瓶に入れるだけで簡単に作れる「チーズのオイル漬け」


ワインのおつまみに欠かせないチーズですが、少し残った時にラップに包んで冷蔵庫に保存していたら、乾燥して硬くなってしまったことはありませんか?

そんな時は、簡単にできる「チーズのオイル漬け」はいかがでしょう。固くなったチーズでも作れるし、作り方はとっても簡単なんです。

ちなみにチーズの分量は適当でかまいません。

作り方


【1】保存瓶にざっくり割ったチーズを入れる。









【2】チーズがかぶるくらいまでオリーブ油を注ぐ。※サラダ油、太白ごま油など、何でも構いません。








【3】冷蔵庫で保存する。2~3日経ち、チーズと油がなじんだら食べごろ。









保存期間は約1ヶ月ほど。にんにくスライス、塩、ハーブ、鷹の爪などを一緒に漬け込むのもおすすめです。チーズの種類は何でもOK。数種類を混ぜてもいいですね。

クリームチーズ、モッツアレラなどのクセのないチーズは、漬けるオイルのコクと風味が加わりチーズ自体が濃厚になります。スモークチーズの場合、オイルの方にも燻製の風味が移って美味しくなるし、クセのあるブルーチーズはオイルの効果でクセがやわらぎます。

そんなチーズのオイル漬けは、そのまま食べるほか、トーストしたパンにのせて食べてもいいです。

シンプルなパンをカリッと焼いて、オイルをたらし、チーズをのせてできあがり。他の利用方法としては、オードブル、サラダ、サンドイッチなどにトッピングする方法。お料理が簡単にワンランクアップしますよ。

また、ゆでたてのパスタに絡めるのもおすすめです。

おもてなし料理にも使えるチーズのオイル漬け。ぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.