「小野沢一成」の記事 73 件

価格以上のクオリティを体感!上質なイタリアワイン「ソアヴェ ボルゴレット」

なかなかワインに手が伸びづらい季節になってきましたが、ワインが好きな人間からすれば季節なんて関係ありません。私も皆さんに「知ってよかった」と思えるワインを紹介していきます。今回紹介するワインはこちらです。2013 Soave "Borgoletto" / Fasoli Gino 聞いたことがある方も多いかもしれませんが、今回紹介するワインは、イタリアを代表する辛口ワイン「ソアヴェ」です。実は私が初めて飲んだ辛口ワインはソアヴェでした。世界中に遍く知られている有名なワインと言っていいでしょう。

冷涼でエレガント!例外的に素晴らしいスペインワイン「バホンディージョ」

今回は私にあまり馴染みのないスペインから驚くワインを発見したのでご紹介します。スペイン最大のワイン産地カスティージャ・ラ・マンチャ州の北端、首都マドリードの西南部にあるメンドリタ村…この地は長年共同組合による生産が主で高級ワインは殆ど作られていなかったと言うことなのですが、最近意欲的な若手生産者が出てきて、世界中のワイン関係者の関心が高まってきています。

白だけじゃない!赤も凄いぞ!ファミリーマートのワイン

今回は前回と同じくファミリーマートのボルドーワインを紹介させていただきます。2012 フォール・デュ・ミライユ名前は全く同じですがこちらは赤ワイン。ボルドーの赤ワインと言えばカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローと言った品種が有名ですね。もちろんこのワインもそれらの品種を使用して造られる正真正銘(?)のボルドーワインです。

もはやコンビニワインではない!これがワイン文化成熟の証!

既に家ワインのコラムでも紹介されていると思いますが、テイスティングのお手伝いをさせて頂いた際に、あまりにも驚いたので私のコラムでも紹介させていただきます。2013 Fort du Mirailフランスはボルドー産の白ワインです。もう説明の必要はないと思いますが、ボルドーは世界で最も名の通った、世界でも3本の指には入るワイン産地です。少しでもワインに興味のある方であれば、ボルドーという名を知らない人はいないでしょう。

豊富なミネラルと果実味のバランスが絶妙なオーストラリア産白ワイン

夜になるとまだまだ肌寒さもありますが、日中の日差しは夏を感じるようになりました。白ワインが美味しい季節到来です。そこで今回ご紹介するワインはこちらです。2012 Soumah "Skye Blox" Chardonnay鮮やかなブルーのエチケットが印象的なこのワインは、オーストラリアはヴィクトリア州、ヤラ・ヴァレー産の白ワインです。

赤ワインが苦手な人でも飲める!親しみある赤ワイン

4月になり、春の暖かさが訪れたかと思えば、先週は真冬の寒さに戻ったりと、なかなか春爛漫とはいかないですね。という事で、今回は本格的に暖かくなる前に楽しめるワインをご紹介します。「2012 プティセラー カベルネ・ソーヴィニヨン」カリフォルニア産のカベルネ・ソーヴィニヨンです。

2日後に急成長!アルザスの名門が作ったアウトドアで楽しめるワイン

4月、5月と行楽シーズンに突入ですね。外でワインを飲む機会が増えると思うので、今回はアウトドアでも、自宅でも楽しめるワインをご紹介します。「2012 ポール・ブランク / ブラン・ド・ブランク」フランス、アルザス地方の人気生産者ポール・ブランクの気軽に楽しめるワインです。ポール・ブランクはアルザス地方で、特級畑の認定を最初に受けた生産者としても知られており、このクラスのワインでも見事な出来です。アルザスはフランス北東部、ドイツとの国境に接する生産地で、ドイツと共通する品種が多数栽培されています。

アリアニコの魅力に迫る!多彩な表現を持つ葡萄品種から造られたワイン

ご紹介するワインは、前回に引き続きアリアニコを使ったワインです。「イタリアで代表的な黒ぶどう「アリアニコ」の知らない顔」で紹介した「カステルフレモンド/ラ・グァルディエンセ」は、試飲会で最も気に入ったと書きましたが、今回紹介するワインも同じくらい気に入っているワインです。

イタリアで代表的な黒ぶどう「アリアニコ」の知らない顔

みなさん、あけましておめでとうございます。年末年始はお金を使い過ぎて、なかなかワインを飲めない日々が続いたため、次のコラムに何を書こうか焦っていました。そんなところに試飲会のお誘いをいただき、イタリアの「アリアニコ」と言う品種を使ったワインオンリーの変わった試飲会で出会ったワインをご紹介です。

シャンパンの最高峰「ドン・ペリニョン」の魅力

今回ご紹介するワインは、誰もが知っているシャンパン「ドン・ペリニョン」について詳しくご紹介します。もはや説明不要とも言うべき「ドン・ペリニョン」は、大人であれば、知らない人はいないのではないでしょうか?その姿は酒屋さん、デパ地下、レストラン、ホストクラブにキャバクラと、至る所で見かけます。

コストパフォーマンスが高いピノ・ノワール

今年も残り僅か…今月は皆さん忘年会三昧で外飲みの日が続くでしょうね。こんな時は休日は休肝日に当てようと思われるのも当然ですが、おうちではやっぱり家ワインも飲みたくなるのが人情。何かと出費の多い時期だから今回ご紹介するのはコストパフォーマンスが高いワインをご紹介。

和の食材で合わせたいシャンパーニュ

皆さんは最初の一杯って何を選びますか?ビール、赤ワイン、白ワイン、人それぞれかと思いますが、ワイン好きの方であれば、1杯目にスパークリングワインを選ぶ方が多いのではありませんか?思われませんか?私もご多分にもれず、1杯目はスパークリングワイン…出来ればシャンパーニュを飲みたい人間です。

秋冬を感じるセパージュ「シラー」

人によっていろいろあるとは思いますが、赤でも白でも泡でもスッキリしたものよりは、ある程度コクがあるものとか、フレッシュな感じよりは熟成感を感じるものと言った感じになるのではないでしょうか?