「新酒」のまとめ

フライパンで簡単おしゃれ!ヌーヴォー(新酒)と味わう「豚肉のみかん煮」レシピ

11月はヌーヴォー(新酒)が多く出回る季節ですね。イタリアのヴィーノ・ノヴェッロから始まり、日本ワインの山梨ヌーボー、オーストリアのホイリゲ、ドイツのデア・ノイエ、フランスのボージョレ・ヌーヴォーなど、フレッシュで果実味溢れる新酒を購入される方も多いのではないでしょうか。 今回は日本人に身近なフルーツである”みかん”を使って作る、新酒によく合う豚肉の煮込み料理をご紹介します。 オレンジとはまた違う、優しい香りと甘味が豚肉と絡み、新酒のフレッシュさとマッチします。フライパンでとっても簡単に作れますよ!

11月16(木)解禁!今年のボージョレ・ヌーヴォーの出来と市場変化は?「メルシャングループ 利き酒会」レポート

2017年は11月16日(木)にボージョレ・ヌーヴォーが解禁されました。すでに飲まれた方もいるのではないでしょうか?今回は今年のボージョレ・ヌーヴォーの出来と市場の変化を、解禁日に開催された「メルシャングループ 利き酒会」の模様と共にお伝えします。

成城石井のこだわり高品質ボージョレ・ヌーヴォ5種&オススメおつまみ3選

実りの秋は新酒の季節。新酒といえば、ボージョレ・ヌーヴォですね。今回は、成城石井のトップバイヤーが厳選した、高品質なボージョレ・ヌーヴォと、成城石井で購入できるオススメのおつまみをご紹介します。毎年11月の第3木曜日は、ボージョレ・ヌーヴォの解禁日です。ボージョレ・ヌーヴォは、フランスのブルゴーニュ地方・ボージョレ地区で、その年に収穫されたガメイ種のブドウで造る赤ワインのことを言います。 世界の中でも早く飲むことができる日本では、一大ブームになったこともありましたが、最近では「秋の風物詩」として定着しています。

11月3日解禁!日本の新酒「山梨ヌーボー」とは?

新酒の季節がやってきました。新酒と言えばボジョレー・ヌーヴォーを思い浮かべますが、実は日本ワインにも解禁日があることをご存知ですか?日本が誇るブドウ生産地”山梨県”の新酒「山梨ヌーボー」の解禁日が間近に迫っています!今回は山梨ヌーボーをご紹介します。

合同酒精より「ボジョレ・ヌーヴォー2017」と新酒ワイン15品種が11月16日に発売

オエノングループの合同酒精株式会社および山信商事株式会社は、ボジョレ・ヌーヴォーはじめ、2017年の秋に収穫するブドウから造る、フランスの新酒ワイン15品種を、2017年11月16日(木)に発売開始します。 フランスの新酒ワインは、150年の歴史を誇るワインブランドのモメサンより9品種、日本にヌーヴォーを紹介して30年以上のルペ・ショーレ社が2品種、ブルゴーニュの名手ドミニク・ローラン社が3品種、葡萄栽培に有機農法(BIO)を取り入れているフレデリック・ソルナン社の1品種です。赤、白、ロゼ、スパークリングなど豊富なタイプを取り揃えています。

メルシャンは「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」を含むフランス産やイタリア産新酒などを発売

メルシャン株式会社は、フランス産やイタリア産の2017年新酒の受注を7月上旬より全国で開始し、「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」を含むフランス産新酒は11月16日(木)より、イタリア産新酒「ヴィノ・ノヴェッロ 2017」を10月30日(月)より全国で発売開始します。 例年人気のアルベール・ビショー社の「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」を中心に、ロゼやノンフィルター(無濾過)のヌーヴォーなど、多様化するニーズにお応えするラインアップに加え、「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」で2015・2016年、2年連続金賞に輝いた「アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー シャトー・ド・ヴァレンヌ」のハーフサイズを新発売します。

フランス産の新酒ワイン「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2017」11種を7月4日より受注開始

サントリーワインインターナショナル(株)は、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」などフランス産の新酒ワイン「ボジョレー ヌーヴォー」11種の受注を7月4日(火)から全国で開始します。 ボジョレーの帝王と呼ばれている名醸造家ジョルジュ デュブッフ氏が手がける「ジョルジュ デュブッフ」ブランドのボジョレー ヌーヴォーは、華やかな香りとフルーティな味わいで世界中のワイン愛好家を魅了し、フランス・リヨンで毎年行われている「リヨン・ボジョレー ヌーヴォー ワインコンクール」においてNo.1の受賞歴も得ています。日本国内でも「ジョルジュ デュブッフ」ブランドはボジョレー ヌーヴォー販売容量No.1ブランドです。

日本ワイン「サントネージュ 白の新酒 山梨産甲州葡萄2017」が11月3日に発売開始

アサヒビール株式会社は、日本ワインの「サントネージュ 白の新酒 山梨産甲州葡萄2017」を2017年11月3日(金)に全国で数量限定販売を開始します。 日本固有品種である甲州種100%使用してつくる日本ワインです。2017年秋に収穫する山梨県産の甲州種の特長を活かし、爽やかな柑橘香とみずみずしい果実味とフレッシュな酸味が調和する味わいです。ラベルにはサントネージュワイン(株)の社名の由来である聖なる雪をイメージした純白の六角形で、中心にブランド名である「Sainte Neige」と雪の結晶、日本のぶどうの収穫を「和の慶び」として表現するため水引調のデザインを採用しました。 11月の第3木曜日に解禁となる、フランスの新酒「ボージョレ・ヌーヴォ」は赤ワインが主体であることに対して、秋のワインイベントである新酒(ヌーヴォ)市場に日本の白ワインの新酒を提案します。

2017年産フランスの新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォ」をアサヒは11月16日に発売

アサヒビール株式会社は、2017年産フランスの新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォ」を11月16日(木)にアンリ・フェッシ社のヌーヴォを、全国で販売開始します。アンリ・フェッシ社は、1888年に創業、120年以上ボージョレ地方での歴史があり、特に優れたクリュ・デュ・ボージョレに認定される、10の村の内9つに自社畑を所有するクリュ・デュ・ボージョレのスペシャリストです。2015年と2016年の2年連続で、ボージョレ・ヌーヴォのコンクール「トロフィー・リオン」で最高金賞を受賞するなど評価が高まっています。幅広いラインアップに加え、本年は3アイテムを新たに発売します。

サッポロが青山フラワーマーケットと初コラボ!2017年ボージョレ・ヌーボーの予約受注を7月5日より開始!

2017年7月5日より、サッポロビール(株)は、ボージョレ・ヌーボーの予約受注を開始します。今年は花や緑に囲まれた、心豊かなライフスタイルを提案するフラワーショップ、「青山フラワーマーケット」と初めてコラボレーションします。青山フラワーマーケットがスタイリングした花柄をラベルデザインにし、ヌーボーのある食卓を華やかにします。

エノテカ「ルー・ペール・エ・フィス」社のヌーヴォーなど4ブランドを11月16日に発売

エノテカ株式会社は、2017年産のフランスの新酒(ボジョレー・ヌーヴォー)を2017年11月16日(木)より全国で発売開始します。例年人気の「タイユヴァン」と「ジル・ド・ラモア」、一昨年より販売を開始した「アンリ・フェッシ」社に加え、今年より「ルー・ペール・エ・フィス」社のヌーヴォーの計4ブランドを扱います。

ボジョレー・ヌーヴォーを陶器で楽しむイベント「KUROSUNA Beaujolais!」が開催!

千葉県千葉市稲毛区黒砂にある「Boulangerie dodo」、「千葉陶芸工房」、「珈琲とワインのある暮らし 25」による1日限り限定イベント『KUROSUNA Beaujolais!』が、11月19日(土)に開催されます。 毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォーは、ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で造られる、その年に収穫された葡萄を使用して造られる新酒です。もともとは葡萄の収穫に感謝して祝うとともに、その年のぶどうの作柄を確かめるために造られたワインとも言われており、フレッシュでイキイキとした美味しさです。

新酒はボジョレーだけじゃない!11月11日解禁、オーストリアの新酒「ホイリゲ」とは?

11月11日にオーストリアの新酒、ホイリゲが解禁されます。ホイリゲは、ボジョレー・ヌーヴォーほどの知名度はないものの、新酒としてのコストパフォーマンスの高さなどでワイン好きの間では人気のワインです。 そこで、今回はオーストリアの新酒「ホイリゲ」についてご紹介します。

摘み立てのぶどうで仕込む、フレッシュな新酒を楽しもう!

今年もワインショップやコンビニでボージョレ・ヌーボーの予約がスタートしました。 以前は、解禁日の11月第3木曜日ともなると、メディアでも大きく取り上げられ大変な人気のヌーボーでしたが、近年、そのブームは随分落ち着いてきたようです。 その一方で、フランスのボージョレ以外の新酒や、イタリアの新酒ノヴェッロ、また、特に国産の新酒の販売量は年々増加し、最近はバラエティ豊かな新酒を楽しむことができるようになりました。