「二日酔い」のまとめ

もう二日酔いになりたくない!つらい二日酔いにならないための予防と対策

美味しいワインとおいしいおつまみ、楽しい仲間といるとついつい飲みすぎてしまうことも多くなります。 自分のアルコール許容範囲を超え飲みすぎると、次の日、吐き気や頭痛に襲われて後悔することがあります。つらい二日酔いならないために、また二日酔いになってしまった後の対処法をご紹介します。

飲む前に知っておきたい!二日酔いを防ぐ水分補給のポイント

お酒を飲む時に二日酔い対策は行っていますか?とくにワインはビールに比べ、アルコール度数が高く注意が必要です。実は二日酔い対策に「水」が効果的ということをご存知ですか?大切な時期に体調を崩してしまわないよう、二日酔いを事前に防ぐための水分補給を知っておきましょう。

本当に効果あるの?二日酔いに効くと噂のモノを知っておこう!

お酒の席では様々なことが話題にあがります。特に「お酒に強いか弱いか」や「過去に飲み過ぎてしまった話」など飲酒に関するネタは尽きません。 中でも興味深いのは「二日酔いに効くもの」の話。「コーヒーを飲んでおけば翌朝スッキリ」や「ある錠剤が効くらしい」と、実に様々なものが二日酔い予防や対策として挙がります。もちろん、二日酔いの症状や体質の違いもあるため、万能なものはありませんが、注意点を押さえた上で試してみたいものも中にはあります。 今回は、二日酔いに効果アリと噂のものを3つご紹介いたしますので、良い点や注意点などぜひ参考にしてみて下さい。

飲みすぎた後はコレ!疲れた胃に優しいあったか根菜スープ

お酒を飲む機会が多い時期は胃が疲れ気味になっていると思います。 カロリーや塩分の高い食事が続くと健康面も気になるので、胃腸に優しくヘルシーな食べ物で体を労わりたいものです。そこで、今回は宴会続きの胃にも優しい根菜スープをご紹介します。 根菜を昆布出汁と少量の塩で煮るシンプルなスープですが、根菜の素朴な香りをオリーブオイルとすりゴマが程良く引き立てるので、物足りなさは全くありません。繊維質の多い根菜ですが、柔らかく煮上がるよう切り方を工夫しています。 簡単にできますからこの時期にぜひ作ってみて下さい。

これで安心!二日酔いの予防と対策を知っておこう!

4月は歓迎会やお花見をはじめ、お酒を飲む機会が多くなると思います。ついつい飲みすぎてしまって、次の日は二日酔いで気持ちが悪い、頭が痛いという事もあるのではないでしょうか? 二日酔いも原因と対策を知っていれば、飲みすぎなければ予防が出来るので、二日酔いの対策と予防についてご紹介します。