瓶に入れるだけで簡単に作れる「チーズのオイル漬け」

ワインのおつまみに欠かせないチーズですが、少し残った時にラップに包んで冷蔵庫に保存していたら、乾燥して硬くなってしまったことはありませんか? そんな時は、簡単にできる「チーズのオイル漬け」はいかがでしょう。固くなったチーズでも作れるし、作り方はとっても簡単なんです。

ちなみにチーズの分量は適当でかまいません。

作り方

【1】保存瓶にざっくり割ったチーズを入れる。

 

 

 





【2】チーズがかぶるくらいまでオリーブ油を注ぐ。※サラダ油、太白ごま油など、何でも構いません。
 
 
 
 




【3】冷蔵庫で保存する。2~3日経ち、チーズと油がなじんだら食べごろ。


 
 
 
 
 
 

保存期間は約1ヶ月ほど。にんにくスライス、塩、ハーブ、鷹の爪などを一緒に漬け込むのもおすすめです。チーズの種類は何でもOK。数種類を混ぜてもいいですね。

クリームチーズ、モッツアレラなどのクセのないチーズは、漬けるオイルのコクと風味が加わりチーズ自体が濃厚になります。スモークチーズの場合、オイルの方にも燻製の風味が移って美味しくなるし、クセのあるブルーチーズはオイルの効果でクセがやわらぎます。 そんなチーズのオイル漬けは、そのまま食べるほか、トーストしたパンにのせて食べてもいいです。

シンプルなパンをカリッと焼いて、オイルをたらし、チーズをのせてできあがり。他の利用方法としては、オードブル、サラダ、サンドイッチなどにトッピングする方法。お料理が簡単にワンランクアップしますよ。 また、ゆでたてのパスタに絡めるのもおすすめです。 おもてなし料理にも使えるチーズのオイル漬け。ぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.