「美味しく飲む方法」のまとめ

ワインは空けた翌日に飲んだほうがおいしいこともある?

ワインバーやレストランで働いていると、お客様にグラスワインを提供する際、抜栓したてのワインを提供する時もあれば、2日経ったワインを提供することもあります。また、お客様の中には、開けたばかりのワインが一番おいしいと信じている方も多いと思いますし、ワインを開けてから何日間保存できるのか?疑問に思っている方も多いと思います。では、実際にはどうなのでしょうか?

何をプレゼントしたら喜ばれる?ワインが好きな人に贈るギフトとは?

クリスマスやお歳暮の季節が近づき、何を贈ればいいのか頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?なかでも、相手がワインを好きな人やワインを通して知り合った人であれば、ワイン関連のグッズや雑貨がギフトとして最適です。 しかし、ワイン関連のグッズといっても何がよいのでしょうか?いろいろ手に取ってはみるものの、果たしてそれが本当に相手が喜んでくれるプレゼントなのか悩むこともあると思います。 今回は実際に自分がいただいて嬉しかったグッズや、相手に贈って喜んでいただいたワイン関連グッズについて、ご紹介したいと思います。

香りを楽しむワイングラス「シェフ&ソムリエ リヴィールアップ シリーズ」

皆さんはどのようなワイングラスを使っていますか?「ワイングラスで味が変わる」と言われると、どのグラスを選んでいいのか分からない方もいらっしゃると思います。今回はグラス選びで悩んでいる方のために、赤白兼用で使用できて、初心者にもお薦め、そして香りを楽しめるワイングラス「シェフ&ソムリエ リヴィールアップ シリーズ」をご紹介します。

シンプルでもオシャレに仕上げる基本デーブルコーディネートのアイデア集

テーブルコーディネートは、アイデアさえあればコーディネートは無限、そしてアイテムさえ揃えてしまえば以外と簡単です。また、急なゲストにも慌てることなく準備できるように揃えておくと便利です。季節やお料理、美味しいワインのことを考えながら、テーブルコーディネートを楽しみましょう!

若いワインと熟成したワインの違いを知っていますか?

ワインには使用されているブドウの収穫年が書かれていることがありますよね。これをヴィンテージと言いますが、その年数が若いものと古いものとでは大きな違いがあります。 ちなみに「若いもの」は収穫年数が近年のワイン、「古いもの」は収穫年数が古い、熟成されたワインを指します。 今回は、そんな「若いワイン」と「熟成したワイン」の大きな違いについてご紹介します。

取りあえず試そう!口に合わなかったワインを美味しくさせる方法

ワインを購入してみたものの、渋みを強く感じてしまったり、酸味が強すぎたりして、思っていたワインと違うということはありませんか? 今回ご紹介するのは、ワインの味や印象をコントロールするグラスの選び方や適切な温度についてです。ワインの個性に合わせたグラスと温度にするだけで、イマイチだったワインが美味しく大変身することがあります。 もちろんどうしても自分の好みに合わない場合もあるかとおもいます。そういった場合の思いきったワインのカスタマイズ方法もご紹介します。イマイチなワインだとあきらめて、捨ててしまう前に楽しみながら試してみましょう。

映画「ぶどうのなみだ」を見て、自然の中で飲むワインの美味しさに気付く!

私は、ひとりの時間を楽しむのが好きなタイプな人間なのですが、「映画を観ながらワインを飲む」というのが、楽しい時間の過ごし方の上位にあります。 楽しい時間は映画を選ぶところから始まっています。 早起きしなくて良い日の前夜、近所のレンタルショップで気分に合う作品を念入りに選びます。狭い店内をグルグルと何周もして、ピンッとくる作品に出会えた時は、謎な達成感があります。

ワインショップのスタッフから直伝!ワインが美味しくなる方法とは?

デイリーワインもひと手間加えるだけで、ワインの味わいは変わります。そこで、今回は赤坂にあるワイン専門店「カーヴ・ド・ヴァン」のスタッフ、宮下さんにお薦めの「ワインが美味しくなる方法」を伺ってきました。 カーヴ・ド・ヴァンは1975年創業、東京の赤坂にあるサントリーが運営している老舗ワインショップです。 お店の造りは、ヨ-ロッパのワイナリーの地下カーヴをイメージした重厚感のある造りで、厚みのある白壁に覆われた保管庫にワインが保管されています。これはサントリー登美の丘ワイナリーでも同じような造りとなっていて、40年以上の歴史を持つ建物の内装は、どこか懐かしさを感じてしまいます。

わずか10分で適温に!買ってきたワインをアッという間に冷やす方法

キリっと冷やしたスパークリングワインや白ワインをすっきりと飲みたいシーンが多くなっていきますよね。 お店によっては飲みたい時間をお伝えしておけばそれに合わせてアイスをつけてくれるところもありますが、そうではないところも多くあります。かと言って、保冷ボトルカバーや持ち運びできる簡易クーラーなんて持っていない、という人のほうが多いですよね。 とは言え「デイリーワインは何となくお店で選んで買って帰ってすぐ飲みたい」と思っている方は結構多いのが現状だと思います。

保存器具がなくてもできる!飲み残したワインを翌日も美味しく飲む方法

ワインは「一度開けたからと言って、その日のうちに飲んでしまわなければいけない」という事はありません。また、「ワインは保存器具を使わなければ保存できない」と思っていたり、「ワインセラーで保存しなければいけない」など、ワインに対するハードルを自ら上げているように感じます。実際はそのような事はなく、もっと自由にワインを楽しんでいいんです。

ちょっとしたコツで味は変わる!ワインが美味しくなる5つのヒント

わくわくして買ったワインが「あれ?思ったより美味しくない」と思ったことはありませんか。料理酒にするにはもったいないし、美味しくないなぁと思いながら飲み干すのは辛いものですよね。しかし、ちょっとしたことをするだけで美味しく飲めるワインに変えるコツがあるのです。今回はそんな美味しく飲むコツをご紹介!

安いワインもこれで美味しくなる!ワインを美味しく飲むために気を付けること4選

今回は「デイリーワイン(安いワイン)を美味しく飲むコツ」をご紹介したいと思います。美味しく飲むコツと言っても、ワインを飲む基本ともいうべき内容なので、ビギナーの方はぜひともチェックして下さい。皆さん、ワインを購入したらすぐ飲んでいませんか?ワインは最低でも一日落ち着かせると驚くほど変わります。