「外苑前」のまとめ

「AZ Finom」さんに行ってきました~男のワイン飯vol.21~

ハンガリーと言えば、やはり綺麗な町並みを想像する。ブタペストに流れるドナウ河の向こうにそびえるブダの王宮、マチャーシュ協会や砦、夜には街を灯すライトが幻想的な風景を作り、日本人の私にはどこか映画や物語の世界。 今回、2月にお届けする赤ワイン「チャペルヒル・ピノ・ノワール」はハンガリーのバラトンボグラーワイナリーのブランド。 ハンガリーのワインというとTOKAIの貴腐ワインがパッと思いつくが、正直、それ以外の情報をあまり思いつかない。葡萄品種はどんなものが主流で、どれぐらいワイナリーがあり、どれぐらいワインが生産されているかも、中々想像出来る人は少ないんではないだろうか。 今回の「男のワイン飯」は折角の機会なので、少しハンガリーのことを知ってみようではないかと思い、日本でハンガリーレストランと言えば「AZ Finom」さんにお願いをしに行って来た。 ハンガリーワインが珍しければ、ハンガリー料理も珍しいんではないだろうか。 普段、ご飯を食べに行くって話になったときに、フランス料理やイタリア料理などをすぐに思いつくことはするけども、中々ハンガリー料理を食べに行こうよということもない。 ドアを開けば、楽しさがわかる。 もしかしたら、これを機にどっぷりとハンガリーワインにはまるかもしれない。 いざ、「AZ Finom」へ。

「El Cantina」さんに行ってきました~男のワイン飯vol.20~

2015年1月の「男のワイン飯」は外苑前にあるワインバル「EL CANTINA」さんにお伺いしてきました。 1月に皆さんにお届けする赤ワイン「プロエーザ」。 ポルトガルのワインなのですが、これがよく出来たワインなんです。フルボディですが、飲み口が柔らかく、果実の香りもしっかり楽しめるので、最初、試飲をした時にこのコスパの良さに驚きを感じました。 この赤ワイン、「EL CANTINA」さんはどう味わっていただけるのか、そして、どんな料理を考えていただけるのか、、、 お正月、そして、日本も感じられるレシピをいただけましたよ。 是非、ご賞味あれ。