餃子の皮で簡単イタリアン!クリスピー・カルツォーネ


皆さんは、イタリア料理のカルツォーネをご存知ですか?

ピザ生地を薄く伸ばして具材をのせ、二つ折りにして餃子のように成型して作る、包むタイプのピザのことを、イタリアでは「カルツォーネ」と呼んでいます。

「餃子の皮」を使って、一口サイズのカルツォーネを簡単に作ることができるのですよ。

餃子の皮は薄いので火の通りが早く、たった3分焼くだけで出来上がります。しかも、ピザ生地に比べてクリスピーに仕上がりますよ。一口サイズのカルツォーネはワインのおつまみにぴったり。 

材料:2人分


餃子の皮 10枚
トマト 1/2個
プロセスチーズ 20g
ドライハーブ ひとつまみ
塩胡椒 適量

作り方


【1】トマトは種を取り除き1㎝角に切る。チーズも1㎝角に切る。ボウルにトマトとチーズ、ドライハーブを入れて混ぜ合わせ、塩胡椒で味を整える。







【2】餃子の皮に具材のせ、ふちに水を塗って半分に折る。










【3】フォークで押しながらカルツォーネの形に整える、










【4】はけで表面にオリーブ油を塗る。










【5】オーブントースターで3分焼き、焼き色が付いたら完成。









具材を変えるだけで、アレンジも簡単に出来ちゃいます。作り方は全く同じです。

アボカドとチーズのカルツォーネの材料:2人分


餃子の皮 10枚
アボカド(1cm角に切る) 1/2個 
プロセスチーズ 20g
塩胡椒 適量

ツナマヨとチーズのカルツォーネの材料:2人分


餃子の皮 10枚
ツナ缶(小) 1/2個
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個 
プロセスチーズ 20g
塩胡椒 適量

まとめ


包む具材はそのまま食べられるものや、火が通りやすい物にしましょう。魚介などは先に炒めてから包むといいですね。オーブントースターで焼く以外に、揚げても美味しいですよ。

カリッと焼けた皮と、溶けたチーズの組み合わせがとっても美味しいおすすめレシピ。プロセスチーズ以外に、モッツアレラチーズもおすすめです。

ワインはイタリアの軽めの赤ワインが好相性です。春のパーティーメニューとして、ぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.