桜の時期に楽しみたいナチュラルチーズ「さくら」とロゼワイン「Sakura」

菜の花、たらの芽、ふきのとう…春野菜が売り場に並び始めました。旬の食べ物は、その時にしか味わえない特別な美味しさがありますね。

加工品であるワインやチーズにも、季節限定で作られていたり、出荷されたりするものがあります。今日はその中でも、春に限定で発売される、桜にちなんだワインとチーズをご紹介したいと思います。

共働学舎「さくら」



北海道十勝新得町で「自然の摂理のままの酪農」に取り組む共働学舎の人気商品「さくら」。桜の塩漬けと桜葉をあしらった、まるで和菓子のような小さなチーズで、世界的にも大変評価の高い逸品です。1月中旬から5月頃までの季節限定商品で販売されています。まさに桜の時期に楽しみたいチーズのひとつです。

桜餅のような桜の香りがほのかにします。酸味と塩味はやさしく、さっぱりとした白カビチーズで、見た目も味わいも、日本人の繊細さが表現された素晴らしいチーズだと思います。若いうちは、ハチミツを添えたり、甘口のデザートワインと合わせるのもおすすめ。また、冷蔵庫に入れている間にも熟成が進むので、好みの熟成具合を見つけて楽しむことができます。

写真は10日間の熟成で出荷される「さくら」ですが、1ヶ月熟成させてから出荷される「さくらのアフィネ」もあります。こちらは、少々ツンとくる独特の熟成香があり、滑らかな舌触りとミルクのコクが楽しめます。

共働学舎


ブルゴーニュのロゼワイン「Sakura」


フランスのワイン名醸地ブルゴーニュで、毎年春に限定でリリースされる「Sakura」という名のワインがあります。造り手は、フランス人の当主パブロさんと日本人の奥様かおりさん夫妻が営むドメーヌ・シュブロ。ピノ・ノワールで造るロゼワインです。

『サクラ ロゼ・ド・ピノノワール』
生産地域:フランス
ブドウ品種:ピノ・ノワール

甘酸っぱいさくらんぼの香りと、フレッシュな酸味が特徴のチャーミングなワイン。あまり冷やしすぎず、お花見に持参するなら常温で飲むのがちょうど良いくらいです。見た目の可憐さとは裏腹に、キリリとした辛口。後味もさっぱりしています。


まとめ


春の訪れを知らせるこれらのワインやチーズ。この時期の贈り物としても華やかで素敵ですね。また、食卓に取り入れる場合は、春野菜や鰆など旬の食材を、塩を中心に味付けしたシンプルな家庭料理と本当に良く合いますので、是非お試し下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.