「ロゼワインに合う」のまとめ

切って混ぜるだけ!とろ~り玉子が美味しい、まぐろとアボカドのポキ

今回は10分で作れるまぐろとアボカドのポキのレシピをご紹介します。簡単なのに、盛り付けの一工夫だけでワンランク上のお料理に!食卓がとっても華やかになり、ワインがすすみ会話もはずみますよ。温泉玉子がとろ~り濃厚なソースになってマグロとアボカドに絡み、コクある白ワインやロゼワインにも寄り添う極上おつまみになります。

頑張るワタシへ。バレンタインデーはワインと合うご褒美チョコを贈ろう!

ワイン愛好者にとって、チョコレートは特別な存在。味わいに立体感を与えます。特にオレンジピール入りのチョコレートは、赤、白、ロゼ、スパークリング、どのタイプにも合わせられる万能おつまみです。今回はご褒美チョコに最適なおすすめ商品とアレンジレシピをご紹介します。

家庭で出来る美味しい焼き鳥!絶品タレの今治風焼き鳥の作り方

皆さんは焼き鳥は「タレ」と「塩」、どちらが好きですか?私は鶏肉の部位によって「タレ」や「塩」で楽しんでいますが、家で作る時には「タレ」にすることが多いです。 今回は自宅で簡単に作れる焼き鳥をレシピをご紹介します。それは、ロゼワインや赤に合わせて楽しめる絶品「タレ」の今治風焼き鳥です。 今治焼き鳥は愛媛県今治市のご当地料理で、職人も多い街なので、早く焼き上げられるように串に刺さず鉄板に押しつけて焼くようにしたのがはじまりだそうです。

ワインにもビールにも!簡単おつまみ「はんぺんガーリックソテー」

今回ははんぺんを使ったおつまみをご紹介します。皆さんははんぺんをどのようなお料理に使いますか?はんぺんは、魚のすり身でできているので、素材の合わせ方、調理次第ではメインにもできる素材です。 ニンニクオイルで表面をソテーすれば、ワインもすすむ極上のおつまみになります。はんぺんガーリックソテーと、それをサラダ仕立てにした動画も一緒にご紹介します。

食べだしたら止まらない!カマンベール&ドライトマトの大人ポテサラ

日本の食卓にすっかり定着した国民食、ポテトサラダ。お酒のつまみとしても人気のメニュー。ポテトサラダの味付けと言えば、マヨネーズ。実はこのマヨネーズ、独特の香りが意外と強く、ワインとはあまり相性が良くないんです。 以前ご紹介した「ビストロ風ポテトサラダ」http://iewine.jp/article/406 では、マスタード・チーズ・ウィンナーやベーコンなど、ワインと相性の良い物をプラスする一工夫でワインに寄り添う味わいに変身させましたが、今回はこの上をいく技。ちょっとずるい手を使っちゃいます。

簡単に作れる!フランス・リヨンの郷土料理「セルヴェル・ド・カニュ」

今回はフランス・リヨンの郷土料理、セルヴェル・ド・カニュをご紹介させて頂きます。 どんな料理なのか名前から想像するのが難しいですが、作り方はとてもシンプルでフロマージュ・ブランに生クリームを混ぜ合わせ、ハーブとニンニクを加えたさっぱりとしたフレッシュチーズ料理です。 フランス語でセルヴェルとは脳みそ。カニュとは絹織職人の意味で、リヨンの産業であった絹織物の職人たちが食べていたことからこの名がついたと言われています。 簡単に出来るので是非作ってみてください。

リッチな味わい!水切りヨーグルトといちごのバルサミコマリネ

いちごの旬は本来4~5月ということで、たくさんのいちごが出回っている時期ですね。最近では種類も豊富で、新しい品種にチャレンジしたくなったり、食べ比べしたくなったりします。また、いちごのスイーツフェアなども目につきますね。 そんないちごですが、実はバルサミコ酢とも相性がよいのです。 今回は、水切りヨーグルトと一緒にいただく、いちごのバルサミコマリネのレシピをご紹介します。

少ない材料でとっても簡単!絶品やわらか蒸し鶏

「究極のチキンソテー」「冷めても美味しいから揚げ」「フライパンローストチキン」「絶品チキンライス」・・・まるでチキン教祖のように鶏ばかりご推奨しておりますが、今回の鶏肉は得意の皮パリ調理ではありません。作りおきも出来て忙しい人の強い味方!柔らかジューシーな蒸し鶏。水ではなくロゼワインで蒸して、ふんわり華やかに仕上げます。 蒸し鶏って蒸すだけでしょ?そう、蒸すだけ。でもこれが、固くなったりパサパサになったり意外と難関なんです。柔らかジューシーに仕上げる一工夫、ポイントは砂糖!と言っても、甘みは感じない程度の分量ですのでご安心を。砂糖は鶏肉のコラーゲンと水分を結びつけてくれる保水効果があるので、ムラなくしっとり柔らかく仕上がります。

ひな祭りは華やかに!ワインにピッタリの洋風手毬ずし

ひな祭りは女の子のすこやかな成長を祈る行事ですね。旧暦では桃の花が美しく咲く季節にあたるため桃の節句とも呼ばれています。 「男雛」と「女雛」を中心とする雛人形を飾り桃の花をあしらい白酒やお寿司などで楽しむ節句祭りは華やかですね。 今回はワインビネガーとしぼりたてのグレープフルーツ果汁を合わせた寿司酢を使ったワインにピッタリの洋風手毬ずしの作り方をご紹介します。

爽やかな酸味と程良い甘みがワインと合う。炊き込みオレンジジュースご飯

1年中で最もお米が美味しいと実感する季節です。 皆さんはお米生活を満喫していますか?材料を炊飯器に入れてスイッチポンのお手軽さも嬉しい日本の秋。今回はちょっと変わり種、オレンジジュースで炊いちゃうおつまみご飯をご紹介します。 「え?オレンジジュースで炊くの?」そうなんです、果汁100%のオレンジジュースです。

美味しすぎるのに超簡単!混ぜるだけで作れる「まぐろのタルタル」の作り方

帰宅途中のスーパーで買うお惣菜にはもう飽きちゃったという方、今回はお惣菜・お弁当コーナーは素通りし、お魚コーナーへ行ってみましょう。そこで「まぐろのたたき」を見つけたら今夜はこれで決定! 「まぐろのたたき」は、お刺身やお鮨よりずっとお手頃価格で手に入る上に、包丁も骨抜きも必要ないお手軽レシピの強い味方です。そして、この「まぐろのたたき」に、ひと手間加えると、グッとランクアップしてくれます。それが、オリーブオイルと黒コショウです。