「家ワイン編集部」の記事 166 件

初心者にお薦め!ダブルアクションで失敗しないソムリエナイフ「プルタップス」

初心者向けのソムリエナイフはありませんか?と、よく聞かれるんですが、私が必ず答えているのは、ダブルアクションの機能が付いているプルテックス社のソムリエナイフです。 今回はヨーロッパ諸国でも、陽気なラテン系の国、スペインはプルテックス社のソムリエナイフについてご説明を致します。

ロゼで祝いましょ!LOVEムール貝! ~女のワイン飯vol.12~

卒業、入学、入社に引っ越し、、、 それに加えて、お花見と、イベント目白押しの4月。 そんな時にはやはり泡ものでしょ!ということで、 先月に続き、春っぽいスプマンテを4月にお届けします。桜色したロゼのスプマンテは2013年にスパークリングワイン唯一の世界コンクールでシャンパーニュなどと並んで、金賞を受賞した「ルネッタ・スプマンテ・ロゼ」です。 友達の家のホームパーティーでも、スパークリングは喜ばれるんで、誘われた時に持っていくのもありですね。さて、このロゼをどんな料理と合わせたら楽しめるか、、、今回の女のワイン飯、素敵なお店にお願いをしにきましたよ。下北沢と三軒茶屋の間、住宅街にひっそりあるフレンチビストロ「IVROGNE(イブローニュ)」さん。極上のフランス郷土料理をお手軽の値段で味わいたかったら、間違いなくこのお店でしょう。どんなレシピをいただけるか、楽しみです!

桜と一緒に楽しむ赤ワインとラム肉 ~男のワイン飯vol.11~

春うらら。いよいよ、桜も咲き初めまして、ポカポカ陽気の今日このごろ。早いもので、今年も4月がやってきました。陽気につられて、ついついお昼間から飲み始めてしまう一日は何て最高なんでしょうか。酔いつぶれても、そのまま寝てしまえば良いのが家飲みのいいところ。そんな幸せな休日を送るために今回も男のワイン飯をゲットしてきました。4月にお届けする赤ワイン「サンタ・マリア・デ・アパルタ・カベルネソーヴィニヨン・トラディション」はチリからやってきた、カベルネ•ソーヴィニヨン100%の飲み応えある一本。以前にもレシピをお願いした東京新宿ワイン事務所Forst6丁目さんにお伺いして、この赤ワインとマリアージュをしてくれるワイン飯をゲットしてきました。さて、今回はどんな料理に出会えるでしょう?