン産地である山梨県。

ブルゴーニュのピノ・ノワールの真髄!とっておきの大切な日に飲みたい1本

今日は銘醸地ブルゴーニュにおいて、最高の評価を与えられている生産者のワインをご紹介いたします。高価なワインなので、とっておきの大切な日にお薦めの1本です。数多くの高級赤ワインを産するブルゴーニュはコート・ド・ニュイ地区モレ・サン・ドニ村に居を構える生産者ポンソはこの村の特級畑クロ・ド・ラ・ロシュとクロ・サン・ドニの最大所有者としても知られています。そのワイン造りは独特で、一番の特徴は新樽を全く使わないことです。

知っておきたい!シャトーとドメーヌの違いは何?

赤ワインの王道といえば、やはりボルドーとブルゴーニュです。お好きな方も多いかと思います。では、皆さんが、ボルドーのワインを購入する際、「シャトー○○」という銘柄のものをよく目にしませんか?ボルドーの格付けワインで有名な「シャトー・マルゴー」や「シャトー・ラ・トゥール」にも「シャトー」という文字がついていますね。

ブルゴーニュを代表する白ワイン「シャブリ」とは?

ワインを飲まない人でも聞いたことがあるほど有名な白ワインと言えば「シャブリ」ではないでしょうか?そして、ワイン好きな人であれば、これまで何度も「シャブリ」を飲んだことがあると思います。 しかし、聞き慣れ、飲み慣れてはいるものの、このシャブリについて意外に知らないという方も多いような気がします。