「受賞」のまとめ

「Asian Wine Review 2017」にて日本のワイナリーで最多の3品金賞受賞の快挙!!

アジアのワインに特化した品質評価サイト「Asian Wine Review」の今年2017年版にて、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2013」、「シャトー・メルシャン マリコマリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2015」、「シャトー・メルシャン マリコ 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」が金賞を獲得しました。

“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2017 結果発表

第4回目を迎える「サクラアワード」の審査会が、2017年1月28日から2月1日までの5日間、アグネスホテルアンドアパートメンツ東京で行われました。日本のワイン業界で活躍する『女性』406人の審査員が、37カ国4,212アイテムのワインをブラインド・テイスティングにより審査しました。

アジア初のプラチナ賞受賞!グレイスワインの輸出先が日本最多の20ヵ国へ

今、中央葡萄酒株式会社醸造のグレイスワインが世界的に注目を浴びています。2016年8月15日現在、グレイスワインの輸出先は20カ国に増えました。これは日本のワイナリーとして、最多の輸出国数です。 グレイスワインが世界に評価された理由は、2016年に開催された「デキャンター・ワールドワイン・アワード」にて、アジア初、アジア唯一のプラチナ賞を受賞をした事です。

「ランソンノーブルキュヴェブリュット2002」が最高賞を受賞!

アサヒビール株式会社が取り扱うシャンパン「ランソン・ノーブル・キュヴェ・ブリュット2002」が、ワインコンクール「ジャパン・ワイン・チャレンジ2016」にて、最高賞となる「インターナショナル・トロフィー賞」を受賞しました。 また、「ランソン」ブランドは昨年開催された「ジャパン・ワイン・チャレンジ2015」でも「トロフィー賞」を受賞しており、2年連続の受賞となります。