フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理「ブッフ・ブルギニョン」

今日はフランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理『ブッフ・ブルギニョン』をご紹介させて頂きます。

ブッフとは牛肉、ブルギニョンとはブルゴーニュ風という意味で赤ワインをたっぷり使い牛肉を煮込んだお料理で、日本でいうビーフシチューの原型にあたるものとも言われています。

ブッフ・ブルギニョンとブルゴーニュワインは至福の時を楽しむ事が出来る最高のマリアージュです。特別な日の一皿にいかがでしょうか。

材料:作りやすい分量


牛肉(ブロック) 600g
ブロックベーコン 185g
玉葱 2玉
人参 2本
ニンニク 2片
マッシュルーム 5個
赤ワイン 750ml
トマトペースト 18g
ケチャップ 大さじ1
砂糖 小さじ1
コンソメ 1個
ブーケガルニ 1P
小麦粉 大さじ3
サラダ油 大さじ1

作り方


【1】玉葱は薄切り、人参は乱切り、ニンニクはみじん切りにし、サラダ油で炒める。









【2】牛肉は一口大の角切りに切り分け小麦粉をまぶしておく。肉と短冊切りにしたベーコンを【1】の鍋に入れ肉の色が変わるまで炒める。








【3】赤ワイン、ブーケガルニ、コンソメを入れ煮込む。(圧力鍋で10分)灰汁は取り除く。










【4】四等分にしたマッシュルーム、トマトペースト、砂糖、ケチャップを入れ
更に煮込む。(圧力で5分)








【5】水で溶いた小麦粉を入れ少しとろみがつくまで煮込んで出来上がりです。(この時、圧力はかけずに蓋はせず煮込みます。)







今回、圧力鍋を使って作りましたが普通のお鍋でも出来ます。その場合、弱火でコトコトお肉が柔らかくなるまで煮込んでくださいね。(約1時間半〜2時間)。とにかくじっくり時間をかけて煮込むのが美味しくなるコツです。

合わせるワイン


Chassagne-Montrachet 2012
生産国:フランス・ブルゴーニュ地方
タイプ:赤ワイン
品種:ピノ・ノワール

今回合わせたワインはブルゴーニュのChassagne-Montrachetです。赤い果実の豊かなアロマと美しい酸味が心地よく、全体的に丸みのある印象でした。そして華やかで上品さを感じられるワインです。

ブッフ・ブルギニョンとのマリアージュで幸せなひと時を楽しむ事が出来ました。

まとめ


付け合わせには、細かく刻んだ人参とバター、ひとつまみの塩を入れ炊飯器で炊いたキャロットライスを合わせました。その他の付け合わせとして、バケットやパスタ、マッシュポテトなどを合わせるのもおすすめです。

手が込んでいる様ですが、実は材料を切って鍋で煮込むだけで特別感溢れるスペシャリテの出来上がりです。簡単に出来るので、是非作ってみてくださいね。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.