ブショネのワインを救うには食品用ラップが効くって本当?

はじめに


ワイン愛好家であれば、一度は聞いたことがある「ブショネには食品用ラップが効く」という噂....これは本当なんでしょうか?

そもそもブショネとは何?という方のために、まずはブショネの解説を致します。

ブショネとは?


ブショネとはコルク内部のバクテリアによって、ワインが汚染されてしまったもののことを指し、これはコルク栓のワイン全体の3%~7%に発生します。

ブショネのワインの香りは、いきすぎた酸化や還元臭とは全く別物で、カビや雑巾の臭いがします。程度によって、あまり気にならないものもありますが、中には一度嗅いだら絶対に忘れない臭いの時も。もちろん、スクリューキャップの方が圧倒的にブショネの確率は減ります。

ブショネの臭いをラップで解消?


そんなブショネですが、皆さんもよく知っているラップをワインに浸すことで、カビや雑巾のような嫌な臭いが減少するそうです。そして、飲もうと思えば飲めるようになるケースもあるとか。

この原理は、臭いの元である化学物質TCAをラップが吸着してくれるからだそうです。

たしかにワイン関連の本やサイトでは度々見かける話題ですが、私自身、実際に試したことはないので先日赴いたワイン会でチャレンジしてみたところ、10分経ってもほとんど臭いに変化はなく、わずかにマシになったような……と思ってラップをワインから取り出してみても、飲めるようなものではありませんでした。

どうしたもんだろう、と帰宅してからきちんと調べたところ、TCAを吸着するのはポリエチレン製のラップでないと効果があまり期待できないということがわかりました。

まとめ


ラップの他にも「ポット型浄水器BRITA」でブショネワインを濾過するとほとんど嫌な臭いがなくなる、なんていう記事もありました。
<参考記事:http://www.matsubarafamily.com/blog/item/430>

どちらにしても、味や香りはぼやけたり壊れてしまうそうなので、もう二度と手に入らないようなレアなワインがブショネだった、というような緊急事態のときは試す価値があるかもしれませんね。

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.