【男のワイン飯】シャルドネに合う!夏のうま辛ラーメンサラダのレシピ

ワインに合うラーメンなど、ない。いきなり失礼します。そう思っている人は決して少なくないでしょう。かくいう私も以前はそう確信していました。このマリアージュと出会うまでは……。

ラーメンサラダとは北海道発祥の冷製サラダで、その名の通りサラダの中にラーメンの麺が入っている料理です。主役は麺ではなくサラダの方で、かかっているドレッシングはマヨネーズベースのピリ辛味。冷やし中華とは全く違う世界観があります。

ポン酢とラー油を加えたタレで、食欲がなくてもチュルッといけちゃう!これ1皿でバランス良くいただけて、夏バテも胃腸の疲れも吹き飛ばしてくれます。

材料:2人分 

豚肉(こまぎれ)…100g

ラーメン…1人分

レタス…4~5枚

キュウリ…1本(細切り)

ミニトマト…3個

Aポン酢…大さじ3

Aマヨネーズ…大さじ2

Aすりごま…大さじ1

Aラー油…小さじ1/2~1

Aニンニク…1片(すりおろし)

作り方

 

【1】レタスは食べやすい大きさに、ミニトマトは4等分にカット。キュウリは斜め薄切りにしてから細切りにします。

 

【2】ラーメンは指定の時間を茹で、氷を浮かべた冷水にとって麺を引き締めます。キンと冷えたらザルにとり、水気をしっかりきっておきます。

 

【3】豚肉はさっと茹で、同様に冷水にとって水気をきります。豚肉は茹ですぎると固くパサパサとした食感になってしまうので、茹ですぎにはご注意を。色が変わったなと思ったら、迷わす一気に引き上げます。

 

【4】ニンニクをすりおろし、Aに混ぜます。ラー油は小さじ1/2でピリ辛、小さじ1でしっかり辛い仕上がりになります。

 

【5】器にレタス・キュウリ・ミニトマト・ラーメンを盛り、4のタレを半分かけます。豚肉をこんもりのせ、残ったタレをかけて出来上がり。

ビールにもピッタリですが、是非とも試していただきたいのが、カジュアルクラスのシャルドネとのマリアージュ。ここで重要なのは、たる香しっかりのお高いやつではなく、コンビニやスーパーでも買えるテーブルワインを選ぶこと。

サントリー
【チリの名門ワイナリーが作る、リッチな味わいのテーブルワイン】サンタ バイサンタカロリーナ ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネ 750ml
Amazonで見る

最初の一口はすっきりとした酸味を感じ、酸味が弱いという方にとってはちょっと酸味が強いかな、と感じるかもしれませんが、ここがミソ。料理と一緒にいただくと、シャルドネの酸がクリーミーで上品なまろやかさに変身!これ、科学の実験みたいな面白さ。この組み合わせ……パクパク、ゴクゴクいけちゃいます。

本当?と思われた方、ぜひおうちでお試しくださいね。

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.