和食とワインのある風景を!「Roppo甲州ワインタンブラー」にかける思い

日本を代表するワイン産地のひとつ、山梨県。そんな山梨県で最も多く造られているワインといえば、甲州ワインでしょう。

日本が世界に誇る甲州種ぶどうで造られる甲州ワインは、国内はもちろん世界的にも高く評価されています。先日、そんな甲州ワイン向けに造られた陶製ワインタンブラー「Roppo甲州ワインタンブラー」が発売されました。甲州ワインが持つ個性を引き立てる、甲州ワインのための陶製ワインタンブラー。

今回、Roppo甲州ワインタンブラーの仕掛け人である沼田実さんにお話を伺って来ました。

Q タンブラーをつくろうと思ったキッカケは何ですか?
甲州ワインの持つ魅力といえば滋味溢れる、郷愁を誘う味わい。そして、和食に合う世界に類を見ないワインであるという部分です。

とはいえ、まだまだ「和食とワイン」という組み合わせが日本で浸透してきたいとは言い難い状況です。そこで、昔から和食中心の食生活の中でも自然にワインを飲んできた山梨県の人たちの食文化に、以前から注目していました。

実は山梨県ではワインを湯呑み茶碗で飲む文化があります。日本で最も早い時期にワイン造りを行っていた地域なので、ワインという飲み物がそこまで特別なものでは無かったのかもしれません。

それでも、地元の方々は未だに甲州ワインを飲み続けていますし、湯呑み茶碗で飲む甲州ワインが美味しいと感じたからこそ、湯呑み茶碗には甲州ワインをより一層美味しくできる秘密があると感じたんです。

興味深いのが、山梨県は一人当たりの年間のお寿司の消費量がダントツに多いところ。海が無い山梨県は新鮮な生魚に対して憧れが強く、その生魚をより美味しく食べるために「和食に合うワイン」を本能的に求めて造り続けたのかもしれません。

私はこう思うんです。和食とワインという食文化が根付いている背景には、食卓にガラス製のワイングラスではなく、「和食と甲州ワイン、湯呑み茶碗」という“風景”があったからだ、と。

そこで、私は和食の食卓に甲州ワインが自然にある風景を日本全体で根付かせるための“ワインを飲むための器”が必要であると思って、Roppo甲州ワインタンブラーを企画したんです。

Q Roppo甲州ワインタンブラーの創作に苦労した部分はありましたか?
今回、Roppo甲州ワインタンブラーを創っていただいたのが、山梨市の陶工である田村六鵬(Roppo)さんが主宰する六鵬窯です。

当然、六鵬窯さんとしては私の理想を具現化するのは難しい部分もあったと思います。とはいえ、この企画を持ち込んだ時に構想自体が全くのゼロ状態というわけでは無かったですし、出来上がりまでに想像を絶するような困難さはありませんでしたね。

その後、出来上がったタンブラーのサンプルを数種用意して選考会を行いました。甲州ワインに造詣が深い専門家の方々に甲府市に集まってもらい、さまざまなスタイルの甲州ワインを異なる器でテイスティングしていただきました。

味わいはもちろん、デザイン性などさまざまな側面から各器を選考していただいた結果、今回発売されたデザインが選ばれたというわけです。

ナカゴミコウイチ 山梨県生まれの東京暮らし。フリーライター。音楽、ラジオ、ファッション、グルメなどさまざまなフィールドで活動中。甲州ワインに日常的に触れていたことで、知らぬ間にワイン通に…。ワインのちょっとした知識を小出しに紹介していきます。 記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。