餃子の皮で簡単イタリアン!クリスピー・カルツォーネ


皆さんは、イタリア料理のカルツォーネをご存知ですか?

ピザ生地を薄く伸ばして具材をのせ、二つ折りにして餃子のように成型して作る、包むタイプのピザのことを、イタリアでは「カルツォーネ」と呼んでいます。

「餃子の皮」を使って、一口サイズのカルツォーネを簡単に作ることができるのですよ。

餃子の皮は薄いので火の通りが早く、たった3分焼くだけで出来上がります。しかも、ピザ生地に比べてクリスピーに仕上がりますよ。一口サイズのカルツォーネはワインのおつまみにぴったり。 

材料:2人分


餃子の皮 10枚
トマト 1/2個
プロセスチーズ 20g
ドライハーブ ひとつまみ
塩胡椒 適量

作り方


【1】トマトは種を取り除き1㎝角に切る。チーズも1㎝角に切る。ボウルにトマトとチーズ、ドライハーブを入れて混ぜ合わせ、塩胡椒で味を整える。







【2】餃子の皮に具材のせ、ふちに水を塗って半分に折る。










【3】フォークで押しながらカルツォーネの形に整える、










【4】はけで表面にオリーブ油を塗る。










【5】オーブントースターで3分焼き、焼き色が付いたら完成。









具材を変えるだけで、アレンジも簡単に出来ちゃいます。作り方は全く同じです。

アボカドとチーズのカルツォーネの材料:2人分


餃子の皮 10枚
アボカド(1cm角に切る) 1/2個 
プロセスチーズ 20g
塩胡椒 適量

ツナマヨとチーズのカルツォーネの材料:2人分


餃子の皮 10枚
ツナ缶(小) 1/2個
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個 
プロセスチーズ 20g
塩胡椒 適量

まとめ


包む具材はそのまま食べられるものや、火が通りやすい物にしましょう。魚介などは先に炒めてから包むといいですね。オーブントースターで焼く以外に、揚げても美味しいですよ。

カリッと焼けた皮と、溶けたチーズの組み合わせがとっても美味しいおすすめレシピ。プロセスチーズ以外に、モッツアレラチーズもおすすめです。

ワインはイタリアの軽めの赤ワインが好相性です。春のパーティーメニューとして、ぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.