餃子の皮で簡単イタリアン!クリスピー・カルツォーネ

皆さんは、イタリア料理のカルツォーネをご存知ですか? ピザ生地を薄く伸ばして具材をのせ、二つ折りにして餃子のように成型して作る、包むタイプのピザのことを、イタリアでは「カルツォーネ」と呼んでいます。

「餃子の皮」を使って、一口サイズのカルツォーネを簡単に作ることができるのですよ。 餃子の皮は薄いので火の通りが早く、たった3分焼くだけで出来上がります。しかも、ピザ生地に比べてクリスピーに仕上がりますよ。一口サイズのカルツォーネはワインのおつまみにぴったり。 

材料:2人分

餃子の皮 10枚

トマト 1/2個

プロセスチーズ 20g

ドライハーブ ひとつまみ

塩胡椒 適量

作り方

【1】トマトは種を取り除き1㎝角に切る。チーズも1㎝角に切る。ボウルにトマトとチーズ、ドライハーブを入れて混ぜ合わせ、塩胡椒で味を整える。

【2】餃子の皮に具材のせ、ふちに水を塗って半分に折る。

【3】フォークで押しながらカルツォーネの形に整える。

【4】はけで表面にオリーブ油を塗る。

>

【5】オーブントースターで3分焼き、焼き色が付いたら完成。

具材を変えるだけで、アレンジも簡単に出来ちゃいます。作り方は全く同じです。

アボカドとチーズのカルツォーネの材料:2人分

餃子の皮 10枚

アボカド(1cm角に切る) 1/2個

プロセスチーズ 20g

塩胡椒 適量

ツナマヨとチーズのカルツォーネの材料:2人分

餃子の皮 10枚

ツナ缶(小) 1/2個

玉ねぎ(みじん切り) 1/4個

プロセスチーズ 20g

塩胡椒 適量

まとめ

包む具材はそのまま食べられるものや、火が通りやすい物にしましょう。魚介などは先に炒めてから包むといいですね。オーブントースターで焼く以外に、揚げても美味しいですよ。

カリッと焼けた皮と、溶けたチーズの組み合わせがとっても美味しいおすすめレシピ。プロセスチーズ以外に、モッツアレラチーズもおすすめです。 ワインはイタリアの軽めの赤ワインが好相性です。春のパーティーメニューとして、ぜひ作ってみてくださいね。

TAGS

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.