「保存方法」のまとめ

ワインは空けた翌日に飲んだほうがおいしいこともある?

ワインバーやレストランで働いていると、お客様にグラスワインを提供する際、抜栓したてのワインを提供する時もあれば、2日経ったワインを提供することもあります。また、お客様の中には、開けたばかりのワインが一番おいしいと信じている方も多いと思いますし、ワインを開けてから何日間保存できるのか?疑問に思っている方も多いと思います。では、実際にはどうなのでしょうか?

ナチュラルチーズを美味しく食べるための「チーズの正しい保存方法」

残ったナチュラルチーズは、どのように保存していますか?ナチュラルチーズは保存方法によって、異臭や異様なカビが発生し、食べられなくなってしまうこともあれば、買った当初より美味しくなることもあるのです。 今回は、ナチュラルチーズを最後まで美味しく食べるための、正しいチーズの保存方法をご紹介します。

飲み残したワインはどうしていますか?実はワインは翌日の方が美味しい時もあるんです。

「ワインは開けるとその日に飲みきらないといけないんですか?」、「ワインは開栓してどのくらい経っても飲めるんですか?」という相談を受けることがあります。 今回はそんな、ワインビギナーの人たちに、飲み残してしまったワインの保存方法やワインの酸化についてご紹介します。

保存器具がなくてもできる!飲み残したワインを翌日も美味しく飲む方法

ワインは「一度開けたからと言って、その日のうちに飲んでしまわなければいけない」という事はありません。また、「ワインは保存器具を使わなければ保存できない」と思っていたり、「ワインセラーで保存しなければいけない」など、ワインに対するハードルを自ら上げているように感じます。実際はそのような事はなく、もっと自由にワインを楽しんでいいんです。

簡単にワインが保存できるPulltex AntiOx(プルテックス アンチオックス)

世界中で人気爆発!今年最も売れたとも言えるワインストッパー「Pulltex AntiOx(プルテックス アンチオックス)」。 ワインは空気中の「酸素」に長時間触れると、果実味が凹み、ヴィネガーのようなテイストになってしまいますが、「Pulltex AntiOx」であれば、内部に仕込まれたカーボンフィルターがワインの酸化を防止してくれるので、従来までの保存方法とは違いボトル内の酸素を抜いたり、窒素ガスを注入することなく、ボトルにシリコーンストッパーをかぶせるだけでワインを保存する事ができます。

自宅でワインを保管するときに気を付けたい5つのポイント

「ワインの保管方法」は様々な条件があり、難しいと言われています。時には味を左右することもありますが、買ってすぐ飲んでしまうのならそう気にすることはありません。 ただし、数週間、ときには数年かけて保管しておくのであれば、これから紹介する5つのポイントを気を付けて保管して下さい。そうすれば、家庭でも劣化することなく、美味しく飲めると思いますよ。

スタッフ実践!「Air Cork」編

昨年、ワインの保存グッズ「Air Cork」を購入して、実際に使った時に動画の撮影を行っていたんです。 Facebookでしか公開していなかったんですが、この度、youtubeにも公開したので、家ワインのコラムでもご紹介します。

手軽な道具を使って冷蔵庫でワインを保存する方法

今日のワンポイントレッスンは自宅出来るワインの保存の方法です。これから夏にかけてどんどん気温があがります。そんな中、ワインをそのままお部屋に放置しておくとたちまち傷んでしまいます。せっかく手に入れたワイン、味が損なわれてしまってはもったいないですね。

試してみよう!「空気を抜く方法」以外でワインを保存する方法

ワインの酸化防止にはやはり「空気を抜く方法」が最もポピュラーは保存方法ですが、今回はその他の保存方法についてご紹介致します。ワインの酸化防止の基本は「空気に触れさせないこと」......この基本を元に、考えられた最も原始的かつ有効的な方法は、開栓後すぐに蓋のしっかり閉まる小さい容器へ移し替えること

空気を吸い出して保存するワインセーバーの原理

先週に引き続き、ワインの保存のお話しを....さて、ボトル内の空気をポンプで吸い出し真空にする事で、開けたての新鮮な風味を長持ち(酸化防止)させる、人気アイテムのひとつと言えば「ワインセーバー」ですね。

飲み残したワインを保存するアイテム

開けたてのワインが好きな方や、開けてから数時間、もっと時間を置いて翌日の味が好きな方など、様々な好みがあると思います。でも飲み残したワインボトルに、抜いたコルクを差し戻して翌日または数日後に飲んでみたら、開けたての新鮮な風味や果実味が失われて「がっかり」された方もいるのかな?

飲み残したワインの保存方法は?

ワイン歴20年、いわゆるアラフォー世代の私だが、ワインに関しては人並み以上に飲んできた。そんな私が今回は「飲み残したワインの保存方法」をお教えしよう。「ワインは一度栓を開けたら、その日のうちに飲んでしまわなければならない」そんな言葉を聞いたことがあるかもしれないがそれは本当だろうか?今回のコラムを読んで、ワインの保存方法と楽しみ方を知ってもらいたい。