素朴な家庭料理!フランス・ベアルヌ地方の郷土料理「ガルビュール」

今日はフランス・ベアルヌ地方の郷土料理ガルビュ−ルをご紹介します。

ベアルヌ地方とはフランスの南西に位置しスペインとの国境近くにある地方で、オッソー・イラティという羊乳から造るチーズの産地としても知られます。

ガルビュールはキャベツを主にたっぷりのお野菜とインゲン豆やベーコンなどを入れ煮込んだ具沢山なスープで、パン・ド・カンパーニュと共に頂くのが定番です。優しくほっとする味わいの素朴な家庭料理です。

材料:作りやすい分量

キャベツ 8分の1

玉葱 1個

人参 1個

ジャガイモ 1個

ベーコン 90g

生ハム 20g

白インゲン豆(水煮) 240g

ブーケガルニ 1パック

コンソメ 1個

オリーブオイル 大1

塩・胡椒 少々

パセリ 少々

作り方

【1】野菜とベーコンは1センチ角に切り生ハムは細くスライスしておく。鍋に刻んだ材料を入れオリーブオイルで炒める。

【2】炒めたらひたひたまで水を入れ、ブーケガルニ、コンソメを入れ野菜が柔らかくなるまで煮込み、灰汁は取り除く。

【3】白隠元の水煮の水を切り鍋に入れさらに煮込んだら、塩・胡椒で味を整えお皿に盛りつけパセリを散らして出来上がりです。

ワインは酸味か穏やかで果実味豊かな全体的に丸みのある白ワインとご一緒にいかがでしょうか。野菜とベーコンの優しい甘みを包み込んでくれます。

おわりに

まだ寒さが残る2月、たっぷりのお野菜と優しい味わいのスープが体に染み渡りほっこりとさせてくれます。

また、もう少し温かくなってきた頃にはグリンピースなど春の食材をプラスしたガルビュールはいかがでしょうか。季節感を盛り込んで楽しむのもおすすめです。簡単に出来るので是非作ってみてください。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.