餃子の皮で作る!「リンゴとブルーチーズのひとくちクリスピー」

昨年あたりから、「大阪では一家に一台」なんて言われていたたこ焼き器が注目を集めています。人気の理由は、幅広い料理を楽しむ人が増えたこと。

タコの代わりにウィンナーやカニカマを入れてみたり、ホットケーキミックスでおやつを作ってみたり、いろんな具を並べてアヒージョやチーズフォンデュを楽しんだり、使ってみるとなかなか侮れないポテンシャルを発揮するたこ焼き器。

かく言う私も、2年ほど前にホットプレートを購入して以来、付属のたこ焼きプレートを愛用しています。

いろんな料理を小さく焼けるたこ焼きプレートは、作りながら食べるのがとにかく楽しい!「キッチンでの準備は少なく、テーブルで仕上げる」このスタイルを実現できる魔法の道具にすっかり魅了されています。そこで今回は、私の一番のお気に入りメニューをご紹介します。

材料:作りやすい分量


【難易度】★☆☆
【調理時間】10分
餃子の皮 24枚
りんご 3個
ブルーチーズ 40g
クルミ 10g
ハチミツ 大さじ2~3

作り方


【1】たこ焼き器の穴に、餃子の皮を1枚ずつセット。皮がプレートから浮かないように、しっかり抑えるのがカリッと美味しく仕上げるポイント。コルクでギュッと押すようにすると簡単です。







【2】りんごの皮と軸をのぞいて5mm角にカット。水に1~2分さらしてから汁気をしっかりきり、1に等分して入れます。










【3】ブルーチーズは手でちぎって、クルミは手で割って、それぞれ2に等分してトッピング。たこ焼き器を5分ほど加熱し、チーズが溶けて皮に香ばしい焼き色がついたらできあがり。仕上げにハチミツをたっぷりかけて召し上がれ。






【4】中に入れる具は自由にアレンジOK!ポテトサラダ、しらす&マヨネーズ、ロースハム&ケチャップ、ツナ&コーンなど、いろいろ試して好みの味を探してみてください。







合わせるワイン


Temjanika Sweet(テムヤニカ・スウィート)
【分類】 白(中甘口)
【生産】マケドニア
【品種】テムヤニカ

マケドニアでしか出会うことのできない、透き通ったイエローの気品漂う白ワイン。さらりとした上品な甘み、カモミール、ハチミツ、ピーチの優しいアロマが口いっぱいに広がります。

デザートやチョコレートとの相性は文句なく抜群。チーズやハムなどに合わせると、ハチミツを添えたような相反する者同士のハーモニーを楽しめます。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.