フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理「ブッフ・ブルギニョン」

今日はフランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理『ブッフ・ブルギニョン』をご紹介させて頂きます。

ブッフとは牛肉、ブルギニョンとはブルゴーニュ風という意味で赤ワインをたっぷり使い牛肉を煮込んだお料理で、日本でいうビーフシチューの原型にあたるものとも言われています。

ブッフ・ブルギニョンとブルゴーニュワインは至福の時を楽しむ事が出来る最高のマリアージュです。特別な日の一皿にいかがでしょうか。

材料:作りやすい分量


牛肉(ブロック) 600g
ブロックベーコン 185g
玉葱 2玉
人参 2本
ニンニク 2片
マッシュルーム 5個
赤ワイン 750ml
トマトペースト 18g
ケチャップ 大さじ1
砂糖 小さじ1
コンソメ 1個
ブーケガルニ 1P
小麦粉 大さじ3
サラダ油 大さじ1

作り方


【1】玉葱は薄切り、人参は乱切り、ニンニクはみじん切りにし、サラダ油で炒める。









【2】牛肉は一口大の角切りに切り分け小麦粉をまぶしておく。肉と短冊切りにしたベーコンを【1】の鍋に入れ肉の色が変わるまで炒める。








【3】赤ワイン、ブーケガルニ、コンソメを入れ煮込む。(圧力鍋で10分)灰汁は取り除く。










【4】四等分にしたマッシュルーム、トマトペースト、砂糖、ケチャップを入れ
更に煮込む。(圧力で5分)








【5】水で溶いた小麦粉を入れ少しとろみがつくまで煮込んで出来上がりです。(この時、圧力はかけずに蓋はせず煮込みます。)







今回、圧力鍋を使って作りましたが普通のお鍋でも出来ます。その場合、弱火でコトコトお肉が柔らかくなるまで煮込んでくださいね。(約1時間半〜2時間)。とにかくじっくり時間をかけて煮込むのが美味しくなるコツです。

合わせるワイン


Chassagne-Montrachet 2012
生産国:フランス・ブルゴーニュ地方
タイプ:赤ワイン
品種:ピノ・ノワール

今回合わせたワインはブルゴーニュのChassagne-Montrachetです。赤い果実の豊かなアロマと美しい酸味が心地よく、全体的に丸みのある印象でした。そして華やかで上品さを感じられるワインです。

ブッフ・ブルギニョンとのマリアージュで幸せなひと時を楽しむ事が出来ました。

まとめ


付け合わせには、細かく刻んだ人参とバター、ひとつまみの塩を入れ炊飯器で炊いたキャロットライスを合わせました。その他の付け合わせとして、バケットやパスタ、マッシュポテトなどを合わせるのもおすすめです。

手が込んでいる様ですが、実は材料を切って鍋で煮込むだけで特別感溢れるスペシャリテの出来上がりです。簡単に出来るので、是非作ってみてくださいね。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.