わずか10分で適温に!買ってきたワインをアッという間に冷やす方法


はじめに


キリっと冷やしたスパークリングワインや白ワインをすっきりと飲みたいシーンが多くなっていきますよね。 お店によっては飲みたい時間をお伝えしておけばそれに合わせてアイスをつけてくれるところもありますが、そうではないところも多くあります。かと言って、保冷ボトルカバーや持ち運びできる簡易クーラーなんて持っていない、という人のほうが多いですよね。 とは言え「デイリーワインは何となくお店で選んで買って帰ってすぐ飲みたい」と思っている方は結構多いのが現状だと思います。 そんなときは家にあるもので、簡単にワインを適度な温度まで冷やすことができるんです。


用意するのはボールと氷と水と塩


水は不純物が入っていない場合は通常約0度で凍りますが、食塩水にするとその氷点が0度よりも低くなります。 この性質を利用して、ワインボトルが半分ほど入る大きめのボールを用意して、そこに氷と水と塩を入れてワインを浸し低温で急激に冷やすことにより、ワインを適切な温度まで下げることができるのです。 20度の室内で試したところ、水1リットルに対して製氷皿1シート分の氷を入れた場合、そのままだと水温が5度程度でしたが、塩を大さじ1入れたら2.5度まで下がり、さらに大さじ1を追加で入れた場合1.8度まで下がりました。 この氷を入れた塩水にだいたい10分ほどワインボトルを浸しておけば、ちょうどいい温度に冷えてくれるというわけです。


まとめ


さらに急ぐ人は濡れタオルをワインが入っている部分まで巻いてから氷水に浸し、扇風機の風を当てて気化熱を利用して温度を下げるいう方法も効果的です。 この方法だったら野外でワインを飲みたいときにもすぐに試すことができますので、ぜひ一度お試しくださいね。

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.