素朴な家庭料理!フランス・ベアルヌ地方の郷土料理「ガルビュール」

今日はフランス・ベアルヌ地方の郷土料理ガルビュ−ルをご紹介します。

ベアルヌ地方とはフランスの南西に位置しスペインとの国境近くにある地方で、オッソー・イラティという羊乳から造るチーズの産地としても知られます。

ガルビュールはキャベツを主にたっぷりのお野菜とインゲン豆やベーコンなどを入れ煮込んだ具沢山なスープで、パン・ド・カンパーニュと共に頂くのが定番です。優しくほっとする味わいの素朴な家庭料理です。

材料:作りやすい分量

キャベツ 8分の1

玉葱 1個

人参 1個

ジャガイモ 1個

ベーコン 90g

生ハム 20g

白インゲン豆(水煮) 240g

ブーケガルニ 1パック

コンソメ 1個

オリーブオイル 大1

塩・胡椒 少々

パセリ 少々

作り方

【1】野菜とベーコンは1センチ角に切り生ハムは細くスライスしておく。鍋に刻んだ材料を入れオリーブオイルで炒める。

【2】炒めたらひたひたまで水を入れ、ブーケガルニ、コンソメを入れ野菜が柔らかくなるまで煮込み、灰汁は取り除く。

【3】白隠元の水煮の水を切り鍋に入れさらに煮込んだら、塩・胡椒で味を整えお皿に盛りつけパセリを散らして出来上がりです。

ワインは酸味か穏やかで果実味豊かな全体的に丸みのある白ワインとご一緒にいかがでしょうか。野菜とベーコンの優しい甘みを包み込んでくれます。

おわりに

まだ寒さが残る2月、たっぷりのお野菜と優しい味わいのスープが体に染み渡りほっこりとさせてくれます。

また、もう少し温かくなってきた頃にはグリンピースなど春の食材をプラスしたガルビュールはいかがでしょうか。季節感を盛り込んで楽しむのもおすすめです。簡単に出来るので是非作ってみてください。

TAGS

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.